仮想通貨イーサリアムクラシック(ETC)、トレンド転換で価格大幅上昇の可能性

イーサリアムクラシック(ETC)は2017年半ばからの価格上昇につづく今年からの価格下落によって、ダイヤモンド型の価格推移を見せている。

この形のチャートは2011年にも観測されており、この時はダイヤモンドを抜けた直後には急落したものの、最終的に価格は上昇し最高値を更新していった。

現在、イーサリアムクラシックは2011年と同様にトレンドの反転が起こる可能性が十分にあるとされている。

また、チャートの技術的な分析による期待値に加え、イーサリアムクラシックが今週韓国で開催したETC Summitも期待が持てるものだった。

このイベントでは、FundstratのTom Lee氏、IOHKのCharles Hoskinson氏、AccentureのCody Burns氏、CoinbaseのKayvon Pirestani氏といった業界の有力者が登壇し、イーサリアムクラシックが今後いかに違いを見せつけてくるかといったことや、すでに業界の主要なプレイヤーからは認められてきていることなどを話した。

イーサリアムクラシックはIoTにも絡めた開発を行なっており、現在では過小評価されているとの見方もある中で、価格としても一つ壁を越えれば2019年でもっとも成功する通貨となるかもしれない。

参考記事: Could Ethereum Classic (ETC) Be The Biggest Winner In 2019?

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

IoT分野を牛耳るのはイーサリアムクラシック(ETC)かIOTAか
マイクロソフトと提携11月提携したことを価格を8倍に伸ばした、IoT分野に特化したIOTAと同じく、IoT分野への展開を見せているイーサリアムクラシックとの比較分析を行いました。
コインベース上場、イーサリアムクラシック(ETC)が受ける影響とは
Ethereum Classic Cooperativeのアメリカ担当ディレクターAnthony Lusardi氏は、直近のイーサリアムクラシックのコインベースへの上場について言及し、これがプラットフォームにとってどういう意味を持つのか語った。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら