CoinPostで今最も読まれています

クロスチェーンプロトコルRen、アラメダ破綻後の独立化を表明

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

資金調達方法を模索中

クロスチェーンプロトコル「Ren」は19日、FTXとアラメダリサーチの破綻を受けて、今後の対応を発表した。追加資金の獲得と「Ren2.0」への移行を当初の想定よりも早く行う計画を明かした。

アラメダリサーチは2021年にRenを買収して、四半期ごとに9800万円(70万ドル)の開発資金を援助してきた。しかし、大手暗号資産(仮想通貨)取引所のFTXとともに今月経営破綻したことで、同社からの資金提供が見込めなくなったとRen Protocolは説明。現在、Ren開発チームには第4四半期(10~12月)末までの資金しか残されていない状況となる。

Renは以前より、完全分散型でコミュニティ主導のクロスチェーンネットワークを目指すRen2.0のリリースが目標だった。

しかし、達成に向けた資金はアラメダに頼っていたため、今後の資金調達を検討していく必要がある。投資家との話し合いが進んだ段階で、Renコミュニティにとって最も恩恵をもたらしそうな提案を、今後コミュニティと共有する予定だ。

その後、Renコミュニティと共に議論を行い、準備が整い次第、正式なガバナンス提案を提出。承認されれば資金調達を進め、却下された場合は、最終的な決定がなされるまで、コミュニティ内で議論を続ける計画を共有した。

過去には共同でマルチチェーンプロジェクトの取り組みを行ってきた経緯がある。

関連仮想通貨市場に激震、アラメダショックとFTX騒動の動向まとめ

クロスチェーンとは

規格・仕様の異なるブロックチェーン同士を跨ぐこと、及びそれらを接続する技術を指す。

▶️仮想通貨用語集

Ren2.0への移行を前倒し

Renは、当初の予定では時間をかけて2.0に移行していく計画だったが、このプロセスを早める方針だ。理由としては、現行のRen1.0が、破産手続き中のアラメダリサーチのリーダーシップの下で運営されていたことを挙げた。

Renは次のように述べている。

エコシステムの安全性などを確保するため、当初の予定よりも早くRen1.0を廃止してRen2.0を立ち上げることが最善と考えている。

Ren1.0のネットワークは現在も安全な形で運営されているが、Ren1.0を終了させることにより、アラメダがプロジェクトへ関わりを持たなくなったことを示し、Renエコシステムの評判や健全性、ひいては長期的な展望を守っていくことができる。

Renは、Ren2.0への移行のためのステップも提案した。まずRen 1.0によるミンティングを無効にする。この際、バーン(トークン焼却)は有効にしておき、ブリッジ資産は常に1対1でバックアップされるとしている。30日後にRen 1.0をシャットダウンすることも提言した。

さらに、このプロセスと並行してRen2.0をテストネットに実装。コミュニティと一緒にテストを行い、その後メインネットに展開することを提案している。

Renは、アラメダリサーチが所有していたドメイン(renproject.io)からプロジェクトを移すことも予定していると述べた。ドメインの管理はRenDAOに移行されるとしている。

Renは、Renのコミュニティに対して、Ren2.0への移行と資金調達についての議論に参加するよう呼びかけた。

Ren2.0は、EVMをサポートした新しいマルチチェーンアプリケーションの開発を可能にできるものとなる見込みだ。分散化やセキュリティ、MPC(マルチパーティ計算)アルゴリズムなど様々な面で1.0から改良が行われる。

EVMとは

イーサリアム仮想マシンの略。スマートコントラクトを実行するための「翻訳機」として機能する。イーサリアムクライアントのネットワークに保持されるステートマシン(入力条件と現在の状態によって次の状態が決まる論理回路)であり、ブロック生成の度にトランザクションやスマートコントラクトを実行してネットワークの状態を計算する役割を担う。

