トランプ大統領指名によるSECの新執行委員承認|ビットコインETFに追い風との見方

SECの新執行委員が米上院に承認
仮想通貨市場が注目する「ビットコインETF」の認可判断を下す、米国証券取引委員会の新執行委員(commissioner)が承認された。証券法を熟知している専門家でもある”5人目”の委員が加わることで、風向きが大きく変わる可能性がある。

SECの新執行委員が米上院に承認

9月5日、アメリカ合衆国上院の大多数による支持を受け、アメリカ証券取引委員会(SEC)の新しい執行委員(commissioner)としてElad Roisman氏が、承認されました。

Roisman氏の承認により、SECの執行部門である委員長と4人の委員、5枠の席が全て埋まり、SECは組織としての機能を向上する活力を得たことになります。

アメリカの規制当局として、仮想通貨市場の行く末を左右するほどの影響力を持っているSECですが、この新しい人事により、ビットコインETFの可否判断を下す執行部メンバーの構成が変わるため、仮想通貨業界から大きな注目を集めています。

Elad Roisman氏は、「ビットコインETF」承認に対し好意的な Hester Peirce氏に次いで、トランプ大統領から指名された4人目のSEC委員となりますが、7月の上院銀行委員会の公聴会における、Roisman氏の仮想通貨とSECの役割に関する発言から、仮想通貨に関して好意的な立場を取るのではないかと、期待されています。

Elad Roisman氏は、以下のように述べています。

SECは、同委員会が定めた規則・法令やガイドラインが、その使命を果たすため、本来意図した通りに機能しているか、検証に検証を重ねなくてはならない。 

このことは、データ保護やサイバーセキュリティに代表される分野をはじめ、ICOやブロックチェーンといった新しい投資手段と技術の登場により、ごく最近明らかになってきた。 

SECは、これらの新しい課題に公正かつ透明性の高い方法で取り組み、明確さと確実性を市場と投資家にもたらし、市場参加者に責任を負わせる法律や規制を執行することが不可欠である。

Elad Roisman氏は、前職である上院銀行・住宅・都市問題委員会の首席顧問を務める前に、フィンテックや革新技術を強固に支援していることで知られる、前SEC委員のDaniel Gallagher氏の顧問弁護士を務めていた経歴の持ち主で、証券法を熟知している専門家です。

SECのビットコインETFに対する可否判断は、早くて9月、遅ければ来年の2月前後になる可能性がありますが、その承認の可能性は、判断を下す5人の執行部メンバー(委員長を含む)の立場や主張から大きな影響を及ぼすとされています。

ただし、執行委員のRobert Jackson Jr.氏は、過去に仮想通貨やETF支持の姿勢は見せたことはなく、次回も承認を拒否するものと思われます。

Roisman氏がメンバーに加わったことで、承認賛成派は、”クリプトママ”の愛称をつけられた、Hester Peirce氏に加え、2人目となる見込みです。 また、仮想通貨規制に対して慎重なアプローチを取ってきたJay Clayton委員長も、次回は、賛成に回る可能性があると見る向きもあります。

その理由として、

  • 過去の発言から、投資家保護と同時に「新しい技術革新を阻害しない規制」を推進する立場を堅持すると考えられる
  • 承認に対して賛成と反対の数が2対2で拮抗した場合、SECの可否判断が保留となり、規制の明確さを示せない状況に陥る

以上2点が、根拠として挙げられます。

さらに、承認拒否を表明したKara Stein氏に関しては、オバマ政権下で任命された委員であり、2018年12月で任期が切れるため、SECのETF可否判断の時期次第で、影響力がなくなる可能性も考えられます。 

現時点で最も有力視されている「VanEck・SolidXのCboeビットコインETF」の最初の可否判断は、執行部の下部組織である取引・市場部門によって下される予定ですが、委員長をはじめとする執行委員の意見が強く反映されたものとなることは間違いありません。

CoinPostの関連記事

SECが「ビットコインETF」申請を異例の再審査、仮想通貨市場は認可の可能性に注視
米国証券取引委員会(SEC)は、昨日否決したビットコインETFについて、異例の再審査(レビュー)を行う旨を公表した。決定が覆る可能性があるのかどうか、仮想通貨市場から大きな注目を浴びている。
仮想通貨相場の要「CboeビットコインETF」はなぜ最有力視されるのか?徹底解説
複数の取引所がSECに申請していたビットコインETFが棄却または延期され、市場はネガティブな反応を示している。しかし、現在Cboeが申請中のETFには、他にはないアドバンテージがあり、世界初のビットコインETFとして本命視される。その理由を徹底解説した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら