CoinPostで今最も読まれています

中長期的な下落相場の中、仮想通貨著名人5名はなぜ「強気予想」を崩さないのか

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

強気予想の仮想通貨著名人
仮想通貨界内外で実績を残してきた5名の著名人は、中長期的な下落相場にある中でも、仮想通貨相場に対する強気予想を崩していない。それぞれの主張をまとめた。

強気予想の仮想通貨著名人

仮想通貨価格は、2017年に大きな高まりを見せたものの、2018年に入ってから大きな下落を記録し、長らく停滞を続けています。

9月12日に、MV Index Solutionsが提供する主要10通貨の”MVIS CryptoCompare Digital Assets 10 Index”指標は、今年最低値を記録、今年はじめから80%もの下落を見せています。

そして、この-80%という数値は、2000年のドットコムバブル時代のNasdaq Composite Indexの下落率78%を凌駕したことから大きな話題となりました。

海外メディアCOIN INSIDERでは、このように”仮想通貨の冬”とも称される弱気相場が続く中でも、仮想通貨価格の今後の上昇に疑問を持たない5人の著名人の見解をピックアップし、紹介しています。

Digital Currency Group CEO

ベンチャーキャピタリストで、アメリカの仮想通貨関連会社Digital Currency Groupの創業者でもあるBarry Silbert氏は、以前「ビットコインを知る上で重要な8人の人物」でも紹介した仮想通貨業界でも言わずと知れる人物です。

彼は、今年7月にニューヨークで開催されたDelivering Alpha Conferenceにて以下のように、言及しました。

恐らく(ビットコインは)今年の底値をつけただろう。実際私は、先週ビットコインを購入した。

この分散化され、法定通貨ではない資産クラスが、確実に今後も生き残っていくことについて、100%の自信を持っている。

Coinbase CEO

昨年のピーク時に、1日に5万人もの新規登録者がいたことで話題になった世界最大級の仮想通貨取引所CoinbaseのCEOを務めるBrian Armstrong氏も、仮想通貨業界においてポジティブな見解を持つ著名人の1人です。

彼は、仮想通貨価格が異常に上昇している時に、人々は総楽観になり、逆に異常に下落しているときに総悲観になるものだと言及。仮想通貨業界は価格で見るべきではなく、実生活における実用性で捉えるべきであると主張しています。

そして、Armstrong氏は、今月9月に「今後5年のうちに、世界中で10億人にものぼる人々が仮想通貨を使用するようになるだろう」と述べ、過去に以下のような発言もしています。

ここ数年で、仮想通貨価格の乱高下が繰り返される中、私は、弱気相場を楽しむようになってきた。

なぜなら、その弱気相場は、仮想通貨市場に間違った理由で参入してきた人々を淘汰し、人々が価格に気を取られているうちに、自分達が前進するチャンスとなるからだ。私達は、弱気相場で強い基礎を築き、次なる成長時期に備えることになる。

Fundstarat Global Advisors 共同創業者

Tom Lee氏は、CNBCの仮想通貨関連番組にも多く登場し、Coinpostでも最も多く取り上げられる人物の1人です。彼は、ビットコイン価格が2018年末までに2.5万ドル(約280万円)に達すると予想していましたが、先日、その予想を2.2万ドル(約250万円)にまで下方修正しました。

Lee氏は、以前CNBCに対し、ビットコインは歴史的にマイニングコストの2.5倍の額で取引されてきたと主張し、その傾向を考えると、ビットコイン価格が2万ドル(約220万円)で取引されるのは妥当であるとの考えを述べています。

さらに彼は、以前にも「仮想通貨は、今後何十年にも渡って作られていく”ストーリー”であり、私たちは、まだほんの序章を見ているに過ぎない」と語っており、今後の長期的な目線での繁栄を示唆しています。

TenX 共同創業者

ウォレットやデビットカードなども提供する仮想通貨決済プラットフォームTenXを創業したJulian Hosp氏は、ビットコイン価格が2018年末までに6万ドル(約660万円)になると予想しています。

Hosp氏は、過去に以下のように言及しています。

12月にビットコイン価格は、過去最高値の2万ドル(約220万円)を記録した。

私は、2018年にはビットコインは5,000ドル(約55万円)にまで下落した後、6万ドル(約660万円)にまで上昇すると考えている。実際ビットコイン価格はすでに5,000ドル(約55万円)に近い価格帯にまで到達したことから、あとは、6万ドル(約660万円)まで上昇を続けて欲しいものだ。

そして彼は、今後仮想通貨業界において、規制不透明性の払拭など多くの”ポジティブなイベント”が目白押しになると予想しています。

億万長者のベンチャーキャピタリスト

Skypeや、テスラ、ホットメール、SpaceXなどの投資を行なったエンジェル投資家のTim Draper氏も、2018年末までにビットコイン価格が2.5万ドル(約280万円)に達すると予想しており、2020年までには、その10倍の額である25万ドル(約2800万円)に及ぶと強気の予想も出しています。

Draper氏は以前、ビットコインが人々の生活を豊かにしたインターネットよりも大きなイノベーションであると言及し、鉄器時代、ルネサンス、産業革命をも凌ぐ革新であると主張しました。

さらに、「仮想通貨は、今後5〜7年間に、法定通貨をも凌駕する」と語り、「私たちの想像をはるかに超える速度で拡大し、世界全体に普及、影響を及ぼしていく」と予想しています。

このように、仮想通貨業界外でも実績を残してきた著名な人々が、ビットコインの将来性を信じ、2018年末までに大幅な上昇を遂げると考えていることは、注目に値すべきと言えるでしょう。

CoinPostの関連記事

『仮想通貨価格は底を打った』米ウォール街最大の仮想通貨企業CEOが、”ビットコインバブルの再来”を示唆
ニューヨーク最大の仮想通貨企業CEOであり、元ヘッジファンドマネージャーMichael Novogratz氏が、「ビットコイン価格は底に達した」と主張。昨年の価格推移を例に挙げ、仮想通貨が高騰する可能性を示唆した。
決壊するアルトコイン市場:仮想通貨の下落率が18年前の「ITバブル」を上回る
仮想通貨の下落率がドットコムバブルを超える MV Index Solutionsが提供する主...
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
14:00
独DekaBank、機関投資家向けに仮想通貨関連サービス提供へ
仮想通貨カストディ企業METACOは、ドイツの大手証券サービスプロバイダーDekaBankと提携し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディ・管理業務を提供していくと発表した。
12:30
Uniswap、トークンブリッジ「Wormhole」をサポートへ
分散型取引所UniswapをBNBチェーンで展開する計画で、Wormholeのトークンブリッジを採用する方針が明らかになった。他DEXによるコピーを防ぐライセンスが期限を迎える前に多チェーン展開を目指す。
12:00
香港当局、仮想通貨とステーブルコインの規制方針決定
香港金融管理局は、仮想通貨とステーブルコイン規制に関する方針を発表した。昨年の関連協議書には、バイナンスやリップル社、アニモカブランズなども意見を寄せていた。
11:00
米ウォール街の金融大手、仮想通貨事業を拡大へ
米ウォール街の大手金融企業は、テラ騒動やFTX破綻などの影響で仮想通貨市場が低迷する中、デジタル資産事業を推進。各企業の事業を紹介する。
10:17
博報堂キースリー、トヨタ協賛のweb3ハッカソンを開催へ
博報堂キースリーは、web3グローバルハッカソン第一弾の開催計画を発表した。トヨタ自動車株式会社とのタイアップ企画であり、「企業内プロジェクト向けDAO支援ツールの開発」をテーマとする。
09:00
第4回「GM Radio」、ゲストはDeFi Kingdoms創設者ら
グローバル版CoinPostが主催するGM Radioの4回目の放送は、2月3日(金)の12:30からツイッタースペースで配信予定。今回のゲストにはLayerZeroとDeFi Kingdomsの幹部を招待する。
08:10
イーサリアム、公開テストネットをローンチへ
仮想通貨イーサリアムは日本時間2日の0時、ステーキング出金機能を備えた公開テストネットZhejiangをローンチする。今回は、テストネットの他のアップグレードも公表された。
08:00
NYダウや仮想通貨関連株反発 雇用指標の伸び鈍化などで
本日のニューヨークダウやナスダックは反発。AI関連株やOASやDYDXトークンは大幅上昇した。
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア