大手投資家、ビットコインの価格下落を予想するも相場は上昇傾向に向かう

今月26日、NationsSharesの代表で投資部門のリーダーも務める投資家Scott Nations氏が、CNBCに対し、ビットコインのショートポジションを張って投資を行なったと述べた。

Nations氏によれば、ショートの予想着地地点は5950ドル(約67万円)で、逆に価格が6600ドル(約74万円)に達すればショートをやめて損切りするとのことだが、現在ビットコイン価格はゆるやかな上昇傾向にあり、一時6500ドル(約73万円)にまで到達している。

同氏はショートでの投資について、ビットコインは本来価値を持たないために価格が落ちるのは目に見えており、価格上昇を見込むのは希望的観測に過ぎず危険であると話している。

一方で有名投資家のMike Novogratz氏は、今は底値に近くショートでの投資には向かないと話す。

Novogratz氏は、今後ビットコインが6800ドル、8800ドル、10000ドルというラインを上回ってくると、機関投資家からの大量の資金流入も見込め、これによって年末までにさらに30%価格を向上させる可能性もあるとしている。

参考記事:This Trader Shorted Bitcoin to $5,950 on CNBC, Bitcoin Price Now at $6,500

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

全面安相場の中でショート比率が急減少、短期的な上昇を推測する「ある見方」が海外で話題に|仮想通貨市況
仮想通貨市場は、先日までアルト市場を牽引したXRPが−15%、50円を切る急下落を記録したことで、市場が一時的に冷え込み全面安相場に。しかしBitfinexのショート比率が急減少し、短期的な上値目線が強まっている傾向も見受けられる。
Cboe専門家「ビットコイン価格の底値打ちはしてない」今後の展開を不安視
ビットコインが安定を見せ、投資家が楽観視する一方で、CBOE主催The Options InstituteのKevin Davitt氏は、ビットコイン及び仮想通貨市場は、このような持ち直しの後は必ず当年最低値へ大幅下落してきたと警告する。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら