テキストメッセージでビットコイン決済を可能に、Intuit社が特許を取得

米国で圧倒的シェアの会計・税務ソフトウェア・クラウドサービス企業で世界でも最大手であるインテュイット(Intuit)社は、テキストメッセージを使ったビットコイン決済処理関連の特許を取得した。

同社は、以前からBTC決済プロセッサーへのアクセスを改善しようとしていた。

QuickBooksを2014年にローンチした以来、決済プラットフォームを開発し続けながらも、直近では、決済プロバイダーVeemと提携し国際仮想通貨決済システムを可能とする事業を始めたようだ。

CoinPostの関連記事

米トランプ大統領の元主席経済顧問 「仮想通貨が”新世界の扉”を開くには、さらなる実用性が必要だ」
トランプ大統領の元側近でGS元CEOのGary Cohn氏は「仮想通貨は価値の保存という実用性だけでは不十分で、さらなる実用性が必要」と指摘。仮想通貨に対する価値観を語った。
英投資銀行が、仮想通貨の違法利用の欠点を補う革新的な特許申請へ
300年近い歴史を持つバークレイズが仮想通貨関連特許を申請した。通貨破棄用の秘密鍵を使用することで、資金洗浄やテロ資金支援などの違法行為を行う「悪意の第三者」に対する資金押収も可能にするとされる。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加