フィリピンのUnion Bank:ブロックチェーン技術を使用し、コスト削減に挑む

フィリピンのUnion Bankは、ブロックチェーンベースの技術使用し、全面的に運用コストを削減、社内プロセスでもブロックチェーン技術を適用している。

その主な目的は、運用コスト削減に加え、革新的技術のさらに調査しているとのこと。

フィリピンは、仮想通貨分野に対して前向きに捉えており、経済特区内で10個の異なるデジタル通貨とブロックチェーン会社の運営を可能にした。

さらに、フィリピン内で第7位のUnion Bankも今年初めにその分野への関心を示している。

その一方で、オーストラリア・コモンウェルス銀行は、世界銀行によってブロックチェーンを使って「創造され、振り当てられ、譲渡され、管理される初の世界規模の債券」を管理するために提携を結んだことを発表している。

世界各国で主要銀行がブロックチェーン技術に参入し始めている傾向が見られる。

Philippines’ Union Bank Using Blockchain Technology For More Processes

CoinPostの関連記事

リップル社が銀行と連携する真の理由|「人々は銀行を介さない直接送金に快適さを感じない」
リップル社のCraddock氏による回答。Q. なぜ銀行と連携するのか?A. 仮想通貨へのシフトの中でも、人々は銀行を介さない直接送金に快適さを感じておらず、結局銀行を利用するのが現実だ。Q. リップルの強みは?A. イーサリアムがあらゆるユースケースに対応している一方で、リップル社は金融分野に集中している。
▶️本日の速報をチェック


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します