CoinPostで今最も読まれています

米コインベース支援のL2「Base」、取引数急増の背景とその重要性とは? ArbitrumとOptimismを上回る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

コインベース支援のL2「Base」の躍進

9月14日、Coinbaseが支援するイーサリアムL2スケーリングソリューション「Base」のトランザクションが過去最高を更新。ArbitrumとOptimismメインネットのトランザクション数を合計したものを上回ったことが、オンチェーンデータで確認された。

出典:DUNE

この動きの背景には、新興のソーシャル・アプリケーション「Friend.Tech」の台頭がある。Friend.Techのユーザー活動がBaseのトランザクション増加の主要な要因となっており、Baseのアクティブアドレスは先月、1日平均で88.8万件を記録。これはOptimismロールアップを使用するアドレスの市場シェアの約60%に迫る勢いだ。

この記事では、急速にトランザクション数を増加させている「Base」の背後にある新興アプリ「FriendTech」の存在と、それがBase及び関連エコシステムにどのような利益をもたらしているかについて探っていく。

目次
  1. コインベース支援のL2「Base」の躍進
  2. Baseとは
  3. Optimism技術群「OP Stack」を採用
  4. Friend.techとは
  5. トランザクションがBase、Optimismに寄与

Baseとは

Baseは、認証済み登録ユーザー数が1億人を超えるコインベースがインキュベートしており、イーサリアムのレイヤー2スケーリングソリューションとして位置づけられている。その目的は、次の100万人の開発者と10億人のユーザーを仮想通貨の世界に引き込むことである。

関連:コインベース、世界最多のビットコイン準備金「推定94.7万BTC」保有か|Arkham分析

Baseのプロトコルに預けられた価値総額(TVL)は800億円に達し、先行していたStarknet、ZkSync Eraを上回ってL2ソリューションの中で3位に成長。DeFi(分散型金融)やNFTマーケットプレイスがかなりの部分を占めた競合のL2とは異なる性質を示している。

TVLトップのL2「Arbitrum」は主に最も流動性が高いDEXを活かしたDeFi運用、及びNFT採用のブロックチェーンゲーム等で支持を集めている。

関連:クローズド・ベータ版実施中 初心者でもわかるWeb3 TCG「Parallel(パラレル)」とは

出典:L2beat

Baseは、取引の際にかかる手数料(ガス)の支払いにはイーサリアム(ETH)を使い、独自のトークンを発行する予定はないと何度も明言してきた。これは、OptimismやArbitrumとは異なるアプローチだ。一般的にWeb3プロジェクトは独自トークンを発行して分散化を進め、外部の組織に関連インフラを委ねる。ユーザーは無料でトークンがもらえることを期待して集まり、総価値(TVL)が増加することが慣例である。

Coinbaseの最高法務責任者であるPaul Grewal氏が9月21日、トークンの発行可能性は完全に排除されていないと言及したことも注目される。同氏は海外仮想通貨メディアDecryptに対し、将来的にトークンが実現するかもしれないが、現時点では規制の明確化が先決との見解を示した。

Optimism技術群「OP Stack」を採用

技術面において、BaseはOptimistic Rollup型のL2実装の一種「Optimism(OP)」が提供するオープンソース技術群「OP Stack」を基盤に使用。Optimismの自律分散型組織「Optimism Collective」とも協力する。

Optimistic Rollupとは

より多くの取引を迅速に処理することを目的とし、取引手数料(ガス代)を削減できるよう設計されているL2技術の1種。オフチェーンでトランザクションを処理し、まとめてレイヤー1に提出する技術で、L2から送られる取引データが正しいことを前提に動作する。もし不正があった場合は、「不正証明」によって取引を無効にし、関係者に罰則や報酬が与えられる。

▶️仮想通貨用語集

Optimismは、「OP Stack」の実装(OP Chains)の相互接続「スーパーチェーン」の構想を推進している。実際に、OP StackはBaseだけでなく、BNBチェーンのレイヤー2「opBNB」にも採用されている。

経済的な観点から見ると、Baseは総収益の2.5%(または純収益の15%)をOptimismに寄付することとし、同時にOptimismからは6年間で最大1億1,800万OPトークン(時価約256億円相当)を受け取る契約を結んでいる。

関連:BNBチェーンのレイヤー2「opBNB」、メインネット公開へ進展

Friend.techとは

Baseが今年の8月9日にメインネットを公開してからわずか2日後の8月11日時点で、ユーザー数は驚異の117,000件に達した。その主要因として挙げられるのが、Friend.Techの存在だ。

Friend.TechはX(旧ツイッター)と連携可能なソーシャルメディアプラットフォームで、インフルエンサーなどが独自のソーシャルトークン「Keys」を発行し、取引することが可能。Keyの購入者はトークンの発行者とプライベートなコミュニケーションを楽しむなどの特典が得られる。

Friend.Techは立ち上げから数週間で10万人以上のユーザーを獲得し、特に9月には再びその勢いを増している。アジア地域での人気が顕著で、多くのVC関係者や韓国の大手Web3 VC・コミュニティ「MGM」が関心を寄せ、Web3の新規ユーザー獲得の成功事例として評価されている。

関連:X(旧ツイッター)と連動するソーシャルFi「friend.tech(フレンドテック)」、魅力とリスクを分析

トランザクションがBase、Optimismに寄与

直近では、Friend.techのプロトコルの手数料収益は、数週間にわたりDappsランキングでトップ圏を維持している。DefiLlamaによる最新データによれば、Friend.Techの24時間プロトコル収益は約6200万円(9月26日時点)に達している。これは、dAppsランキングではLido(リキッドステーキング)に続く2位であり、大手DeFi(分散型金融)プロダクトのUniswapやMakerDAOを凌ぐ。

