CoinPostで今最も読まれています

米SEC委員長、AI関連の詐欺行為に対する警戒を表明

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

SECがAI関連詐欺に警鐘

米国証券取引委員会(SEC)のゲーリー・ゲンスラー委員長は15日、AI(人口知能)関連技術の動向を緊密に監視しているとX(旧ツイッター)で明らかにした。ゲンスラー委員長は、AIを「現代で最も革命的な技術」と位置づけ、それを利用する「悪質な行為者」によって資本市場への影響が生じるリスクを強調した。

私たちSECは技術に対して中立の立場を取っている。重要なのは技術そのものではなく、その技術のもたらす結果である。

ゲンスラー委員長は、「AIは人間の知能の自動化に関わるものだから、その課題の重要性は非常に高い」と述べた。悪意を持った者たちがAIを悪用する可能性にも触れ、「AIを用いて選挙への影響や資本市場の操縦、公衆を驚かせる行為など、悪質な利用のリスクが考えられる。1938年の『宇宙戦争』ラジオ放送で火星人襲来報道で生じたパニックを超える、さらに大きな影響が生まれる可能性がある」と警戒を呼び掛けた。

さらに、AI技術の利用方法によっては証券取引法に抵触する場面が考えられると指摘。「SECとして、AI関連の課題から市場を守るための対策を強化している」と述べた。

最後にゲンスラー委員長は、「証券法の観点から言うと、詐欺は詐欺だ。SECは、投資家や市場を脅かす全ての形態の詐欺を特定し、それを厳しく取り締まる方針を貫いている」と強調した。

関連:有料版ChatGPTが「Bing」検索エンジンを統合、最新情報を使用可能に

AIと仮想通貨市場の新たな関係性

対話型のAI言語モデルChatGPTが2022年11月にリリースされて以来、AI関連プロジェクトの資金調達が加速。仮想通貨(暗号資産)市場でもフェッチAI(FET)やオーシャン(OCEAN)をはじめとするAI関連銘柄の価格が急騰した。Coingeckoのデータによれば、AI関連の仮想通貨の時価総額は3,700億円に達している。

この流れに乗じて、新しいプロジェクトも多く立ち上がっている。仮想通貨取引データプラットフォーム「DEXTools」で「ChatGPT」や「OpenAI」といったキーワードを検索すると、計800以上の取引ペアがヒットする。OpenAIが公式にブロックチェーン分野への参入を宣言していないにもかかわらず、詐欺師たちがAIのブームを利用してトークンを乱立させている現状だ。

AI技術の進展により、詐欺師たちが作業を自動化し、ターゲットリーチを効率的に高めるリスクも増している。新たな詐欺コインをAIを利用してソーシャルメディアで大々的に宣伝するケースが増加。AIツールの力を借りて、より多くのユーザーを惹きつけ、実際には存在しないファンベースを作り上げることが可能になっている。

一方で、仮想通貨市場における詐欺活動の抑制策として、AI技術を駆使した新しい取り組みが始まっている。カリフォルニアのサンディエゴ州立大学の研究チームは、仮想通貨の詐欺を特定・追跡するためのシステム「GiveawayScamHunter」を開発した。このAIを活用したシステムは、特にツイッター上で行われる無料仮想通貨プレゼントと称する詐欺活動を検出することを目的としている。

「GiveawayScamHunter」により、2022年6月から1年間で87,617アカウントからの95,111の詐欺リストを検出。この結果、365人以上が詐欺の被害に遭遇し、その損失額は約87.2万ドルとなっていることが判明。その結果と関連するアカウント、ドメイン、ウォレットアドレスがXに報告されている

関連:アドレスポイズニング詐欺で流出の2000万USDT、テザー社が凍結へ

ChatGPTとは

ユーザーの質問に対し、人間との会話感覚で回答できるように設計された対話型のAIで、OpenAI社が開発。コンテンツ制作、レポート作成、コード設計など用途は多岐に渡るが、プライバシーや著作権の侵害など懸念事項も多い。

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。
06:50
ビットコイン一時66000ドル割れ、280億円相当のロングがロスカット
仮想通貨ビットコインは15日、前日比1.3%安。14日深夜に66,000ドルを割り込み一時65,000ドルまで急落。その後反発し、66,000ドル台を回復した。
06:00
マイクロストラテジー、ビットコイン買い増しの資金調達額を引き上げ
より多くの仮想通貨ビットコインを購入するために、マイクロストラテジーは14日、転換社債売却の発行額を引き上げた。
05:45
DMMビットコイン、顧客補償用ビットコインを調達完了
暗号資産取引所DMMビットコインは顧客への保証のためのビットコインをすべて調達した。
06/14 金曜日
17:45
オーケーコイン・ジャパン、トンコイン(TON)の新規取扱い開始を発表
国内暗号資産(仮想通貨)取引所OKCoinJapan(オーケーコイン・ジャパン)にトンコイン(TON)が上場することが発表された。TONは大手メッセージアプリTelegramが始めた分散型ブロックチェーンであるThe Open Network(TON)のネイティブトークン。
17:26
チリーズ(CHZ)が17日にハードフォーク Tokenomics 2.0を導入へ
Chiliz ChainがDragon8ハードフォークを計画。EIP-1559の実装とTokenomics 2.0で暗号資産(仮想通貨)CHZのユーティリティを強化する。
15:37
トンコイン(TON)が過去最高値を更新 テレグラム・エコシステムでの成長が後押し
暗号資産(仮想通貨)トンコイン(TON)は14日に史上最高値を更新し、一時8.00ドルに達した。テレグラム・エコシステムにおける統合と新機能の導入がその背景にある。
13:10
韓国最大手アップビット、RWA銘柄ONDOを新規上場
仮想通貨ONDOは、ブラックロックとPIMCOが提供する米国債ETFに投資するRWAオンチェーンファンドOndo Financeのガバナンストークン。発表後一時16%急騰していた。
12:30
リップル社、罰金はテラフォームラボの事例と比べても過大と主張 対SEC裁判で
リップル社は米証券取引委員会との裁判で、再度SECの提案した罰金額は過大と申し立てた。テラフォームラボの件を参照している。
12:19
ビットコイン相場はCPI・FOMC通過で乱高下、売り買いのシグナル交錯へ
暗号資産(仮想通貨)市場では、CPIやFOMC結果を受けビットコイン(BTC)が乱高下するなど一時ボラティリティが急上昇した。大手マイナーの売りシグナルやCMEの先物ショートの行方にも関心が集まる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア