CoinPostで今最も読まれています

NFT取引総額、4兆円相当が水増しか=Dune

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

NFTウォッシュトレードの現状分析

暗号資産(仮想通貨)データサイトDune Analyticsは16日、NFT(非代替性トークン)のウォッシュトレードについて分析するレポートを掲載した。

これまでにイーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で行われた総NFT取引量の約44%、4兆円(300億ドル)相当を疑わしい取引が占めていると分析している。また、2022年に絞ると、イーサリアム上のNFT取引量の半分以上(58%)をウォッシュトレードが占めていた。

ウォッシュトレードとは、取引誘引を目的として、同一人物が同じ資産の売買両方の注文を発注するといった権利移転を目的としない取引のこと。株式などの投資取引の場合は、こうした売買は、金商法に違反する相場操縦行為に当たる場合がある。

分析手法

リサーチャーのhildobby氏は、4つのフィルターを用いて、ウォッシュトレードを抽出した。

まず1つ目のフィルターは、買い手と売り手のアドレスが同じである取引を抽出する。hildobby氏によると、この手法は、OpenSea、LooksRare、X2Y2、Blurなど、ほとんどのマーケットプレイスで使われているものだ。

2つ目のフィルターは、NFTが2つのウォレット間で行ったり来たりしている往復取引を検出する。

3つ目のフィルターは、同じアドレスが同一のNFTを3回購入したと考えられるケースをウォッシュトレードとラベル付けするもの。4つ目のフィルターは、買い手と売り手が最初に、同一のウォレットアドレスによって資金を供給されている場合を検知する。

4つのすべてのフィルターを適用したところ、約4兆円(300億ドル)以上がウォッシュトレードに関連する可能性があることが判明した格好だ。2022年1月が最近のピークであり、hildobby氏は、当時、取引量の80%以上がウォッシュトレードだったと見積もっている。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。ブロックチェーンゲームの「デジタルアイテム」交換などに用いられるのみならず、高額アート作品の所有権証明や、中古販売では実現の難しかった「二次流通市場」における権利者(クリエイター)への画期的な還元手段としても注目を集める。

▶️仮想通貨用語集

トークン報酬が動機か

hildobby氏は、NFT市場でウォッシュトレードを行う動機として、NFTマーケットプレイスがアクティブ・ユーザーへの報酬を与えていることを挙げた。

NFTの分野では、新しい取引プラットフォームが次々と開設され、その間で競争が激しくなっている。このため、取引量を増やして、市場シェアを獲得するために一部のプラットフォームは、NFT売買に対してトークンで報酬を与えている。

例えば1月には、LooksRareでウォッシュトレードが増加し、出来高が水増しされていると指摘されたが、背景として対象となるNFTを売買するとLOOKSトークンが付与されることがあった。

関連新NFT市場LooksRare、トークン分配報酬目的のウォッシュトレードで出来高急増か

hildobby氏は、トークン報酬以外の動機として、コレクターの中には、自分のコレクションを様々なランキングで上位に表示させるためにウォッシュトレードを利用する者がいるとも説明している。

また、プラットフォームごとに、ウォッシュトレードの割合は異なっていた。すべてのマーケットプレイスである程度のウォッシュトレードが見られたものの、OpenSeaやCryptoPunksでは、全体に占める割合は小さく、LooksRare、X2Y2、Element、Sudoswapでは割合が大きかった。

ウォッシュトレードの割合が大きなプラットフォームの共通点としては、トークンが取引のインセンティブとして使われている(あるいは使われていた)ことであるという。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/19 日曜日
11:30
オプション市場では6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中、翌週の展望は?|bitbankアナリスト寄稿
CPI発表後のテクニカル分析や6.5万ドルと7万ドルストライクに建玉集中するオプション市場を踏まえ、bitbankのアナリスト長谷川氏がビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊ニュース|金持ち父さん著者キヨサキ氏のBTC投資推奨に高い関心
今週は、金持ち父さん著者ロバート・キヨサキ氏による仮想通貨ビットコイン・金・銀投資の推奨、ジャック・ドーシー氏のビットコインについての発言、GameStop株やミームコインの暴騰に関するニュースが最も関心を集めた。
05/18 土曜日
21:00
Clearpool Prime、アバランチでデビュー RWA対応のプライベート・クレジット市場
Clearpool Primeがアバランチでローンチし、RWA分野に新たな進展。機関投資家向けに安全かつ効率的な取引環境を提供するプライベート・クレジット市場。
17:20
バイナンス上場銘柄の80%が価値低下、ミームコインは異例の上昇 過去6か月の分析
31トークン分析が示す課題 暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンス(グローバル版)で、過去6か月に新規上場したトークンの80%以上が、その後に価値を落としていることがわかった。ミ…
13:00
米国のビットコイン現物ETFへの5月の流入額、4月の流出上回る
ブルームバーグのETFアナリストは、5月に入ってからの米国ビットコイン現物ETFへの流入は、4月の流出を埋め合わせたと指摘した。
11:10
米下院、SECの仮想通貨規制役割明確化の「FIT21法案」を採決へ
米国下院は、仮想通貨に対する規制を明確化し、CFTCに追加権限を与える「21世紀のための金融イノベーション・テクノロジー法」の採決を行う。
10:15
米コインベース、「来週イーサリアム現物ETF承認確率は30~40%」
米仮想通貨取引所コインベースはイーサリアムの今後を予測するレポートを発表した。ETH現物ETFが承認される時期などについて分析している。
08:50
仮想通貨取引所クラーケン、欧州でUSDT非対応を検討
テザーCEOは最近、MiCA規制を批判し、仮想通貨USDTで規制を受けるつもりはないと述べた。この姿勢が、欧州で事業を行っているクラーケンが、それらの通貨ペアの提供を停止する理由と見られる。
08:00
「仮想通貨上昇の鍵はマクロ経済」コインベース分析
仮想通貨相場上昇の鍵は今もマクロ経済であるとコインベースは分析。他にも、イーサリアム現物ETFの審査など規制動向も注視すべきだとした。
07:10
ソラナ価格、月末までに200ドル復帰か ヘッジファンド創設者が予測
仮想通貨ソラナの今後の価格について、ヘッジファンドSyncracy Capitalの創設者は強気な予測を示した。その根拠とは?
06:10
zkSyncエアドロップ期待再燃、分散化加速のアップグレードを実施予定
zkSyncは未だ独自の仮想通貨をリリースしていないが、主要zkロールアップであるライバルのStarkNetは2月にエアドロップを実施した。
05/17 金曜日
17:34
東京ビッグサイトで第5回ブロックチェーンEXPO【春】開催へ 無料申し込み募集開始
東京ビッグサイトで、日本最大級のブロックチェーン専門展である第5回ブロックチェーンEXPO【春】が開催されます。最新の研究からアプリケーションまで、ブロックチェーン技術のすべてが一堂に出展するイベントは必見です。
13:00
ワールドコイン、秘匿化技術で生体認証データの保護・オープンソース化を発表
暗号資産(仮想通貨)でベーシックインカム実現を目指す、ワールドコイン・ファンデーションが生体認証データ保護にSMPC技術を導入。そのシステムをオープンソース化した。セキュリティとプライバシーを強化するとともに、システムの普及拡大を目指す。
12:32
短期トレンド変化のビットコイン続伸なるか、ミームコインが牽引する場面も
CPI発表で急反発を見せた暗号資産(仮想通貨)相場ではビットコイン(BTC)が下降チャネルをブレイクアウトした。16日には賛否両論渦巻くミームコインが相場を牽引する場面も。
12:00
世界最大の証券清算機関DTCC、チェーンリンク活用した「Smart NAV」を実験
世界最大の証券清算・保管機関DTCCは、チェーンリンクを活用した「Smart NAV」の実証実験を行った。JPモルガンなど金融大手10社が参加している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア