CoinPostで今最も読まれています

米CFTC委員「破産を免れたFTX子会社はCFTC監督下にある」

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

CFTCの規制権限

米商品先物取引委員会(CFTC)のクリスティン・ジョンソン委員は17日、経営破綻した暗号資産(仮想通貨)取引所FTXの子会社で、破産申請の対象とならなかった米デリバティブ取引所「LedgerX」について言及。

LedgerXは同委員会の規制下にあり、効果的に監督されていると発言した。

ロンドンで開催された仮想通貨規制会議に登壇したジョンソン氏は、「CFTCに、デジタル資産の現物市場に対する監督権限がないことは明白だ」と主張。同機関にはFTXの監督責任がなかったことを示唆した。

一方、CFTCはデリバティブ市場の監督権限を有していることから、LedgerXに対しては規制基準を満たすよう、具体的な指導を行なっている事実に言及した。

我々は現在、LedgerXに対し実際に現場でその役割を果たしている。LedgerXに保管されている顧客資産の1ドルに至るまで説明がつくよう、毎時と言わずとも毎日、直接、効果的に監視している。

ジョンソン氏によると、CFTCはLedgerXに対し、以下のような要求を出していた。

  • 分別した資産を個別に管理すること
  • 月、四半期、年ごとの審査を提出すること
  • 顧客用の口座に保有された資産の真否を貸借対照表と検証済の銀行取引明細書で証明すること
  • FTXで保有する準備金(1年分の流動性準備金と運営資金を含む)には手をつけず、担保に入れたり再投資したりしないこと

2021年10月にFTX.US(米国版FTX)により買収されたLedgerXは、2017年に仮想通貨のスワップ取引の認可を取得。2020年にはCFTCから、仮想通貨以外のデリバティブ取引の提供も可能な精算機関として認可を受けており、既にCFTCの監督下にあった。

ジョンソン氏は、FTXが破産申請した約130社に、LedgerXが含まれていないことを強調している。同氏は米仮想通貨メディアCoinDeskのインタビューで、もしCFTCがFTXを規制していたとしたら、異なる結果となった可能性があると次のように述べた。

FTXがわれわれの規制下にある企業であったなら、顧客の資産は保護され、流動性準備金の要件が設けられていただろう。また、継続的に監視及び査察活動が行われていたはずだ。

関連:米LedgerX、仮想通貨以外も清算可能に CFTCが認可

CFTC委員長も言及

CFTCのロスティン・ベーナム委員長は15日、LedgerXが親会社FTXの破綻に影響を受けず、「良好な状態にある」のは、CFTCが明確な規制を行なっていることが要因だと主張した。

これはCFTCの規制と職員、そして明確で透明性の高いルールに対する証だと言える。

ベーナム氏によると、CFTCは通常の月次報告ではなく、毎日LedgerXとそのカストディ業務部門と直接連絡を取り、資産状況の確認を行なっているという。

CFTCへのロビー活動

ロイターの報道によると、FTXは「規制目的の買収」に約2,800億円(20億ドル)を費やしたという。その一例がLedgerXの買収であり、FTXは一度に三つのデリバティブ取引のライセンスを取得し、規制に遵守したデリバティブ商品の提供が可能になった。

LedgerXの買収後、SBF氏はCTFCに対し、1年以上にわたりロビー活動を行なっていたようだ。

SBF氏は借入金による取引が可能なデリバティブ商品の導入を実現するため、CFTCを説得しようと試みていたという。ベーナムCFTC委員長が米CNBCのインタビューで明らかにした。ベーナム氏によると、SBF氏とFTXの幹部は既存のライセンス改正を求めて、昨年12月から頻繁にCFTCを訪問したという。

しかし、この試みは成功せず、FTXの破産申請と同日の11月11日、LedgerXは正式にCFTCへの申請を取り下げた。

今回、破綻を免れたLedgerXはFTXによる買収後、「FTX US Derivatives」に改名していたが、FTXの破産申請後は元のLedgerXブランドを使用するようになったようだ。

明らかになるFTXの放漫経営

FTXの創設者で前CEOのサム・バンクマン=フリード(SBF)氏の後任として、CEOに就任したジョン・J・レイIII氏は、FTXを「ドットコム・サイロ」と呼び、経営の杜撰さを指摘した。同氏は、17日に提出した破産申請関連の宣誓供述書で、「信頼できる財務情報が全くない」として、SBF氏と共同創業者ゲイリー・ワン氏、エンジニアリング責任者ニシャッド・シン氏を非難している。

関連:FTXの実態の一部が明らかに 新CEOが裁判所に書類を提出

また、米ニューヨークの検察当局はFTX破綻について捜査を開始。さらに司法省、CFTC、証券取引委員会(SEC)、商品先物取引委員会(CFTC)もFTXの顧客資産取り扱いについて調査しているという。さらに、FTX(グローバル)が本拠として登録していたバハマの政府捜査当局も、バハマ証券委員会と協力し、犯罪行為が行われていた可能性について調査しているとのことだ。

関連:米検察当局、FTX破綻を捜査中

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア