CoinPostで今最も読まれています

週刊仮想通貨ニュース|カシオのWeb3戦略「VIRTUAL G-SHOCK」に注目集まる、自民党web3PTが会計監査のガイドライン公開など

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

今週のニュース

一週間(9/2〜9/8)のニュースを中心にまとめてお届けしていく。

今週は、カシオ計算機株式会社がWeb3戦略「VIRTUAL G-SHOCK」を発表したニュースが最も多く読まれた。

相場については、中国の不動産株の市況などをまとめた5日の金融短観の注目度が高い。

このほか、自民党web3プロジェクトチーム(web3PT)が、web3企業の暗号資産(仮想通貨)の会計監査に関する新たなガイドラインを公開したニュースも関心を集めた。


目次
  1. 今週のニュースランキング
  2. 相場ニュースランキング
  3. 仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

今週のニュースランキング

1位:カシオがWeb3戦略「VIRTUAL G-SHOCK」発表、1万5000個限定のNFT会員証発行へ(9/5)

カシオ計算機株式会社は5日、耐衝撃性能に優れた腕時計「G-SHOCK」ブランドのデジタル戦略として、新プロジェクト「VIRTUAL G-SHOCK」を発表。限定チャネルの会員証として機能するNFT(非代替性トークン)を発行予定だ。(記事はこちら

2位:自民党のweb3PT、仮想通貨関連企業の会計監査に関する新たなガイドライン公開(9/7)

自民党のweb3PTは6日、web3企業の仮想通貨の会計監査に関する新たなガイドラインを公開。現在、会計監査の問題は、企業がweb3事業へ参入する際の障壁になっていると指摘されている。(記事はこちら

3位:Web3ウォレット「メタマスク」、仮想通貨の現金化機能を提供 利便性強化(9/6)

Web3ウォレット大手「メタマスク(Metamask)」は仮想通貨を現金化するキャッシュアウト機能を実装。日本在住だと現時点では利用できないが、一部の欧州国ではSEPA(単一ユーロ決済圏)決済で、米国ではACH銀行送金で出金することができる。(記事はこちら

相場ニュースランキング

1位:「碧桂園」など中国の不動産株大幅反発、米株市場は休場|5日金融短観(9/5)

4日の月曜日に、中国の不動産指数である「香港ハンセン本土不動産指数」は+8.2%と大幅に反発。不動産開発大手の碧桂園の株価も前日比+14.6%と大幅高となった。(記事はこちら

2位:イーサリアム先物市場に弱気ムード蔓延、アナリスト注目の9月材料にRDNTやdydx(9/5)

データ分析企業CryptoQuantのアナリストGreatest_Traderの分析によれば、イーサリアム(ETH)の「テイカー売買比率」(30日移動平均)が今年最低水準まで低下。本レポートにはアナリストの9月の注目材料も記載している。(記事はこちら

3位:ビットコイン小幅な値動き続く、VISAの好材料でSOLが前日比5%高に (9/6)

ビットコイン(BTC)の価格は前日比0.35%高の1BTC=25,808ドルと横ばいで推移。一方、ソラナ(SOL)はVISAの好材料で前日比5%高となった。(記事はこちら

仮想通貨・ブロックチェーン業界ニュース

マイナンバーカードからWeb3ウォレット作成、「マイナウォレット」イーサリアム財団支援先に選出(9/8)

Web3ウォレットのセキュリティ技術開発を手掛けるa42x株式会社は8日、現在開発段階にある「マイナウォレット」が、イーサリアム財団の研究開発助成プログラムに選ばれたことを発表した。(記事はこちら

リップル対SEC訴訟、両者が次の法的ステップで攻防(9/2)

米リップル社は1日、米国証券取引委員会(SEC)による中間控訴に対抗し、裁判所にその取り下げを要求する法的書類を提出。リップルの代理人弁護士は、SECがこの中間控訴で必要な法的条件に適合していないとして、訴訟が不必要に長引く危険性があると主張している。(記事はこちら

ARK Investが現物型イーサリアムETFを初申請、グーグルがゲーム用NFTの広告規則を緩和|7日朝の重要速報まとめ(9/7)

米投資企業ARK Investは21Sharesと提携し、イーサリアムの現物型ETF(上場投資信託)の申請をSECへ提出。また、企業が今月末から検索エンジン「グーグル」を通じてNFTゲームに関する広告を出すことができるようになった。(記事はこちら

SBIレミット、XRPを活用した国際送金サービスを拡大、送金対象国が増加(9/6)

SBIレミット株式会社は6日、仮想通貨XRPを活用した国際送金サービスについて、送金対象国を拡大する計画を発表。従来のフィリピンに加え、新たにベトナムとインドネシアへの銀行口座宛の送金が可能となる。(記事はこちら

「アバランチ」が日本企業のWeb3サービス基盤に採用、Ponta(ポンタ)のロイヤリティマーケティングら(9/7)

日本企業のブロックチェーン採用が拡大する中で、9月6日に2つのプロジェクトがAvalanche(アバランチ)の導入を発表。特に注目すべきは、企業のWeb3進出を支援する株式会社プレイシンクと、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」を運営する株式会社ロイヤリティマーケティング(LM)の取り組みだ。(記事はこちら

bitbank、国内初となるレンダートークン(RNDR)上場を発表(9/4)

bitbankは4日、レンダートークン(RNDR)の取扱い開始予定を発表。取引所および販売所で売買可能となり、取引手数料無料キャンペーンも開催する。(記事はこちら

