過去時価総額8位を付けたBitConnect、遂に全ての仮想通貨取引所から上場廃止に

BitConnectのBCCトークンは、上場している最後の仮想通貨取引所であるTradeSatoshiで取引可能だが、9月10日に上場廃止になるようだ。

この経緯には、BCCを発行するビットコネクトは今年1月、同社の仮想通貨取引所と貸付業務を閉鎖、殆ど存在意義がないコインとなってしまったことが関係する。

この影響で、一時、BitConnectは時価総額8位(2017/10)であったが、発表から1日で94%も価格を暴落させた。

同取引所が最後の取引所ということは、流動性がゼロになるということだが驚いたことに、このトークンの時価総額はまだ660万ドル以上(約7億3700円)あるという。

現在、BCCトークンの24時間取引高はほとんどないが、今月初めには、約10,000ドル相当(約110万円)の仮想通貨価値が毎日TradeSatoshiで取引されていた。

上場廃止の発表が出たため、取引高が急落した可能性がある。

CoinPostの関連記事

取引所BitConnectが閉鎖/BCCが約94%の価格下落を記録
ビットコネクト社の取引所「BitConnect」が閉鎖した事により、昨日最高値約36,000円を記録していた仮想通貨ビットコネクト(BCC)は、1日で約2,100円まで大暴落し、約94%の価格下落を記録しました。
仮想通貨時価総額は5日間で4兆7500億円相当を消失、ビットコインドミナンスは50%を超えて続伸
下落が続いた仮想通貨市場の時価総額は、下落幅が大きかった8月11日に約120億ドル、合計では430億ドル(4兆7500億円)を失い、市場規模を大きく減少させました。また、執筆時の8月13日も依然として冴えない相場が続いています。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用