CoinPostで今最も読まれています

4年で仮想通貨時価総額は様変わり|熾烈な競争の中で生き残る可能性のあるアルトコイン7選

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新規台頭してくる通貨と淘汰される通貨
2014年と2018年の仮想通貨時価総額ランキングを比較してみると、BTC、LTC、XRPを除き、ほとんどの仮想通貨が淘汰され、新規台頭してきた通貨がその地位を奪っており、競争が激しくなってきていると言える。
今後生き残るアルトコイン7種類
そんな中、仮想通貨業界に特化した起業家、投資家、そして、教育者であるQuittem氏は、今後生き残っていくアルトコインを様々な側面から考慮し、予想した。

仮想通貨業界は、未だ未熟で、急激に成長している業界である為、プロジェクトが日々量産されていくと同時に、同じレベルで多くのプロジェクトが淘汰されていっています。

2014年の仮想通貨時価総額ランキング上位15通貨を見ても分かる通り、現在では、ほとんど聞かなくなったようなコインが上位に多く存在しています。

一方で、現在(2018年8月)の仮想通貨時価総額ランキングと比較して見ると、2014年の上位3通貨であったビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)以外の通貨は、2018年にはもはや皆無で、ランキング上位には、4年前は開発段階にあったか存在しなかった、イーサリアム(ETH)や、ビットコインキャッシュ(BCH)という新規プロジェクトが台頭してきたことが分かります。

出典:CoinMarketCap

現在、仮想通貨市場は2017年の爆発的市場拡大とは対照的に、停滞気味に推移しています。

仮想通貨でドミナンスが1位のビットコインは一時期の最高値から現在60%以上下がっているのが仮想通貨の苦しい現状を物語っていると言えます。

そんな中、仮想通貨業界に特化した起業家、投資家、そして、教育者であるBrandon Quittem氏は今後生き残っていく仮想通貨プロジェクトを、以下の項目を基準に予想しました。

  • コミュニティの強さ
  • プロジェクトの実用性
  • 優秀な開発チーム
  • 十分な資本を確保しているか
  • 初期から存続しているプロジェクトか
  • 中国から支援されているか

Quittem氏は、コミュニティの強さ、市場に必要とされる実用性、優秀なチーム、資本を確保している、比較的初期から存続しているプロジェクト(リンディ効果)、次なる技術先進国となると考えられている中国に支援されているものという複数の側面から考慮しています。

これらの条件を踏まえ、今後生き残っていくであろう7つのアルトコインを以下のように、予想しました。

  1. ステラ(XLM)
  2. イオス(EOS)
  3. モネロ(XMR)
  4. ウォルトンチェーン(WTC)
  5. ネオ(NEO)
  6. バイナンスコイン(BNB)
  7. ライトコイン(LTC)

1:ステラ(XLM)

ステラ(XLM)は、2年にものぼる弱気相場の真っ只中であった2014年に発行され、弱気相場を生き残ってきた実績があり、国際決済を迅速かつ効率的に行うことができる実用性も備えています。

さらに、同通貨は世界有数の大手企業であるIBMとの提携を行うなど、コミュニティも大きく、ICOを行うプラットフォームとしてもイーサリアムに引けを取らないところまで発展してきています。

2:イオス(EOS)

イオス(EOS)は、承認方式にDPoSアルゴリズムを採用し、速度、スケーラビリティ、UXに焦点が当てられており、開発者のDan Larimer氏が他の仮想通貨関連プロジェクトBitSharesやSteemを進めていることも今回の評価にプラスに作用したと述べられています。

しかし、特筆すべき最大の理由は、スケーラビリティの解決、そして、1年間行われたICOで約20億円以上の資金調達に成功した点だとQuittem氏は言います。

3:モネロ(XMR)

モネロ(XMR)は、プライベートな取引を行うことができる匿名性の高さが評価されており、インターネット上での薬の売買などにも使用され、良し悪しに関わらず実用性が確保されていることが挙げられました。

そして、ステラと同様に2014年に発行され、過去の弱気相場を乗り越えてきた実績も評価されています。

4〜7:WTC、NEO、BNB、LTC

そのほかにも、ウォルトンチェーン(WTC)が中国からの支援を期待できることや、屈強なエコシステムを有するネオ(NEO)、世界最大級の仮想通貨取引所Binanceで実用性を持つバイナンスコイン(BNB)、ライトコイン(LTC)が長い歴史と強いブランドを有していることなど、様々な側面から評価しています。

また、ビットコインやイーサリアムのような主要通貨が、生き残らない場合、仮想通貨全体が淘汰されてしまう可能性があることから、この2通貨は上位に存在し続けて行くことを前提とし、今回の予想には含まれませんでした。

上記に挙げた今後も反映し続けて行く可能性が高いとされる仮想通貨は、あくまでもQuittem氏独自の予想ですが、2014年と2018年の仮想通貨時価総額ランキングを見ても、多くの仮想通貨(トークン)が新たに参入、そして、淘汰されています。

