CoinPostで今最も読まれています

日本発のゲーム特化型チェーンOasys、メインネットローンチの第1フェーズを開始

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

メインネットローンチへ

日本発のゲーム特化型ブロックチェーンプロジェクト「Oasys」は25日、メインネットをローンチするための三段階計画を発表した。

今回の発表は、スクウェア・エニックス、セガ、バンダイナムコ研究所など国内大手ゲーム企業を含む21社が、初期バリデーター(承認者)としてOasysに参画したことを受けたもの。

チェーン運用主体の初期バリデータは、ブロックチェーンのネットワークに接続し、チェーン上の取引が正しいかを検証するノードのひとつとして機能し、ゲーム系IP(知的財産)ホルダー向けに用意されたOasysチェーン上で、次世代型”Web3ゲーム”の研究・開発を模索する。

なお、ローンチ計画はブロックチェーン・セキュリティ企業の米Quantstampの大規模なコード監査と並行して行われる。Quantstampは、イーサリアム(ETH)ソラナ(SOL)カルダノ(ADA)、ニア・プロトコル(NEAR)といった業界最大のブロックチェーンプロジェクトをクライアントに抱える業界最大手だ。

スマートコントラクトの脆弱性をチェックするサービスの提供のほか、ブロックチェーンプロジェクトの安全性を支援するハイレベルな監査サービスなどを提供する。

米Quantstampは19年3月、野村ホールディングスおよびDGインキュベーションの出資を受けQuantstamp Japan GKを設立。日本進出を果たした。

Web3企業としては、イーサリアムのソフトウェア企業でデジタルウォレット「メタマスク(Metamask)」の開発を手掛ける「ConsenSys」をはじめ、マルチチェーンNFTマーケットプレイスの「tofuNFT」、日本人起業家の渡辺創太氏がCEOを務めるステイクテクノロジーが開発するアスターネットワーク(Aster Network)、国内大手取引所のbitFlyerなどと戦略的パートナーシップを締結している。

メインネット実装は3段階

Oasysのメインネットは、エコシステム全体の「安定、統合、強化」を目的として、3つのフェーズに分けて実装予定であり、10月25日にレイヤー1(ハブレイヤー)の安定化を目的とする”第1フェーズ”を開始予定。

その後、11月8日までに既存のフレームワーク上にレイヤー2(ベースレイヤー)の統合を促す”第2フェーズ”を、最終段階の”第3フェーズ”は11月22日に予定している。

メインネット稼働までのプロセス

Oasysとバリデータの役割

22年2月に発足したOasysは、現在のブロックチェーンゲームが取引速度やユーザー負担の手数料など、事業者とユーザー双方にとって参入障壁となる課題を抱える中、シームレスかつ高速な取引とゼロガス(手数料)料金体験を保証し、最高のユーザーエクスペリエンス提供を図る。

その上で、日本でもブロックチェーンゲームを一層盛り上げ、世界に誇る日本IPを活用した取り組みをグローバル展開していくことを目標としている。

合意形成アルゴリズムは、環境面にも配慮したPoS(プルーフオブステーク)方式を採用。

アーキテクチャは、パブリックチェーンのレイヤー1と”Verse(バース)”と呼ばれる複数のレイヤー2の二層構造で構成されており、個々のゲームはレイヤー2上で展開される。各バースはそれぞれの独立したエコシステムを持っているのが特徴だ。

Oasysの初期バリデータとしても参加した国内最大手ゲーム企業のスクウェア・エニックスは21年3月、Oasysのメインデベロッパーでありマイクリプトヒーローズを開発したdouble jump.tokyoと、ブロックチェーン技術を活用したコンテンツ開発における協業を発表。

21年11月には、NFT(非代替性トークン)を用いたWeb3ゲームへ本格参入する方針を明かしていた。

Oasys公式サイト:https://www.oasys.games

関連:初心者でもわかる「Oasys(OAS)」とは|特徴や仕組みを解説

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
08:35
Discord、ソラナやBloxlink接続の可能性が浮上
DiscordのユーザーがソラナウォレットやBloxlinkを含む複数のサービスに接続しロールを得る機能が実装される可能性が浮上した。
07:45
ゲームストップ、仮想通貨事業に慎重姿勢
米ゲーム小売大手ゲームストップのCEOは、仮想通貨事業に慎重な姿勢を示した。一方で、長期的にはブロックチェーン技術の可能性を追求し続けると述べている。
07:12
10日朝|米PPI、予想超えも減速傾向
昨夜発表の11月の米生産者物価指数PPIは前月比で予想を若干超えた。FRBの利上げ継続を正当化する内容だが、来週のFOMCで0.5%の利上げ幅は織り込まれているとの指摘もある。
12/09 金曜日
17:43
米コインベース、USDTからUSDCへ交換手数料をゼロに
米大手仮想通貨取引所コインベースは、ステーブルコインUSDTからUSDCへの取引手数料をゼロにしたことを発表した。安全資産としてUSDCを打ち出しているが、仮想通貨ユーザーから批判も集めている。
15:01
Livepeer、高速L1チェーンAptosに展開
分散型の動画ストリーミング基盤Livepeerは、高速レイヤー1ブロックチェーンAptosのサポートを発表した。Web3型のクリエイターエコノミー拡大を目指す動きだ。
12:50
FTXのサム前CEO、公聴会の参加要請を無視か
米上院銀行委員会による公聴会への参加要請に対して、仮想通貨取引所FTXのサム前CEOは期日までに返答しなかった。召喚状が送付される見通しだ。
12:25
米検察当局、USTおよびテラの価格操作疑惑でFTX創業者を調査か=報道
米検察当局がFTX創設者サムを価格操作(相場操縦)の疑いで調査した可能性がある。ステーブルコインのUST崩壊と仮想通貨テラ(LUNA)が暴落した際に価格操作をした疑いがある。
12:20
イーサリアム財団、ゼロ知識証明分野などを支援
仮想通貨イーサリアムの開発を支える非営利組織「イーサリアム財団」は、22年Q3に助成金を付与したプロジェクトを公表。総額10億円ほどが65組織に提供された。
10:35
米上院議員ら、仮想通貨業界と銀行のつながりを懸念
米国の上院議員らが銀行規制当局に書簡を提出した。FTXが地方銀行へ投資していたことを問題視し、ビットコインなどを扱う仮想通貨業界と銀行セクターのつながりを懸念する内容だ。
09:45
Sui、仮想通貨入手プログラムを発表
Sui Foundationは、仮想通貨SUIのコミュニティ・アクセス・プログラムを発表。これから設計を詰めてローンチにつなげ、ネットワークの分散化を進める。
08:05
スターバックスNFT、ベータテスト開始
米スターバックスは8日、「Starbucks Odyssey」というWeb3体験プログラムのベータ版テストを米国で開始した。
07:38
ETH「Shanghai」 実施目標は来年3月
仮想通貨イーサリアムのコア開発者は、次期アップグレードShanghaiは23年3月頃に実施できるよう目指すことで合意。Shanghaiでは、ステーキングしたイーサリアムの引き出しが可能になる。
06:55
9日朝|テスラ4日続落 今夜は11月米PPI発表
今日のニューヨークダウは続伸。米連邦取引委員会はマイクロソフトによる米ゲーム大手企業アクティビジョン・ブリザードの巨額買収計画について、独占を警戒し差し止めを求めて提訴した。
12/08 木曜日
17:48
BTCメジャーSQに向けポジション再調整は起こり得るか|仮想NISHI氏寄稿
暗号資産(仮想通貨)ビットコインの「メジャーSQ」に向け、ポジションの再調整は起こり得るのか?SBI VCトレードのクリプトアナリストである「仮想NISHI」氏が最新の市場動向を分析。
16:30
テレグラムが番号登録不要で利用可能に、ブロックチェーンID採用
メッセージングアプリ「テレグラム」は、プライバシー性能を高める機能を複数実装したことを発表。SIMカードなしでアカウントを作成できるようになっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
2022/12/10 13:00 ~ 15:00
関東甲信越 神奈川県横浜市神奈川区松本町
重要指標
一覧
新着指標
一覧