サウジアラビア常任理事会:ビットコイン取引は”国内で違法”と警告

様々な政府の官僚とサウジアラビア中央銀行で構成された常任理事会は、ビットコインのような「認可されていない仮想通貨取引は、国内では違法だ」と警告している。

サウジアラビアの金融監督機関(同国の中央銀行の代表格)から日曜日に発表された公式文書によると、政府の委員会は仮想通貨取引を違法と定めたという。

理由として、政府の管理範囲を超えていて、「ネガティブな結果とトレーダーに対する高いリスクがあること」を挙げた。

理事会は、Bitcoinsを含む仮想通貨がサウジアラビアでは違法であり、関係者や個人にそのような行為は許可されないと判断した。

仮想通貨を取引することへのペナルティや罰金は未だ明確に示されていないが、理事会は違法活動とみなされることを「すべての市民や住民」に警告するよう強調した。

CoinPostの関連記事

米SECは、仮想通貨仲介業務へと規制対象を拡大
BTCやETHの「証券性」を摘除や、ビットコインETFへ対する慎重な態度が注目されている中、米国SECが規制対象を仮想通貨ブローカー業務まで範囲を拡大したことがブルームバーグの報道で、明らかになった。
金融庁が仮想通貨規制について金融商品取引法への移行を検討|産経新聞が報道
金融庁が仮想通貨規制を改正資金決済法から金融商品取引法に移行する検討に入ったと産経新聞に報じられた。適用されれば市場の透明性向上に繋がり、分離課税の議論進展や、ETFなどの誕生も期待される。
▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加