CoinPostで今最も読まれています

4年で仮想通貨時価総額は様変わり|熾烈な競争の中で生き残る可能性のあるアルトコイン7選

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

新規台頭してくる通貨と淘汰される通貨
2014年と2018年の仮想通貨時価総額ランキングを比較してみると、BTC、LTC、XRPを除き、ほとんどの仮想通貨が淘汰され、新規台頭してきた通貨がその地位を奪っており、競争が激しくなってきていると言える。
今後生き残るアルトコイン7種類
そんな中、仮想通貨業界に特化した起業家、投資家、そして、教育者であるQuittem氏は、今後生き残っていくアルトコインを様々な側面から考慮し、予想した。

仮想通貨業界は、未だ未熟で、急激に成長している業界である為、プロジェクトが日々量産されていくと同時に、同じレベルで多くのプロジェクトが淘汰されていっています。

2014年の仮想通貨時価総額ランキング上位15通貨を見ても分かる通り、現在では、ほとんど聞かなくなったようなコインが上位に多く存在しています。

一方で、現在(2018年8月)の仮想通貨時価総額ランキングと比較して見ると、2014年の上位3通貨であったビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)以外の通貨は、2018年にはもはや皆無で、ランキング上位には、4年前は開発段階にあったか存在しなかった、イーサリアム(ETH)や、ビットコインキャッシュ(BCH)という新規プロジェクトが台頭してきたことが分かります。

出典:CoinMarketCap

現在、仮想通貨市場は2017年の爆発的市場拡大とは対照的に、停滞気味に推移しています。

仮想通貨でドミナンスが1位のビットコインは一時期の最高値から現在60%以上下がっているのが仮想通貨の苦しい現状を物語っていると言えます。

そんな中、仮想通貨業界に特化した起業家、投資家、そして、教育者であるBrandon Quittem氏は今後生き残っていく仮想通貨プロジェクトを、以下の項目を基準に予想しました。

  • コミュニティの強さ
  • プロジェクトの実用性
  • 優秀な開発チーム
  • 十分な資本を確保しているか
  • 初期から存続しているプロジェクトか
  • 中国から支援されているか

Quittem氏は、コミュニティの強さ、市場に必要とされる実用性、優秀なチーム、資本を確保している、比較的初期から存続しているプロジェクト(リンディ効果)、次なる技術先進国となると考えられている中国に支援されているものという複数の側面から考慮しています。

これらの条件を踏まえ、今後生き残っていくであろう7つのアルトコインを以下のように、予想しました。

  1. ステラ(XLM)
  2. イオス(EOS)
  3. モネロ(XMR)
  4. ウォルトンチェーン(WTC)
  5. ネオ(NEO)
  6. バイナンスコイン(BNB)
  7. ライトコイン(LTC)

1:ステラ(XLM)

ステラ(XLM)は、2年にものぼる弱気相場の真っ只中であった2014年に発行され、弱気相場を生き残ってきた実績があり、国際決済を迅速かつ効率的に行うことができる実用性も備えています。

さらに、同通貨は世界有数の大手企業であるIBMとの提携を行うなど、コミュニティも大きく、ICOを行うプラットフォームとしてもイーサリアムに引けを取らないところまで発展してきています。

2:イオス(EOS)

イオス(EOS)は、承認方式にDPoSアルゴリズムを採用し、速度、スケーラビリティ、UXに焦点が当てられており、開発者のDan Larimer氏が他の仮想通貨関連プロジェクトBitSharesやSteemを進めていることも今回の評価にプラスに作用したと述べられています。

しかし、特筆すべき最大の理由は、スケーラビリティの解決、そして、1年間行われたICOで約20億円以上の資金調達に成功した点だとQuittem氏は言います。

3:モネロ(XMR)

モネロ(XMR)は、プライベートな取引を行うことができる匿名性の高さが評価されており、インターネット上での薬の売買などにも使用され、良し悪しに関わらず実用性が確保されていることが挙げられました。

そして、ステラと同様に2014年に発行され、過去の弱気相場を乗り越えてきた実績も評価されています。

4〜7:WTC、NEO、BNB、LTC

そのほかにも、ウォルトンチェーン(WTC)が中国からの支援を期待できることや、屈強なエコシステムを有するネオ(NEO)、世界最大級の仮想通貨取引所Binanceで実用性を持つバイナンスコイン(BNB)、ライトコイン(LTC)が長い歴史と強いブランドを有していることなど、様々な側面から評価しています。

また、ビットコインやイーサリアムのような主要通貨が、生き残らない場合、仮想通貨全体が淘汰されてしまう可能性があることから、この2通貨は上位に存在し続けて行くことを前提とし、今回の予想には含まれませんでした。