Friend.Techプラットフォームは、Keysの売買取引毎に10%の手数料を徴収し、その収益はKeys発行者とプロトコルで等分される。そして、この手数料収益の累計は、9月26日時点で既に1,400万ドルを突破している。

Baseにとって注目すべきは、dApps(Friend.Techを含む)でのトランザクション数が増加することで、ブロックチェーンからの手数料収益も増大するという点だ。Baseの純利益が高れば、その15%分の手数料を受け取るOptimismの利益も増加する可能性がある。

出典:Web3 Academy

Friend.Techに関係する取引全体を通じて、Web3 Academyが算出した各ステークホルダーの利益は以下の通り(9月14日時点)。

Friend.Tech 740万ドル
Key発行者 740万ドル
Base(収益) 73.6万ドル
Ethereum
(ホルダー/ステーキング参加者)
25.4万ドル
Optimism 7.2万ドル
Base(純利益) 48.2万ドル

L2であるBaseは状態データを集約してイーサリアムに送信(L2→L1)、この際手数料を支払う。イーサリアムはL2からのトランザクションを含む、ネットワーク手数料で蓄積したETHの一部をバーン(焼却)し、ETH供給を引き締めるため、最終的にETH保有者に還元される。これがL2上のトランザクション数が重要視される理由だ。

関連:仮想通貨取引所コインベース育成のイーサリアムL2「Base」、6年間で最大1.18億OPトークン受け取る予定

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06:15
イーサリアム現物ETF、米SECが承認 ブラックロックなど8銘柄
米SECは24日、暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの上場申請を初めて承認した。
06:10
米SECがイーサリアム現物ETF発行企業と対話開始、S-1フォームめぐり
Galaxy Digitalのレポートによると、仮に承認されれば、7月か8月に取引所に上場され取引を開始する可能性が高い。
05:30
コインベース、仮想通貨XRPの取扱いをニューヨーク州で再開
2023年7月に裁判におけるRipple Labsの部分的勝利を受けニューヨーク州を除く他の州でXRP-USD・XRP-USDT ・XRP-EURの3通貨ペアで取り扱いを再開した経緯がある。今回は、これまで対応できなかったニューヨーク州での再開を実現した格好だ。
05/23 木曜日
14:45
ブリリアンクリプト、Coincheckで「つるはしNFT」のINOを29日から開催
BrilliantcryptoがCoincheck INOでつるはしNFTの販売を開始へ。IEO参加者には優先購入権が付与されるなど、販売詳細が明らかに。暗号資産(仮想通貨)交換業者を通じて、新たなブロックチェーン資産にアクセスする機会。
13:55
「パラレル」カードゲーム、日本楽天ブックス提携でカードや漫画を流通へ
楽天ブックスはパラレルと提携することで、日本におけるカード、コミック、玩具などの販売代理店として、世界最大級のTCG市場に参入する橋渡しとなる。
13:35
韓国最大手アップビット、オアシスの新規上場を発表 OAS急騰
韓国トップの暗号資産(仮想通貨)取引所アップビットが、新規にオアシス(OAS)の取扱いを発表。OASは44%急騰している。OASはグローバル展開を進めており、バイナンス、コインベースなどトップ市場への上場に期待も高まる。
11:45
イーサリアムに続く現物ETFはソラナになる可能性 識者が議論
仮想通貨投資企業BKCMのブライアン・ケリーCEOは、仮にイーサリアム現物ETFが承認された場合、次に続くのはソラナになるだろうと意見した。
10:45
香港当局、ワールドコインを個人データ条例違反と指定
香港の個人データ保護当局は、仮想通貨プロジェクト「ワールドコイン」が条例に違反しているとして、虹彩データ収集活動などの停止を命じた。
10:10
NTT Digital、新プロジェクト「web3 Jam」を立ち上げ
ブロックチェーンを活用して円滑な企業連携を目指すプロジェクトweb3 Jamの立ち上げをNTT Digitalが発表。立ち上げの背景や今後の計画を説明している。
07:45
SECゲンスラー委員長反対も、仮想通貨重要法案「FIT21」は下院通過
米バイデン政権とSECのゲンスラー委員長は仮想通貨法案「FIT21」に反対を表明。どちらも投資家保護のルールが不十分だと主張している。
07:25
WisdomTree、イギリスでビットコインとイーサリアムETP上場承認を取得
米資産管理会社ウィズダムツリーは、仮想通貨ビットコインとイーサリアムの現物上場取引型金融商品をロンドン証券取引所に上場する承認を英金融当局から受けた。
06:55
仮想通貨ウォレット「メタマスク」、ビットコイン対応へ
ついにビットコインサポートか 暗号資産(仮想通貨)ウォレットのMetaMask(メタマスク)は、ビットコインへの対応を導入する予定のようだ。 公式発表はまだされていないが、Co…
06:05
ナスダック、ブラックロックのイーサリアム現物申請ETFフォームを更新
ナスダックによる書類の更新内容は、これまでアークやフィデリティなどのものに類似し、仮想通貨ETH保有資産のステーキングを行わないことを明記している。
05:50
エヌビディア純利益7倍の好決算、AI関連の仮想通貨銘柄連れ高
半導体大手エヌビディアの好決算を受けて、FETやRender、AR、AGIX、TAOなどの仮想通貨AI関連銘柄は全面高になった。
05/22 水曜日
16:43
暗号資産ステーキング報酬国内No.1のビットポイント、新たにSOL(ソラナ)を追加
暗号資産(仮想通貨)ステーキング報酬国内No.1のBITPOINT(ビットポイント)は、人気銘柄のソラナ(SOL)を新たに追加することを発表した。ビットポイントを利用するメリットについて解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア