世界3大ブロックチェーンコミュニティの内2つ、HyperledgerとEEAが提携

世界で最も影響力のあるコミュニティの2つの提携
10月1日、世界で最も影響力のあるコミュニティとされるHyperledgerおよび、Enterprise Ethereum Alliance(EEA)が、”ブロックチェーン技術のさらなる普及”に向けて共同で取り組んでいく事を発表した。この発表により、両機関のネットワーク間における相互運用性の大幅上昇が期待されている。

HyperledgerとEEAの提携

10月1日に、“ブロックチェーン技術の幅広い普及”という共通の目標を掲げ、世界で最も影響力のある3つのブロックチェーンコミュニティのうちの2つ、HyperledgerとEnterprise Ethereum Alliance(EEA)が、手を組むことが明らかになりました。

Hyperledgerは、Linux Foundationによって開始されたオープンソースの企業向けブロックチェーンプラットフォームであり、intelやIBMを始めとする200以上の団体が会員となっています。

EEAは、2017年に設立され、企業向けのブロックチェーンプラットフォームを提供している企業連合で、マイクロソフトやJPモルガンなどの500以上の団体が会員となっています。

イーサリアム基盤での企業向けブロックチェーンネットワークにおける設計開発や標準化を進めるEEAと企業向けブロックチェーンネットワークの接続、運営などに焦点を当てたHyperledgerは、同様の目標を持っていながら、お互いを補完することができるとHyperledger社の公式ブログに記述されました。

そして、今回の提携によって、どちらの組織の会員もリファレンス実装を行うことができるようになると記述され、Hyperledgerの開発者がEEA仕様のコードを書き、2019年後半に実装されるEEA認証テストプログラムへの認証も可能になるとされました。

さらに、数百〜数千規模の開発者を有するどちらの組織の会員も、両コミュニティのSpecial Interest Group(SIG)や、作業グループ(WG)、ミートアップや会議などで協力していくことができると記述されています。

一方で、Hyperledger、EEAと肩を並べる規模のブロックチェーンコミュニティであったR3も、Resnick氏によって今回の提携に誘われたとされています。しかし、実際R3は、完全なオープンソースではないため、参加が難しく、今回の提携によって劣勢になってしまうのではないかと考えられています。

各機関代表者のコメント

Hyperledgerの最高責任者Brian Behendorf氏(以下、Behendorf氏)は、今回の発表に対し以下のようにコメントしました。

最高基準での標準化は、最高基準のソースコードに依存するため、この提携は、両組織にとって自然な流れである。標準化や、仕様、認証は、顧客企業のブロックチェーン採用を後押しし、互換性の確保や選択肢の提示も可能にした。

今まで、イーサリアムとHyperledgerの間に”VS(バーサス)”という文字を入れていた人々も存在したが、今回の提携によって、”イーサリアムAND Hyperledger”になった。

さらに、EEAの最高責任者Ron Resnick氏(以下、Resnick氏)も以下のように、言及しています。

今回の提携は、チャンスを大幅に高めた。複数の会員と共同で作業を進めていくことにより、両組織が今後さらに密接に手を取り合って事を進めていくことが可能になる。

以前にも、イーサリアムパブリックブロックチェーン上で機能するスマートコントラクトをインテルが発展させたHyperledger Sawtooth上のネットワークで実装する取り組みも行われてきましたが、Behendorf氏は、

お互いの台帳間での相互運用性は、現在人々が考えているよりも遥かに高いレベルで実現するだろう

と述べており、今後のさらなる発展が期待されていると言えるでしょう。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します