FTXの資産清算計画、ソラナ含むアルトコインへの影響が不安視される(9/7)

破綻した仮想通貨取引プラットフォームFTX.comは6日、ソラナをはじめとするいくつかのアルトコインを、業界で信頼されているカストディアンサービス、BitGoに移転したと6日に発表。この動向はFTX.comの再建戦略の一環と見られ、保有している仮想通貨の売却に向けたものと推測される。(記事はこちら

ポリゴン幹部、財団に関するアドレス分析を否定 関連組織による8.5億円相当の売り圧懸念を払拭(9/8)

ポリゴン(MATIC)の開発チーム「Polygon Labs」の共同創設者Sandeep Nailwal氏は7日、特定の2つのアドレスがポリゴン財団のものであるとの指摘を否定。これらのアドレスは、計8.5億円相当のMATICをバイナンスに送金したことが報告されており、売り圧につながる可能性があるとの声が上がっていた。(記事はこちら

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05:50
Starknet(STRK)がコインベースに新規上場、ポリゴンラボとも提携
Starknet開発のStarkWareはPolygon Labsと提携し、より速く且つ安く取引を行うために設計された「サークルSTARKs」と呼ばれる新しいタイプのゼロ知識の暗号証明を構築する。
02/21 水曜日
17:24
ラテンアメリカの大手通信会社テレフォニカ チェーンリンクと提携
大手通信会社テレフォニカが、分散型オラクルChainlinkと提携。API連携によりSIMスワップ詐欺に対抗する。開発者の暗号資産(仮想通貨)を保護する追加レイヤーとして機能。企業のWeb3進出の一助に。
15:02
決済業界が捉えるブロックチェーンの実利、リップル社調査
リップル社と米国高速決済協議会が世界的調査を実施。業界リーダーの60%強が、暗号資産(仮想通貨)の使用が決済プロセスにおいて大きな利益をもたらすと評価。金融業界における、ブロックチェーン技術の現状、課題も明らかに。
12:07
イーサリアム続伸で約2年ぶり3000ドル台に
暗号資産(仮想通貨)市場ではイーサリアム(ETH)が続伸し、22年4月以来初めて3000ドル台を回復した。オンチェーンデータ分析では、クジラ(大口投資家)の動向も活性化し始めているようだ。
12:00
仮想通貨支持のディートン弁護士、上院議員選出馬へ ウォーレン議員に対抗
仮想通貨を擁護する米国のディートン弁護士はマサチューセッツ州で上院議員選挙へ出馬した。エリザベス・ウォーレン議員の対抗馬を目指す。
11:00
マスターカードがSwooウォレットと提携、仮想通貨による報酬プログラム提供へ
決済大手マスターカードはモバイルウォレット企業Swooと提携し、ビットコインなど仮想通貨による顧客報酬プログラムを提供すると発表した。
10:24
ゴールドマン・サックス、日本株を代表する『七人の侍』を選定
日経平均株価が34年ぶりにバブル後の最高値をつける中、大手投資銀行ゴールドマンサックスは日本市場を代表する「七人の侍」を選定した。では、どの銘柄が採用されたか。
08:30
明日決算発表を前にエヌビディア大幅安、仮想通貨関連株も下落
米ナスダックはエヌビディアやAMDなどIT・ハイテク株の売り先行で下落。多くのアナリストはエヌビディアの決算のハードルは非常に高く引き上げられていると指摘した。一方、イーサリアムは約2年ぶりに3千ドル台を回復した。
07:45
計1400億円相当のBTC、米コインベースから出金
計1400億円相当の仮想通貨ビットコインがコインベースから出金されたことがわかった。出金理由については売り圧の低下につながるといった声や、OTC取引のための出金であるといった声など複数の見方が上がっている。
07:30
米デリバティブ大手CME、小口のユーロ建のビットコイン・イーサ先物を提供へ
CMEのビットコイン先物OIは先月過去最高値の52億ドルを記録。仮想通貨ビットコインETFへの高い需要に伴ってヘッジの需要も高まっているようだ。
07:00
EVMウォレットMetaMask、ユーザーへの警告機能を導入 モバイル安全性強化
マルチチェーンへ対応 暗号資産(仮想通貨)イーサリアム(ETH)の主要EVMウォレットMetaMaskは、モバイルアプリおよびエクステンションで、ユーザーへのセキュリティアラー…
05:50
Optimism、4回目のエアドロップで約60億円分の仮想通貨OPを無料配布
今回のエアドロップはOptimismを利用するWeb3アーティストやクリエイターをターゲットとしたもので、合計10,343,757.81 OPトークン(約4100万ドル)を2025年2月13日までに付与する。
05:30
バイナンス、全てのレバレッジトークン廃止へ
仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスは全てのレバレッジトークン廃止の予定を発表した。一方、昨夜StarknetのSTRKトークンの新規上場を実施した。
02/20 火曜日
14:51
韓国与党、選挙公約でビットコインETFやIEOの承認など検討 課税猶予の延長も
韓国の与党「国民の力」は4月の総選挙に向けた選挙公約の一環として、ビットコイン現物ETFの認可を含む、仮想通貨投資に関連した法律の制定を検討すると発表した。
14:36
Uniswap v4は2024年第三四半期に実装へ
Uniswap v4が2024年第3四半期にリリース予定。新機能「フック」の導入、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムDencunアップグレードの影響、および監査プロセスに焦点を当て、ロードマップの近況をまとめる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア