CoinPostで今最も読まれています

コインベースCEOがBaseトークン発行を否定 ソラナなどの統合計画も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「独自トークンの発行予定はない」

米大手暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースのブライアン・アームストロングCEOは、イーサリアム(ETH)レイヤー2(L2)スケーリングソリューション「Base」の独自トークンを立ち上げる予定はないと話した。Decryptが報じた。

9月には、同社のポール・グレワル最高法務責任者が、将来ある時点でトークンを発行する可能性はあると話していたが、現在はこの発言とは異なる方針を取っていることを示した格好だ。

アームストロング氏は、Baseをコインベースだけのものにするのではなく、もっと幅広くコミュニティに開かれたものにしたいとの趣旨で話している。

他の仮想通貨プロジェクトと相互運用可能な方法で構築を行い、それと同時に大手であるコインベースが全面的にサポートを行うことで、安定感や信頼感が得られるようにしたいとも続けた。

Baseは、コインベースがインキュベートしており8月に立ち上げられた。Optimistic Rollupの「Optimism(OP)」が提供するオープンソース技術群「OP Stack」を基盤に使用している。Optimismの自律分散型組織「Optimism Collective」とも協力しているところだ。

記事執筆時時点で、CoinGeckoによるとL2の中ではアービトラムOne、ポリゴンPOS、オプティミズムに続き四番目に多い預け入れ総額(TVL)を誇る。約440億円(約3億ドル)が預けられている形だ。

Optimistic Rollupとは

より多くの取引を迅速に処理することを目的とし、取引手数料(ガス代)を削減できるよう設計されているL2技術の1種。オフチェーンでトランザクションを処理し、まとめてレイヤー1に提出する技術で、L2から送られる取引データが正しいことを前提に動作する。もし不正があった場合は、「不正証明」によって取引を無効にし、関係者に罰則や報酬が与えられる。

▶️仮想通貨用語集

関連米コインベース支援のL2「Base」、取引数急増の背景とその重要性とは?

取引を「1秒1セント未満」に

アームストロング氏は、同社が、L2ネットワークなどを統合することにより、コインベースでの平均トランザクションにかかる時間とコストを「1秒1セント(約1.5円)未満」にするという、野心的な目標を掲げているとも話した。

Baseだけではなく、ビットコイン(BTC)のL2であるライトニングネットワークや、ソラナ(SOL)のような高速なレイヤー1を導入することも念頭に置いているという。

関連仮想通貨ソラナ(SOL)とは|注目ポイントと今後の将来性

アームストロング氏は、コインベースを通じた取引の約7%がレイヤー2を使用していると指摘し、今後複数年にわたる取り組みの一環として、この割合をさらに増やしていくという内部目標を設定しているとも説明した。

レイヤー2(L2)とは

「2層目」のブロックチェーンのこと。全ての取引履歴をメインチェーンに書き込むと負荷が大きくなり、処理速度の低下やネットワーク手数料の高騰につながる。そこで、取引履歴の一部をオフチェーンやサイドチェーンに記載するようにすることでメインチェーンへの負荷軽減や処理速度向上を期待することができる。

▶️仮想通貨用語集

OKXやクラーケンの動き

最近ではコインベースの他にも、取引所がL2を立ち上げる動きがみられている。例えば11月には、仮想通貨取引所OKXが仮想通貨ポリゴン(MATIC)の開発キットを利用して「X1」というL2ネットワークを立ち上げることがわかった。

また、Kraken(クラーケン)も現在、L2ネットワークで提携するパートナーを模索していると伝えられる。ポリゴンやMatter Labsなどとの提携を検討しているとされるが、カルダノの創設者であるチャールズ・ホスキンソン氏もクラーケンとの提携に関心を示した。

関連仮想通貨取引所OKX、ポリゴンの開発キットでL2「X1」立ち上げ

ビットコインETF特集

様々な仮想通貨を購入したい方は、取引所別の取り扱い銘柄を確認してみてください。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/28 水曜日
16:50
周南公立大、分散型デジタル学生証を開発 Web5とライトニング採用
周南公立大学がブロックチェーンと一線を画すWeb5技術と、ビットコインの決済技術ライトニングを活用した先進的なデジタル学生証システム開発を発表。プライバシー保護とセキュリティ強化を図る。
16:21
ビットコインETF承認後に高騰する相場をプロが解説|寄稿:仮想NISHI
ビットコインETFからの流入超過で高騰する暗号資産(仮想通貨)相場の展望は? 暗号資産(仮想通貨)ビットコイン(BTC)相場とデリバティブの最新データについて、SBI VCトレードのアナリスト「仮想NISHI」が解説した。
14:50
グローバル法律事務所Norton「SECの規制や執行措置は今年さらに強化される」
グローバル法律事務所Norton Rose Fulbrightは2024年の展望レポートで、米SEC(証券取引委員会)は仮想通貨業界に対する「執行措置を伴う規制」アプローチをさらに強化するとの予測を明らかにした。
12:55
60000ドルを伺うビットコイン、市場心理は2年半ぶり『極度の貪欲』水準に
暗号資産(仮想通貨)市場では機関投資家のビットコインETFへの資金流入が止まらず60000ドルに迫るなか、投資家心理を示すCrypto Fear and Greed Indexは「極度の貪欲」示す82に達した。
11:20
ソラナ基盤の「Parcl」、エアドロップ発表
仮想通貨ソラナ基盤プロジェクトParclが独自トークンPRCLのエアドロップを発表。その後、預け入れ総額は1億ドルを突破した。
10:20
投資銀行がマイクロストラテジー格上げ ビットコイン12万ドル超前提で
投資銀行ベンチマークは米マイクロストラテジーの目標株価を990ドルとした。ビットコイン価格が2025年末に12万ドルを超えると想定している。
08:50
「パラレル」ベータ版開始へ、PRIMEトークン高騰
パラレルはNFTトレーディングカードゲームだけでなく。OpenAIとUE5エンジン技術を使った人工知能アバター主導型ゲーム「コロニー」も開発中。「アバターNFT」の価格は先日のティーザーを受け値上がりし、現在1.11 ETH(約3,600ドル)で取引されている。
08:00
Bybit「機関投資家はETHを最も保有」
機関投資家が最も保有している銘柄はイーサリアムであることなどを掲載したレポートを仮想通貨取引所Bybitが公開。これは、同社ユーザーの投資行動に関するレポートである。
07:26
イーサリアム「Dencun」、メインネット実装予定日が3月13日
Dencunメインネットの実装時期は、推定日本時間3月13日22時55分前後に起動する見込みだ。これにより、L2手数料削減のプロトダンクシャーディングの導入が実現することに。
07:00
Web3推し活「Oshi」、BITPOINTに新規上場
仮想通貨「OSHI」は、『OSHI3』関連ゲームの第1弾である次世代型美少女放置RPG「ファントム オブ キル -オルタナティブ・イミテーション-(オルタナ)」で利用できる。
06:20
バイナンスラボ、ビットコイン初のステーキング「Babylon」に出資
今夜始まるBabylonのテストネット。参加するユーザーには、「Bitcoin Staking Pioneer Pass NFT」を7日間以内にミントすることができる。このNFTは今後、期待されるBabylonの独自トークンのエアドロップへのアクセスになるかもしれない。
05:30
バイナンスジャパン、仮想通貨3銘柄新規上場へ 取扱柄数が50に
今回の対象となるのは、ラップドビットコイン(Wrapped Bitcoin)、ファイルコイン(Filecoin)、スイ(Sui)で、3月5日より暗号資産現物取引・販売所および取引所・貸暗号資産で対応する予定だ。
02/27 火曜日
18:28
bitFlyer、ドージコイン(DOGE)の上場を発表 
国内大手暗号資産(仮想通貨)取引所bitFlyerは、販売所において「ドージコイン(DOGE)」の上場を発表した。直近では「アバランチ(AVAX)」「ザ・グラフ(GRT)」「レンダートークン(RNDR)」の上場したばかり。
14:27
米裁判所がエネルギー情報局に制止命令、マイニング企業のデータ収集要請に「待った」
米テキサス州ブロックチェーン評議会と仮想通貨マイニング企業Riot Platformsによる米エネルギー情報局(EIA)に対する訴訟で、テキサス州西部地区連邦地方裁判所は、EIAの緊急調査を一時的に阻止する仮制止命令を認める判断を下した。
13:00
ステーブルコインUSDCの国内上場に向けて米Circle社がコインチェックと提携
現時点ではUSDCといった信託型ステーブルコインは日本では未上場で、Circleとコインチェックの提携は今後の上場を目標に締結されたものだ。国内仮想通貨環境の流動性向上につながる。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア