ビットコイン商用利用、昨年末から下落継続|高額商品の買い物に多い傾向に

米国のブルームバーグ紙の分析によると、2017年9月に商用利用のピーク(約4億ドル)が過ぎた後、世界最大の17の仮想通貨マーチャントプロセス業務による仮想通貨商用決済(投資目的ではない利用)が確実に下落傾向にあり、今年5月におよそ6千万ドルまで縮小したという。

一方で、BTC決済時間や手数料の観点から、コーヒーのような少額買い物にはあまり使われず、比較的、家具やパソコン、もしくは車のような高額商品に用いられる傾向となっている模様だ。

参考記事:bloomberg ▶️速報ニュース一覧へ戻る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加