その為、現在主要と見なされている通貨であっても、長期的には淘汰される可能性や、台頭してくる新規仮想通貨に追い越されてしまう可能性は十分に存在していると言えるでしょう。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/26 月曜日
14:30
ビットコイン初期開発者、裁判の過程で「サトシ・ナカモト」のメールを公開
仮想通貨ビットコインの生みの親「サトシ・ナカモト」の身元を巡るクレイグ・ライトとCOPAの訴訟に関連し、ビットコインの初期開発者であるマルティ・マルミ氏によって、2100万枚の発行上限や匿名性に言及したサトシ・ナカモトのメールが公開された。
13:52
証券会社OANDAグループ、英国で仮想通貨取引を提供へ
証券グループOANDAは、英国でビットコインなど仮想通貨の取引を正式に提供開始する。昨年現地の規制に準拠したCoinpassを取得していた。
11:42
ビットコイン51000ドル台で揉み合う、取引所からの週間純流出は23年6月以来最大に
暗号資産(仮想通貨)市場では、ビットコイン(BTC)は50000ドル台でもみ合いが続く。暗号資産(仮想通貨)取引所からの5億4,000万ドル相当の週間純流出は、23年6月以来最大規模に達した。
09:52
IPO株式上場目指す掲示板大手Reddit、ビットコインとイーサリアムの保有が判明
米掲示板大手Redditは、NYSE上場目指すIPOの届出書を提出。仮想通貨ビットコインとイーサリアムを財務資産として保有していると述べた。
02/25 日曜日
11:00
週刊仮想通貨ニュース|WLD急騰や日本株の「七人の侍」に高い関心
今週は仮想通貨ワールドコインの急騰、ゴールドマン・サックスによる日本株の「七人の侍」の選定、コインベースからのビットコインの大口出金に関する記事が最も関心を集めた。
02/24 土曜日
17:10
米国債担保型トークンがアプトスで流通 オンボーディングも視野 
米国債のトークン化を進めるOndo FinanceとAptos Foundationが戦略的提携を発表。USDYトークンのAptos統合、DeFiプロトコルが採用を進めておりエコシステムがさらに拡大。暗号資産(仮想通貨)のロックアップ総額も上昇傾向にある。
14:00
SuiブロックチェーンがStardustと提携、Web3ゲーム開発促進へ
Web3ゲーム用ウォレットを手掛けるStardustが、Suiブロックチェーンの統合を発表。この提携により、Web3ゲームのエコシステムが強化され、新たなゲーム体験が提供される。暗号資産(仮想通貨)スイは時価総額トップ50にランクインした。
13:00
米トランプ前大統領、ビットコインに前向きな姿勢に変化か
米ドナルド・トランプ前大統領は「仮想通貨ビットコインとは共存できる」と発言。懐疑的だった以前よりもビットコインに前向きな姿勢を示した。
12:00
グレースケール、プライバシーテーマのインデックスETFを申請
グレースケール「匿名銘柄のインデックスETF」はデータ・プライバシー技術を開発する企業およびZcashに投資する。ビットコインETF以外の製品を増やす狙いだ。
11:00
米登録の投資アドバイザーCarson Group、iSharesなどのビットコインETFを顧客に提供
ブラックロックのIBITでの仮想通貨ビットコイン保有数は126,950 BTCで、45.3万 BTCを保有するGBTCにつぐポジションを維持。一方、グレースケールのGBTCを除けば現在時価総額が最も高いのはブラックロックのIBITで、66億ドルに相当する。
10:00
Matrixport、3月までにビットコイン6.3万ドルも視野
Matrixportは2024年3月までにビットコインが6万3,000ドルに達する可能性があると強気予測。現物ETF承認や利下げなど複数要因を背景に挙げた。
09:00
加速する仮想通貨リステーキング、a16zがEigenに150億円投資
仮想通貨ETHやSOLのリステーキング「ストーリー」は今年の代表的なテーマの1つであり、投資家の注目と資金を集めている。
07:45
アバランチ、約2時間ブロック確定停止
仮想通貨アバランチのブロックチェーンで、ブロックの確定に問題が発生。ノードのソフトウェアのアップグレードを実施し、約6時間後に解決したことが報告された。
07:15
Flare Network、初期投資家のトークンアンロックを延長 FLR価格20%以上上昇
今回新たに出資したFlareの既存投資家はFLRトークンのロックアップ期間を2026の1Qまで延長し、30日の日平均出来高の0.5%を超えないトークンの売却に同意した。
06:30
UniswapのUNIに利益分配を提案、トークン価格が50%急騰
今まで仮想通貨UNIトークンの保有者には、Uniswapの手数料が分配されない仕組みとなっているが、これが変わる可能性が出てきた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/02/29 12:00 ~ 19:00
その他 オンライン
2024/03/01 19:00 ~ 21:30
東京 東京都千代田区
重要指標
一覧
新着指標
一覧