▶️仮想通貨用語集

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/27 日曜日
17:00
仮想通貨市場も注目のCPIとは
仮想通貨市場に影響を与えることが増えてきたCPI(消費者物価指数)について、概要や日米の違いなどをわかりやすく解説。
13:00
仮想通貨よりも有利に、株投資で賢く「節税」する方法
世界的な景気悪化・インフレ局面のいま株投資をするなら、利益を上げるだけでなく効果的な節税によって利益を守ることも重要です。本記事では、株投資について発生する税金の基本から、具体的な節税方法まで詳しく見ていきましょう。
11:30
FOMC議事要旨でBTC底堅く推移、今後も米経済指標に注目を|bitbankアナリスト寄稿
国内大手取引所bitbankのアナリストが、比較的堅調だった今週のビットコインチャートを図解し今後の展望を読み解く。ビットコイン・オンチェーンデータも掲載。
11:00
週刊ニュース|加納JBA代表理事の税制改正要望提出に注目集まる
今週は、加納JBA代表理事が税制改正要望を提出したニュースが最も多く読まれた。このほか、仮想通貨ウォレット「メタマスク」のユーザーデータ取得に関する記事など、一週間分の情報をお届けする。
11/26 土曜日
16:35
MakerDAO、renBTCをDAI担保から除外
MakerDAOでステーブルコインDAIの担保資産からrenBTCを除外する提案がコミュニティ投票により可決された。
14:00
米マイクロストラテジー、BTC担保融資の清算ラインは?
米上場企業として仮想通貨ビットコインを最も保有しているMicroStrategy社の財務状況について、The Block Researchが分析レポートを公開した。
13:00
米規制機関、Genesis Capitalを調査か
仮想通貨レンディングサービスを提供するジェネシスキャピタルは、証券法違反などについて米国の規制機関から調査を受けている。同社はFTX破綻の影響を受けて選択肢を模索しているところだ。
10:30
米SECに書簡提出した議員ら、FTXから寄付金受け取り
米証券取引委員会に対して仮想通貨企業への過度な調査を批判する書簡を提出した議員らは、FTXから寄付金を受けていた。政治と企業の癒着という観点からFTX破綻を見る向きもある。
09:45
Ardana Labs、カルダノのステーブルコイン開発停止へ
カルダノ(ADA)基盤のステーブルコインの一つを開発してきた「Ardana Labs」が、資金調達とプロジェクトのタイムラインの不確実性を理由にプロジェクト停止を発表した。
07:50
バイナンス、16通貨ペアを廃止へ
仮想通貨取引所バイナンスは16の通貨ペアの提供を廃止する予定だ。セラムやネムが含まれた。
07:35
バイナンス、資産証明はビットコインから開始
仮想通貨取引所バイナンスは、資産証明システムをリリースする計画を新たに発表。ビットコインからリリースを開始し、今後数週間でイーサリアムなど他の銘柄も追加していく。
07:00
感謝祭明けNYダウ続伸 DOGECOINなども上昇
今日のニューヨークダウ平均は3日続伸。来週はパウエルFRB議長の講演などがある。仮想通貨市場ではDOGECOINが大幅上昇した。
11/25 金曜日
17:09
金融庁、DeFi(分散型金融)の実態調査へ
金融庁はDeFi(分散型金融)に関する実態調査に向けた、企画競争入札の公告を行った。要領等の交付を希望する者は、Eメールを通して参加申込みを申請する必要がある。
16:38
DCG、グループ内融資でビットコイン投信を取得
米仮想通貨コングロマリットのデジタル・カレンシー・グループ(DCG)社が、子会社ジェネシス・キャピタルからのローンで、投資信託「グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)」を購入していたことが明らかになった。
14:00
海外取引所XT.com、Trillant(TRI)上場
海外仮想通貨取引所XT.comはTrillantのバリュートークンであるTRIの取り扱いを開始。テザー(USDT)建ペアが取引可能となる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/11/29 19:00 ~ 21:00
東京 東京都港区六本木
2022/12/09 19:00 ~ 21:00
その他 東京都中央区日本橋茅場町/オンライン
2022/12/10 13:00 ~ 17:30
その他 オンライン / オフライン会場(詳細はホームページをご確認ください)
重要指標
一覧
新着指標
一覧