CoinPostで今最も読まれています

Huobi研究所提供ブロックチェーンビッグデータWeekly Report:BTC大口保有者の全体に対する割合がやや高まる

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Huobi研究所提供ブロックチェーンビッグデータWeekly Report
仮想通貨取引所の中でも大手取引所のHuobi社の研究所でリリースされているレポートをCoinPostで日本語に訳し、皆様にお届けいたします。 今回は主に「ブロックチェーン上のデータ」「ソーシャルメディアデータ」「マーケットデータ」の3点をピックアップ。 ブロックチェーン上でのデータで大口取引の動きや、GitHubを含むソーシャルメディアデータ等でどのプロジェクトや通貨に進捗が見られるかなどチェックし、お役立て下さい。

1.ブロックチェーン上のデータ

1-1.動きがあったBTCアドレス

8月29日から9月5日の一週間で、BTCネットワーク上で使われたアドレスの数は依然として低水準ですが、328万件から336万件とやや増加しました

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

新規に増えたアドレス前週比(129万) 3.7%増で、134万件となった他、動きのあるアドレスの数は前週比1%増、54万件となりました。

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

1-2.BTCの取引ボリューム及びトランザクション回数

今週のBTC毎秒ごとの平均トランザクション回数(TPS)は先週からやや増加となる0.1%増の2.58回となりました。

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

1-3.BTC毎秒ごとの平均トランザクション回数(TPS)

今週のBTC毎秒ごとの平均トランザクション回数(TPS)は先週からやや増加となる0.1%増の2.58回となりました。

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

1-4.BTCのトランザクションコスト

今週、BTCネットワーク全体における総トランザクションコストは先週比19.5%減となる152.5BTCとなりました

今週の平均トランザクションコストにおいても先週比22.8%減となる0.0001BTCとなりました。

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

1-5.BTC保有量の占有率

一部のアドレスに対するBTC保有量の占有率は大きく増加しました。

BTC保有量の上位10アドレスの全体に対する占有率は先週比0.15%増となる6.15%となり、上位10〜100位のアドレスの占有率も先週比0.09増となる13.33%となった一方で、上位100〜1000位のアドレウの占有率は先週比0.04%減となる16.62%となり、それ以外のアドレスの占有率も先週比0.01%減となる63.91%となりました。

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

1-6.BTCにおける大口取引のデータ

Huobi研究所は「超大口取引」を1万以上と定義し、「大口取引」を1万未満から1千BTC以上の取引と定義しております。

今週、超大口取引は行われなかった一方で、大口取引は先週の614回から633回に増加しております

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

1-7.ボリュームごとのトランザクションデータ

今週のトランザクション回数は全体的に減少しました。

1000〜10000BTCのボリュームのトランザクションの数は先週の206万件から110万件へ減少し、全体のトランザクション数に対して16%を占めております。 一方で、100〜1000BTCのボリュームのトランザクションの数の全体に対する占有率は先週比21.5%増となる38.4%となりました。

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

出典:Blockchain Node File, Huobi Research

1-8.BTC保有量上位30アドレスの残高変化

今週、BTC保有量上位30アドレスの内、4つのアドレスに大きな動きがあり、その4アドレス全て保有量の増加が見られました

2.ソーシャルメディア

2-1.キーワード分析

Reddit’s r/CryptoCurrency Subreddit をNLP分析という手法で調査し、仮想通貨、イベント、取引所及びインフルエンサーの3つのカテゴリーにおいて、海外トレンドとセンチメントに関して分析しております。

仮想通貨

同分析において、Bitcoin、NANO、Ethereumは今週最も注目された仮想通貨となりました

BitcoinとNANOの場合、主に価格とトレーディングについて話題となっており、Ethereumに関しては、『Depth Bomb』と『リスクの高い脆弱性Freether』が話題となっています。

イベント

ウォレット(Wallet)、コミュニティ(Community)、ボットロボット(Bot robot)が今週注目を集めたキーワードとなっております。

ウォレットは、McAfee氏は支援するBitifウォレットの脆弱性について、Bot robotは取引robotについて、コミュニティは仮想通貨コミュニティ内における発展に関する話題でした。

