Particl (PART):Ledger Nano Sでコールドステーキングが可能に

Particl(PART)は、2017年11月にメインネットでコールドストレージを提供した、初期のProof-of-Stakeコインだった。

ParticlのCold Stakingは、Ledger Nano SとLedger Liveでもサポートされている。

Ledger Nano Sは、ユーザーのPARTトークンをオフラインで保護しながら、投票管理に積極的に参加し、ステーキング報酬のコンセンサスを提供できる。

ユーザーがLedger上で出来ること。

  • ハードウェアデバイスに仮想通貨を保管
  • コールドステーキングノードにLedgerのステーキングパワーを委任
  • コールドウォレットから受動的収入が得れる
Particl And Ledger’s Partnership Will Bring Cold Staking To The Nano S: The First Pure PoS Hardware Cold Staking Setup

CoinPostの関連記事

世界で100万台以上販売の仮想通貨ウォレット『レジャーナノS』:対応通貨を8種類追加、月1で新対応通貨を発表予定
仮想通貨取引所のハッキング対策で投資家に重宝される「レジャーナノS」を開発するLedger社が、ICONやVeChainなど新たに8通貨への対応を発表した。今後も定期的に対応通貨を追加予定。
仮想通貨開発格付けDPレーティング|同率1位にETH、EOS、LISKなど7プロジェクト
調査格付け機関DPレーティング社が、仮想通貨のトークン開発活動監査の最新レポートを発表。イーサリアム、イオス、カルダノ、トロン、リスク等が、同率首位の評価を獲得した。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加