【速報】米SEC、VanEck版CboeビットコインETFの「正式な審査の開始」を告知|通常の延期とは異なる

日本時間9月21日早朝、米国証券取引委員会(以下SEC)は新たな公式通告 にて、本日から連邦政府の証券ガイドラインに準拠し、CboeによるVanEck版ビットコインETFの申請に対して、承認するか否かを判断することを発表した。

SECによる公式通告

通告において、以下のように明示されている。

出典:SEC

「当ルール変更(=Cboeからの申請)に関わる法律ならびに政策における諸問題があるため、現時点において、当『審査の進行』(審査に入ること)は適切である。また、『審査の進行』は、当委員会が何らかの結論へ至っていると意味するものではない」

また、同じ通告で、「当委員会はこのVanEck版ビットコインETFに関心を持つ人からコメントを求め、コメントの提供を推薦する」 とのことだ。

現在、すでにパブリックコメントは1400件以上提出されている。

出典:SEC

なお今回のSECは、18項にも及ぶ質問により、Cboeの申請に関するより具体的かつ十分な『立証的』パブリック・コメントを求めている。

通常の延期とは異なる

「通常の延期」では、今回にも記載されるSection 19(b)に則って、具体的な日数や、可否判断日程が指定された上で、具体的な対応策の発表はないが、今回の通告書では日数の明記はなく、より具体的な審査に乗り出す告知をしたことや、より多くのコメントを求めるなど、通常とは異なるプロセスでの通告書であるといえる。よって、ポジティブな動きとして捉えられる可能性も考えられる。

非承認となる条件の明示

非承認となる場合の条件は以下の様に明記された。

出典:SEC

出典:SEC

「委員会(SEC)は、同Section 19(b)(2)(B)に基づき、『可能性がある非承認にあたる条件』を明示する。また、Cboeのルール変更が不正、価格操作を防止し、公平なる証券取引を促進、さらには投資家と大衆利益を守ることができるか否かに関して、追加分析に関する審査を実行する。」

延期後の可否日程の分析

米国専門弁護士Jake Chervinskyは自身のツイッターを通じ、SECの通告書内容に関して、詳しく分析しています。

まず、Chervinsky氏は、第一審査予定日の9月30日と考えられる延期に関して、

「SECの次の締め切りは、9月30日。9月28日にはなんらかの通告が出されると見ている。また、SECはそこから90日、つまり今回の延期は『12月29日』までに延ばすことができる。そこから、さらに60日最大延期期間となり、最終的には来年2月27日となる可能性も考えられる。」

18項の質問に関する厳しい分析

また、Chervinsky氏は18項の質問から特に引っかかるような観点をこのように取り上げています。

質問13、SECはビットコイン先物市場が相当な市場占有率を有しているかどうかと聞いているが、これは難色を示されていると考えられる。

なぜなら、先月の通告書ではすでに有していないことが結論付けられたからだ。

この質問は、すべてのデリバティブ基軸のETFを却下してきた致命的な問いであり、ウィンクルボス版ETFも少なからずに影響を受けた可能性がある。

続いて、

実は、この18項の質問の中に、決まり質問がいくつか書かれている。

目的は、尋ねることよりも観点を論じることだ。

例に挙げれば、質問14は、『取引所Geminiは相当な市場占有率を有しているか』だが、ウィンクルボス版ETFを却下した時には、すでに『否』と明言している。

最後に、Chervinsky氏は以下の様に言及した。

12月29日という新しい締め切りに近づけば、さらに深く探究していく。

ちなみに、SECのスタッフはパブリック・コメントの提出期限を書き忘れているが、基本的に『連邦官報の公開から21日以内、反論意見は35日以内となる』

▶️本日の速報をチェック

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加