取引所/インフルエンサー

同分析によると、Coinbase、Binance、Bitmexが今週注目を集めました。CoinbaseとBinanceは海外の仮想投資家間でよく話題となっている他、Bitmexについては、ボラティリティが高い通貨によるサーバーの遅延とユーザーの損失についてが話題となりました。

出典:Huobi Research

さらに、今週のトレンドトピックとしてはBitmex、ウォレット、Monero、yobit、huobiのトピックに関して話題となっており、一方でTechnology、Mainnet、Rpple、Law、Dashに関するトピックの注目度が低下しました。

出典:Huobi Research

出典:Huobi Research

2-2.GitHubでの開発に関する動き

GitHub上の全ての仮想通貨に関する動きの中で、ETH、BTC、EOSの3つのプロジェクトが最も注目されました。一方で、TRX、ETH、BTCは最もプロジェクトに関する開発の進捗の進展があったようです。

出典:GitHub, Huobi Research

出典:GitHub, Huobi Research

出典:GitHub, Huobi Research

3.マーケットデータ

3-1.Return/Priceのボラティリティ比率

今週、時価総額上位10通貨の値動きは大きく分かれました

Moneroの上昇率が最も高く、18.8%上昇しました。

それに対して、ETHの減少率は最低で、15%下落となりました。

また、価格のボラティリティに関しては、BTCのボラティリティが最も小さく、0.0014s.d.(基準:15分足)となり、IOTAは最も大きく、0.0069s.d.となりました。

出典:Huobi Research, Coinmarketcap

3-2.仮想通貨合計流通量に対する取引高の割合

今週、仮想通貨の全体流通量に対して取引高の割合が高かったのは、DASH,EOS,TRXであり、以下の通りとなっております。

  • 1.DASH 先週103% 今週109.9%
  • 2.EOS 先週61.3% 今週121.2%
  • 3.TRX 先週10% 今週64.2%

一方で、取引高の割合が低かったのは、XMR,STR,XRPとなり、以下の通りとなっております。

  • 1.Stellar 先週10% 今週9.7%
  • 2.Monero 11.1% 今週16.2%
  • 3.XRP 先週14% 今週12%

出典:Huobi Research, Coinmarketcap

仮想通貨の連動率

仮想通貨の値動きは違う通貨とある程度同じような値動きをし、その連動率について調査しております。

今週は特にBTC/BCHとBTC/LTCは非常に高く、共に0.95という連動率だった一方で、IOTA/BCHとIOTA/EOSは最も低く、それぞれ-0.06と-0.01という連動率になりました

出典:Huobi Research

Huobi研究所について

Huobi研究所は、仮想通貨取引所を運営しているHuobiグループによって2016年4月に設立され、2018年3月に、ブロックチェーン分野における技術開発・業界調査分析・応用研究・コンサルティングを目的としたより高度な組織へ発展を遂げました。

また、経済、金融、AI、法律等様々な分野に精通する人材を多く抱えている他、世界のあらゆるブロックチェーンに関する学術団体や大学、研究施設と提携しており、Huobi研究所の所長を務める袁煜明(Hubery Yuan)氏は、元産業保安研究所の副院長兼TMT(テクノロジー・メディア・通信業界)主席アナリストを務めた人物であり、New Fourtune社から「ベストアナリスト賞」を受賞しております。

また、同研究所はブロックチェーン分野の研究基盤を構築し、業界に対してより明確に根拠のある理論や研究成果を提供する事で、業界及び産業の発展を促進する事を目指しております。 Huobi研究所の理念として、「ブロックチェーンのエコシステムを構築し、より良い未来に貢献する事」を掲げております。

Huobi Japan公式アカウント

Twitter:https://twitter.com/HuobiJapan?lang=ja

Telegram:https://t.me/huobiproJapan

Facebook:https://www.facebook.com/HuobiJapan/

Youtube: https://www.youtube.com/channel/UCpWnfmrT6qyTtkdgZJgNn4w/

※注意事項

今回の記事はあくまで、調査レポートを元にCoinPostの考えを述べたもので、仮想通貨の値上がりを保証するものや、投資を奨励するものではございません。仮想通貨への投資の際は、価格変動リスク、信用リスク、流動性のリスク等、リスクを確認した上、ご自身の責任の下で投資を行いましょう。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア