開始1時間で約200億円を集めたICOのFilecoin (FIL)、2019年中頃に稼働を予定

Filecoin (FIL)は、2019年の中頃にブロックチェーンベースのデータストレージネットワークを正式にローンチ予定ということが判明した。

このプロジェクトは、2017年8月10日からICOが行われ、世界中のユーザーが使っておらず余っているストレージを活用し、誰でもブロックチェーン上でストレージの貸し借りが可能になるプロジェクトとなり、コンセプトとして似ているプロジェクトにはSIAなどがある。

火曜日にFilecoinチームは、アップデート を掲載し、2019年以降のロードマップを公開。

出典:Filecoin

その内容では、go-filecoinプロトコルの実装のデモ版リリース、GitHubの立ち上げ、そして、最初のテスト段階後にFilecoinメインネットがローンチされるという。

しかし、今回のロードマップ上で予定されている日にちに関しては、変更される可能性があるとのこと。

また、ロードマップや今後のマイルストーンに関して詳細が記載されているため、興味がある方は一読する価値はあるだろう。

参考記事:Filecoin Looks to Mid-2019 for Blockchain Storage Network Launch

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

ICOの信憑性を確認するChrome拡張機能「Uppward」が配信開始
仮想通貨元年と呼ばれた2017年、開始されたICOの約80%が詐欺だったという。このような状況を受け、Sentinel社はICOの信憑性を確認するChrome拡張機能「Uppward」の配信開始を発表した。
ICOは金融バブルであり、1〜2年で崩壊する:世界最大の仮想通貨マイニング企業 CEOが示唆
最大手の中国マイニング企業ビットメインCEOのジハン・ウー氏が、海外メディアのインタビューに応じ、「現在のICOは金融バブルであり、1〜2年で弾ける可能性がある」と指摘、懐疑的な姿勢を露わにした。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら