『仮想通貨のブル相場は、歴史上10月か12月に訪れやすい』バイナンスCEOがアノマリーを示唆

バイナンスCEOが語る仮想通貨業界
シンガポールで開催された仮想通貨の大型カンファレンスで、最新のトピックについて問われたバイナンス代表のCZ氏が舌鋒鋭く持論を展開、各所から注目を浴びている。一時隆盛した「取引所マイニングモデル」の穴にも言及した。

変化する仮想通貨取引所

世界最大級の仮想通貨取引所BinanceのCEOを務めるChangpeng Zhao氏(以下、CZ氏)が、先週行われた「Consensus Singapore 2018」にて、海外仮想通貨メディアCryptoGlobeのインタビューに応じ、今後の仮想通貨業界の展望について言及しました。

今年6月に、「取引手数料マイニングモデル」という新しい収益方法を採用した、シンガポールの仮想通貨取引所CoinBeneや香港の仮想通貨取引所Bit-Zが台頭しました。

それらの仮想通貨取引所は、サービス開始から間も無く、世界有数の仮想通貨取引所BinanceやOKEx、Huobiの取引高を抜き去り、話題になったのは記憶に新しいところです。

しかし、今回のインタビューで、「取引所競争の激化、及びビジネスモデルへの脅威であると考えているか?」と問われたCZ氏は、取引手数料マイニングモデルを採用した取引所の取引高は下落の一途をたどっていると指摘、次のように言及しました。

「需要と供給の原理から言うと、プラットフォームトークンが継続的に発行され続けた場合、価値が下がって行くことは明白だった。あのビジネスモデルは失敗だ。」

さらにCZ氏は、「分散型取引所こそが、あるべき将来の姿だと考えている」と分散型取引所(DEX)の重要性を再び強調。分散型取引所の発展は初期段階にあり、短期的に取引高も低いままで、誰が勝者になるかも予想できないと語り、十分な普及には”年単位の時間”が必要であると述べました。

さらにCZ氏は、分散型取引所の前段階として、法定通貨と仮想通貨の取引所が必要であることを述べ、法定通貨シンガポールドル(SGD)と仮想通貨の取引所の計画を進めており、順調にいけば数ヶ月以内に公開することができると言及しています。

そして、さらなる資金を仮想通貨市場に流入させるために、法定通貨と仮想通貨の取引所だけでなく、法定通貨に裏付けられた安定通貨も重要な媒体となると主張しました。

今後の仮想通貨市場とバイナンス

その後、CZ氏は、「今後5年で仮想通貨業界はさらなる成長を遂げる」と楽観的な見解を改めて主張、もし将来的に仮想通貨業界が1,000倍の成長を遂げたときに、以下のツイートをリツイートすることになると述べました。

次なる強気相場の到来に関して問われたCZ氏は、「私自身、仮想通貨市場を年単位で見ているため、現在が弱気相場であるとはあまり考えていない。」と前置きした上で、仮に弱気相場であるとするならば、”強気相場”はこのあと確実に到来することになると主張しました。

さらに、歴史的に見て強気相場到来は10月または12月に起きやすいと述べ、特にクリスマス前は仮想通貨価格が上昇傾向にあると言及しました。「ただし、上昇気流に乗るのは、2018年の話であるとは限らない」とも付け加えています。

仮想通貨取引所Binanceの今後の取り組みとしては、仮想通貨市場がさらに大きくなり、普及することを前提に、業界内でも重要となるウォレットなどの主要サービスや、教育、チャリティーにも進出して行きたいと述べました。

CZ氏は、「バイナンスは、仮想通貨業界で大きな船になる」と語り、今後も仮想通貨関連のサービスを展開して行くことが示唆されました。

CoinPostの関連記事

最大手取引所バイナンスCEO:仮想通貨市場の「価格操作」に斬り込む
問題視される価格操作 多くのビットコインETFの不許可または、延期の理由としてSECは、仮想...
2019年中に全大陸に2取引所を開設予定:世界最大取引所バイナンスの目指す先
9月19日、20日にかけて行われたCoinDesk Consensus Singapore 2018に仮想通貨取引所Binance CEOのCZ氏が登壇し、来年の今頃までに法定通貨と仮想通貨の取引を可能にする5~10つの取引所の設立を検討していることを明らかにした。先日発表された法定通貨シンガポールドルと仮想通貨の取引所もその計画の第一歩であるとされている。CZ氏は、その法定通貨と仮想通貨の取引所を開設して行く上で、現地規制局や銀行とのやりとりが大きな課題となっていることを明かした。そして、最終的な目標は分散型取引所の普及であると言及している。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します