上記に挙げた今後も反映し続けて行く可能性が高いとされる仮想通貨は、あくまでもQuittem氏独自の予想ですが、2014年と2018年の仮想通貨時価総額ランキングを見ても、多くの仮想通貨(トークン)が新たに参入、そして、淘汰されています。

その為、現在主要と見なされている通貨であっても、長期的には淘汰される可能性や、台頭してくる新規仮想通貨に追い越されてしまう可能性は十分に存在していると言えるでしょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/27 金曜日
11:45
FTX「債権者マトリクス」が公開
破綻した仮想通貨取引所FTXの債権者に関する情報が公開された。116ページの債権者マトリクスにアマゾンやゴールドマンサックスなど、有名企業や銀行、有名スポーツ選手名が並び、注目を集めている。
10:20
オランダ中銀、コインベースに4.7億円の罰金
オランダの中央銀行は、仮想通貨取引所コインベースが過去にライセンス登録せずサービスを提供していたとして、約4.7億円の罰金を科した。
09:45
アマゾン、新たなWeb3事業を開始か
アマゾンが新しいデジタル資産事業を開始する可能性が浮上。NFTやブロックチェーンゲームなどに関連したWeb3事業を行う計画だと、仮想通貨メディアBlockworksが報じている。
08:30
gumiなど、Sui基盤のウォレットの5.4億円資金調達を主導
gumiの仮想通貨VC「gumi Cryptos Capital」などはSuiブロックチェーン基盤のウォレット『Ethos Wallet』のシードラウンドを主導した。調達金額は5.4億円だった。
07:55
ムーディーズ、ステーブルコインの評価システムを開発か
格付け会社ムーディーズは、仮想通貨ステーブルコインの評価システムを開発していることがわかった。ブルームバーグの情報筋が、開発の現状や評価付けの概要を説明している。
07:20
NYダウ5日続伸 強い米GDPも景気鈍化の兆しか|27日
本日のニューヨークダウは5日続伸。GDPが予想よりも速いペースで増加した結果、マイルドな景気後退への期待は高まった。ビットコインは23,000ドル台を維持している。
01/26 木曜日
16:34
2023年のビットコインマイナーの売り圧力は? Galaxy Digitalが分析
米大手仮想通貨投資企業Galaxy Digital社は、2022年末のマイニング産業の分析レポートを発行した。資金調達手段の限られた多くのマイナーがサバイバルモードにあり、2024年のビットコイン半減期までは継続すると見られている。
12:37
米サークル社がSECを非難「SPAC株式上場計画の頓挫に責任あり」
ステーブルコイン「USDC」を運営する米サークル社は、特別目的買収会社を通じた株式市場への上場計画が頓挫したのは、米証券取引委員会の不作為によるものだとして、規制当局を非難した。
12:32
Lido、イーサリアム出金方法を投票へ
リキッドステーキングプロトコルLido Financeで、仮想通貨イーサリアムの出金方法に関する提案書が提出された。LidoはETHのステーキングサービスのトップシェアを占める。
12:07
ビットコイン調整入りせず続伸、APTは前週比137%高と高騰
米金利引き上げペースの鈍化予想と堅調な米株指数に支えられ、ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)相場は調整入りを否定して続伸した。アルト相場ではAptos(APT)が高騰したほか、金融市場ではゴールド価格も大幅高となっている。
11:55
セルシウス、債務返済のための新トークン発行を検討
破綻した仮想通貨融資企業セルシウスは、債権者に返済するために新たにトークンを発行する可能性を検討している。破産裁判所はフレアトークン付与や一部ユーザーの出金を認めた。
11:35
SushiSwap、パーペチュアル取引を提供へ
分散型の仮想通貨取引所SushiSwapが、Sei Networkでパーペチュアル取引をリリースする計画がわかった。Sei Networkはトレーディング向けにカスタムメイドされている。
10:15
Moonbirds発行企業の創設者、1億円超のNFT盗難被害か
NFTコレクションMoonbirdsを手掛けるProofのKevin Rose共同創設者は、自身の仮想通貨ウォレットがハッキングされ、保有するNFTが盗まれたと公表した。
09:45
ナイキのWeb3「.SWOOSH」、ユーザー参加型コンテスト開催
ナイキが提供するWeb3プラットフォーム「.SWOOSH」は、ユーザーが参加できるデザインコンテストを発表。受賞したユーザーはナイキのデザイナーと共同してデジタルスニーカーを作成できる。
08:00
米コインベース、2銘柄の新規取扱を実施予定
米国の大手暗号資産取引所コインベースは26日、2つの銘柄の新規上場を実施する予定だ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア