中国の超大口投資家「ブロックチェーン・仮想通貨プロジェクトへの投資をやめる」その背景とは

Xiaolai氏の引退宣言
中国で多大な影響力を持ち、北京のベンチャーファンドBitFundの創業者でもあるXiaolai氏が、先日中国大手SNSのWeiboにて、今後ブロックチェーン技術やICO分野の投資を行わないことを公表した。
Xiaolai氏の過去
今回の発表の理由として、中国政府がICOを禁止したこと、そして、ブロックチェーン業界に多くの詐欺まがいのプロジェクトが存在していることが挙げられるが、実際は、公衆の面前から一線を引くことが最大の理由であると考えられている。

Xiaolai氏の引退宣言

北京のベンチャーキャピタルBitFundの創業者でもあるLi Xiaolai氏が、先日、公式にブロックチェーン業界から手を引くことを明らかにしました。

彼は、中国で最もビットコインを保有しているとされる億万長者の投資家の1人であり、その保有BTC数は、数万〜数十万BTCにのぼるのではないかと噂されてきました。そして、自身が手掛けたBitFundでは、現時点で時価総額29位の仮想通貨Qtumなどにも積極的に投資を行なっています。

しかし今回、彼は、中国で最も人気のあるSNSサイトWeiboにて、以下のように投稿しました。

本日付けで、Li Xiaolaiは、(ブロックチェーンや早期段階の)プロジェクトに投資を行わないことに決めた。

今後”Li Xiaolai氏”が携わると主張するプロジェクトは無視してもらって構わない。(実際私は、把握している以外にも、現時点で数え切れないほどのプロジェクトに関連付けられており、その99%が本当だ。)よって、今後数年間は、キャリアチェンジを念頭において過ごしたいと考えている。しかし、次にどの分野に進んでいくかは未だ定かではない。

彼のこの突然の発表で、中国の仮想通貨市場は衝撃を受け「Xiaoli氏の評価が低くなってしまった」というコメントを始め、賛否両論のあるコメントが寄せられました。

この発表の裏側には、中国政府がICOを禁止したこと、そして、ブロックチェーン業界に多くの詐欺まがいのプロジェクトが台頭してきたことが理由として挙げられるとされていますが、一方で、Xiaoli氏は、悪い意味で目立ってしまった過去も持っており、公衆の面前から一線を退くことが最も大きな理由であるとも予想されています。

Xiaolai氏の過去

今年6月、ベンチャーキャピタリストのChen Weixing氏は、インターネット上で、Xiaolai氏のことを”詐欺”や”仮想通貨業界の腫瘍”などと中傷していました。

さらに彼は、Xiaolai氏が2013年に開始した投資ファンドで回収した30,000BTCを未だ還元しておらず、ギャンブルでその資金を溶かしてしまい、還元することができてないと強く非難していました。

結果的にXiaolai氏は、当時勤めていた「Hangzhou Xiong’an Blockchain Fund」の評判を損ねると判断し、運営パートナーを辞任しています。

ここまでは、インターネット上で強く非難したWeixing氏が一方的に悪いように聞こえますが、後にXiaolai氏はプライベートで仮想通貨市場のプレイヤー達を散々非難している会話が流出し、話題となりました。

彼は、その流出した音声の中で、Binanceを”ズルをしているプラットフォーム”と指摘、CEOのCZ氏を”いい奴ではない”と糾弾。

さらに、仮想通貨NEOを”馬鹿げたプロジェクトで価値がない”、仮想通貨TRONの創業者Charlie Lee氏を”詐欺師”と罵倒するなど、数多くの著名人、プロジェクトを非難していたことが明らかになりました。後に、彼はWeiboで非常に恥ずかしい思いをしたことを投稿しています。

今回のLi氏の発表は、中国を始めとする仮想通貨業界に大きな衝撃を与えましたが、今後個人的に、ブロックチェーンやICO関連のプロジェクトに投資しないだけで、彼が創業したBitFundを通じて仮想通貨分野に関わり続けていく可能性はあると考えられます。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら