18ヶ月以内に、ビットコインETFの申請が許可されるだろう|Bloomberg番組内で有識者が言及

Bloomberg番組内で有識者が言及
ゴールドマンサックス出身でCrypto Asset事業の共同創業者が、”Bloomberg Market”に出演し、BTCは国境なき資産クラスだと主張。ETFの見解に言及しつつ、仮想通貨市場におけるパッシブ運用の重要性を説いた。
ETFとは
Exchange Traded Fund (上場投資信託)の略でインデックスファンドの一種。 日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)等に連動する運用成果を目指し、東証などの金融商品取引所に上場している、株式と投資信託の特性を併せ持った金融商品のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Hassan氏のビットコインETFへの見解

7月30日に、Crescent Crypto Asset Managementの共同創業者および、CEOを務めるAli Hassan氏が、”Bloomberg Market”に出演し、今後のビットコインETF動向および、同社が取り扱うインデックスファンドである”Crescent 20 Private Index Fund”について言及しました。

Crescent Crypto Asset Managementは、Hassan氏を含め、ゴールドマン・サックス出身の若手3名(30歳以下)によって2017年に創業され、既述の自社インデックスファンドをアメリカの高所得者向けに提供するとともに、コールドストレージコンサルティングや、デジタル資産投資調査も請け負っています。

Hassan氏は、インタビュー内で、ビットコインは”国境なき資産クラス”であると主張し、「SECによるビットコインETFの申請許可は、18ヶ月以内に実現するだろう。」という予想を語った上、以下のように続けました。

SECは、特に一般投資家保護に焦点を当てた「投資家保護」を強く求めている。

コミュニティは、”パッシブ投資商品”が市場の参加率を高め、現在懸念されている問題も減少させると考えているようだ。私たちも実際にそのような商品が近いうちに公開されると考えている。

現時点でも、市場には興味深い商品があり、「VanEckの金融商品」もその一つだ。ただし、それらは全て一つのコインに依存している。

Hassan氏は、このように主張。単一の仮想通貨に依存するETFだけでなく、複数の通貨を網羅するETFの台頭こそが、エコシステムをさらに拡張することを示唆しました。

パッシブ運用の重要性

Hassan氏は、自社Crescent Crypto Asset Managementが運用する”Crescent 20 Private Index Fund”について語るとともに、仮想通貨のボラティリティが高い特性を持つため、市場平均と同様の運用成績を目指すパッシブ運用の重要性についても言及しました。

“Crescent 20 Private Index Fund”は、ビットコインや、イーサリアム、リップルを始めとする時価総額が高く、流動性も高い主要20通貨によってポートフォリオが構成されています。

現時点で、仮想通貨市場には2,000種類以上の仮想通貨が存在しているとされ、この20種類はその中のわずか1%でしかありません。しかし、この20種類の通貨は、仮想通貨市場全体の時価総額の90%以上を占めていおり、その影響力は計り知れません。

出典:Crescent-Crypto

また彼は、その全てがコールドストレージで保管されているため、取引所リスクを被ることがないとも言及しています。

さらにHassan氏は、運用者の偏見に捉われず、比較的安価で、税制的にも効率的であり、ある程度相関関係の相違がある20通貨を所有することで、「ボラティリティの影響を抑えることのできるパッシブ投資」こそが仮想通貨市場では最良な投資法であると主張しました。

7月24日には、アメリカの資産運用会社であるBitwiseも”Bitwise HOLD 10 Cryptocurrency Index Fund”と呼ばれるビットコインを含む主要10通貨で構成されたETFの申請書をSECに提出しており、今後も複数通貨で構成されたETFの動向が注目されています。

米資産運用会社が、アルトコインを含む主要10通貨で組成した「仮想通貨ETF」をSECに申請
米資産運用会社ビットワイズが、仮想通貨市場の80%のシェアを占める時価総額上位の主要通貨で組成した「HOLD10仮想通貨インデックスETF」をSECに申請した。ポートフォリオは、毎月リバランスされる。
仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。しかし、現在Cboeが申請中のETFには、他にはないアドバンテージがあり、世界初のビットコインETFとして本命視される。その理由を徹底解説した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加