仮想通貨リップル(XRP)とVeChain(VEN)が連日高騰|価格上昇の要因は?

XRPとVENが連日高騰
XRPは、火曜日から37%上昇している他、VeChain(VET)は16日時点から75%高と、相場全体が下落相場から急反発する中で、一際目立つ価格上昇を記録している。

VeChainが48時間以内で70%以上高騰した要素を考察

VeChain(VET)は8月16日(木)午後4時ごろでは0.008ドル(約0.88円)の安値で取引されていましたが、その後急反発し、8月18日(土)17時時点では、すでに16日時点から75%高、 0.014ドル(1.55 円)で取引されており、一週間前から始まった下落相場から上昇に転じたアルトコイン相場の中でも際立つ高騰率を維持しています。

Vechainの価格高騰要因は以下の2点が考えられます。

1つ目は、主に一連の業務提携に成功したと考えられます。

世界4大監査会社PwCは今年の5月にVeChainのIoTネットワークを利用すると目論み、VeChain社の非上場株の一部を獲得した事が判明、巨大企業がVeChainの技術へ注目し始めたと意味することになります。

またこのニュースに続く形で、VeChainは更なる勢いを見せ、ワクチンの追跡ソリューションズを開発する事業で、中国政府と契約を結んだと8月12日に中国の著名メディア 新華社に報道されました。

2つ目の高騰理由は、

VeChain社は9月1日から実装されるマスターノードによるVTHO報酬を増幅すると8月16日に発表されたことも、ROIの観点からも大きな買材料として捉えられ、高騰を後押ししました。

XRPの価格高騰は、度重なる好材料

XRPは8月14日(火曜日)に底値とされる28.18 円(0.255ドル)から急反発し、執筆時点で火曜日から37%上昇、38.68 円(約0.35ドル)で取引されています。

XRPが上げ相場に戻ってきたのは、以下の度重なる好材料にあると思われます。

1. 8月15日、仮想通貨XRPの証券問題が取り沙汰される中、取引承認を行うUNL(Unique Node List)に新ノードが追加され、米リップル社のUNL占有率が50%を切ったことが判明して、ノードの分散化が進んでいることが明らかになりました。:記事

2.日本時間木曜日、世界各国にオフィスを持ち国際決済サービスを手掛け、xRapidとXRP採用企業のMercury FXは、米リップル社と共同で、中国やメキシコへの国際決済の実証テストを行うことを発表しました。:記事

3.Rippleは昨日のプレスリリースにて、仮想通貨XRPを使用する決済サービスxRapidを採用する”プリファードパートナー”として、Bittrexを含む仮想通貨取引所3社を承認しました:記事

出典:CryptoWatch

パラボリックとは、トレンドが継続しているか転換するかを計る際に有効なトレンド系テクニカル指標。

チャート上の価格帯の下に丸い玉があれば上昇トレンド、価格帯の上に丸い玉があれば下落トレンドとなります。

上記長期チャートを見ると、BTC建となりますが、パラボリックが直近で転換し、上昇トレンド入りした事が見てわかります。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加