CoinPostで今最も読まれています

注目すべき仮想通貨Vechain(VEN):中国大手保険会社PICCと提携を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

VeChainが中国大手の保険グループPICCと提携
VeChainはPICCと業務提携し、ブロックチェーンを用いて書類の削減や遺産請求管理の改善を行う予定。
世界に広がるVeChain
PICCやPWCなど様々な先進的企業とVeChainが業務提携し、あらゆるビジネスに解決策を提案している。今後のVeChainの動向に注目が集まる。
VeChainとは
Vechainは「改ざんできない」特性を持つブロックチェーン技術を活用し、商品の「真贋(しんがん)選定」を行うことができる仮想通貨です。中国発のプラットフォームです。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

VeChain:中国大手の保険グループPICCと提携

総資産額およそ13兆円で中国大手の保険会社、人民保険集団(PICC)はブロックチェーンプラットフォームVeChainと品質保証、リスクマネジメントを扱うのDNV GL社と業務提携をします。

PICCはバイク保険や商業用物件用保険、自家所有者用保険、貨物・運送の保険、責任保険、傷害保険、短期の健康保険、船舶海上保険、農業保険、信用保険、保証保険など扱っており上海に拠点を置いています。

VeChainは実社会でのパブリックブロックチェーンVeChainThorや仮想通貨VETのユースケースを広めるため、 協力関係を強めていく意向です。

またPICCとの業務提携により、VeChainの技術による大量の書類の削減や、遺産請求管理の改善を行う予定です。

保険契約者の契約査定にはデータ収集管理や、確認、会計検査などを管理すると記述されていますが、これらの過程で保険金などの詐欺的請求が起こりがちです。 また非効率なデータマネジメントやデータ処理は、無駄や高いコストがかかり、それが原因で保険金の高額化を招いてしまいます。

そこでPICCはブロックチェーン技術を用いることによる透明性向上や保険料の削減、詐欺防止などの効果を期待しています。

同社は声明で、以下のように発言しています。

保険の分野において、高度なIoTデバイスやスマートコントラクトが現実化すると、より有益なビジネスモデルが確立され利益がもたらされる。

PICCはDNV GLとの業務提携により、既に運用されている製品があることから、VeChainをプラットフォームとして選択しました。VeChainとDNV GLはすでに医療標準の発展や、ワクチンのトレーサビリティの向上に取り組んでいます。 また、企業や政府向けのエンタープライズ・アプリケーションとの統合にも取り組んでいます。

DNV GLはPICCのVeChainプラットフォーム利用に際して、独立した第三者保険会社として協力していくことになっています。

VeChainのパートナーシップ

VeChainは、PICCをはじめ様々な企業などとの業務提携を進めています。 下記にそれらをリストアップしました。

  • PWCー会計監査およびコンサルティングを提供するロンドンを本拠地とする企業で、2017年3月にPwC ChinaとPwC Singaporeとの業務提携を開始しました。
  • Kuehne&Nagelーサプライチェーンとコントラクトロジスティックなど扱う物流企業で本社はスイスにあります。同社はVeChainに対して顧客が船積小包を追跡可能にする要望をし、サプライチェーンにおける透明性の向上を図っています。
  • 中国のタバコ産業ー中国は世界で消費されるタバコの30%を消費するタバコ大国ですが、中国では偽のタバコが横行しており、それをブロックチェーンの技術を用いて解決しようと構想されています。
  • BitOceanー仮想通貨交換業などの金融サービスを提供する日本企業で、同社とVeChainは厳しいコンプライスや法律に悩まされているなど共通の課題があり、協力関係を結ぶことにより流動性向上やVeChainの技術に基づく解決策の利用ができ、また同社がVeChainと実社会との結びつきを深めることを狙っています。
  • FanghuwangークラウドシステムやAI、ビッグデータといった新しい技術を用い、中小企業向けの不動産などを担保としたローンなどの金融サービスを提供しています。VeChainは顧客データ収集システムやデータの質向上や、新たなデータ取得、利用のコスト削減するためのデータのシェアビリティの改善に努めます。

VeChainの今後

上記に挙げた通り、VeChainはさまざまな分野でそのユースケースを示しており、よくブロックチェーンのユースケースとして挙げられるサプライチェーン以外の分野でも応用されています。先進的な有名企業がVeChainと協力関係を結び信頼を得ている点から、ブロックチェーンの潜在性が高いだけでなく、VeChainが企業の必要とするソリューションを提供していることが示されています

上記のリストはVeChainの提携先の全てではありませんが、上記のリストから広範囲の分野に応用されていることが見て取れます。今後、VeChainがどのように社会やビジネスのあらゆる問題に対して解決策を示し、運用されていくのか目が離せません。

CoinPostの関連記事

仮想通貨VeChain:NTTドコモの5Gオープンパートナープログラムへの参加を発表
VeChain:NTTドコモの5Gオープンパートナープログラム  VeChain財団は8月6...
仮想通貨リップル(XRP)とVeChain(VEN)が連日高騰|価格上昇の要因は?
XRPは、火曜日から37%上昇している他、VeChain(VET)は16日時点から75%高と、相場全体が下落相場から急反発する中で、一際目立つ価格上昇を記録している。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/01 水曜日
15:30
イーサリアム、1月に供給量が純減
1月にかけて仮想通貨イーサリアムの供給量が10,466 ETH(20億円)の純減となった。ネットワーク利用の増加に基づいてETHのバーン数が増加し、ステーキング報酬による新規発行量を上回っている状況だ。
14:50
Immutable、Web3ゲーム用ウォレットツールを発表
イーサリアムでweb3ゲームを構築・拡張するためのプラットフォームImmutableXは、一般ゲーマーにとっての参入障壁を取り除くための総合ソリューション「Immutable Passport」を発表した。
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア