CoinPostで今最も読まれています

ステーブルコインで日本と東南アジアの越境決済を実現へ ソラミツらが新事業を発表

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ブロックチェーン技術を活用

日本のフィンテック企業「ソラミツ」らは8日、ブロックチェーンを活用した中央銀行デジタル通貨(CBDC)とステーブルコインの相互交換によって越境決済を実現するジョイントベンチャープロジェクトを発表した。

国を越えた電子商取引において、CBDCとステーブルコインを経由させ、日本と東南アジア各国の決済を実現すると説明。サービスのローンチは2024年秋頃を目指すとした。

CBDCとは

「Central Bank Digital Currency」の略で、各国・地域の中央銀行が発行するデジタル化された通貨を指す。仮想通貨との大きな違いは、CBDCはデジタル上の法定通貨であること。

▶️仮想通貨用語集

関連中央銀行デジタル通貨(CBDC)とは|ビットコインとの違いと主なメリット

今回のプロジェクトは、ソラミツと株式会社VIVIT、多摩大学大学院ルール形成戦略研究所と連名で発表。ソラミツが越境決済システムの検討・構築、ブロックチェーン技術の活用や金融システムとの連携等の調整を担当するなど、ジョイントベンチャープロジェクトとして三者が役割を分担する。

システムの具体的な仕組みは以下の画像の通り。日本の様々な金融機関が発行すると見込まれるステーブルコインを交換所経由で、ソラミツがカンボジア中央銀行と発行したCBDC「バコン」に接続する仕組みだ。

出典:発表

バコンはすでにマレーシア、タイ、ベトナムとQRコードによる越境決済が可能。また、インド、中国、ラオスらとも越境決済できるように開発中だという。QRコード決済を行える東南アジアの人々はバコンを経由して、日本との越境決済ができるようになるとした。

発表では、Eコマースの開発プロジェクトチーム「睦〜MUTSUMI〜」を発足したとも説明。そして、「睦の名の通り、多くの企業や自治体が力を合わせて、収縮する日本の未来を打破し、新たな市場、大きな経済圏の構築に向け、再び開国していくことを目指していく」と述べている。

プロジェクトの背景

今回のプロジェクトを発足した背景には、日本のマーケットが先の見えない円安、貿易赤字、少子化によって縮小している現状があるという。プロジェクトの目的は、この課題に対するソリューションを提供することだとした。

日本の中小企業が、東南アジアの大きなマーケットにシームレスに参入できるEコマースを、バコン経済圏を基盤にして構築。そして、日本各地の様々な産業や文化が東南アジアにダイレクトに届く新しい経済圏プラットフォームの実現を目指すと述べている。

クレジットカードを持たない人々も各国のQRコード決済手段を活用し、即座かつ低コストに越境決済が可能になるとしており、日本から特産品や各種のデジタルコンテンツを容易に東南アジア全体に販売できるようになると説明した。

今後は、協力企業の参加を募り、マーケティングや概念実証(PoC)を行って、2024年秋頃のローンチを目指すとしている。

改正資金決済法の施行

日本では今年6月から、改正資金決済法施行により、法定通貨を裏付けとするステーブルコインが発行可能になった。今回のプロジェクトの背景には、この法改正もあるとみられる。

関連6月1日施行の改正資金決済法で国内ステーブルコイン発行可能に、多国籍企業にメリットも

6月から、法定通貨に裏付けられたステーブルコインを電子決済手段として認可。この新しい制度において、銀行、資金移動業者、特定信託会社が発行者として許可されている。

この法改正については以前から、国内外の企業間決済における効率化が進むことを期待する声も上がっていた。

関連国内ステーブルコイン解禁の影響は?|WebXレポート&インタビュー

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。
06:55
ドイツ政府売り終了か、ビットコイン残高ゼロに
ドイツ政府の連邦刑事警察庁(BKA)の仮想通貨ビットコインの売圧はついに終焉を迎えたようだ。13日早朝、そのウォレットの残高はゼロとなった。
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスクについて解説。イーロン・マスク氏との関係や、今後注目されるXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