メルカリが新アプリ『Mercari X』を披露|ブロックチェーン技術に注力

メルカリがブロックチェーン進出か
大手オンラインフリマのメルカリが4日、新たなアプリ『Mercari X』(メルカリX)を披露。ブロックチェーン技術を用いて「新たな価値交換システム」の構築を目指している事が発表された。

著名ニュースサイトビジネスインサイダージャパン の報道によると、大手オンライン・フリマのメルカリは昨日「Mercari Tech Conf 2018」を開催し、今まで謎に包まれていた同社の金融事業子会社『メルペイ』とテスト中とされている新アプリ『Mercari X』(メルカリ X)を披露した。

メルペイとは

17年に設立された「メルペイ」のCTOを勤める曾川景介氏はこのサービスが単純な決済手段ではなく、シェアリングなどの様な取引データから生まれる「価値交換と信用」によるスコア化する(いわばクレジット=個人信用度)と強調し、このように述べた。

「メルカリでは“物”の流動性を高めた。ペイではお金の流動性を高める。メルペイでは、お金がなくても使えるようなメルカリを目指す。」

また、同システムの開発担当者によると、リリースまでそう遠くはないようである。

Mercari X

『Mercari X』とは、メルカリ社が独自のブロックチェーンと暗号化通貨(仮想通貨)を使った新たなアプリサービスであり、「現在では社内テストのみで、一般公開の予定は無い」という。

なお、同誌によれば、「Mercari X自体は社内プロダクトではあるものの、ブロックチェーンの標準化に関する国際的な会合への参加やエンジニア向けの勉強会の開催も行っており、最新の動向には常に気を配っている」とのこと。

しかし現時点では、金融庁の仮想通貨交換業者登録一覧に社名が乗っていないことから、直近で『メルペイ』が仮想通貨関連プロトコルを用いることはないとされているようだ。

日本におけるブロックチェーンの展望

日本におけるブロックチェーン業界における発展では、SBIとリップルの提携による決済アプリ「Money Tap」や、仮想通貨ALISとマイクロソフトの「投げ銭」 API協業開発などが挙げられる。

他にも先月、LINEが独自のブロックチェーンと仮想通貨を発行する予定を発表している。

また、ビジネスインサイダージャパンが報じたように、メルカリは新興ブロックチェーン事業に参入することにより、以前から目指している「物理的な貨幣が必要ない世界」を実現することの一助となると考えられる。

今後もどのような企業がブロックチェーン技術に目をつけるか注目が集まる所だ。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨の将来性、個人より機関投資家が強気との調査結果|底値と今後の価格推移の見解も明らかに
米投資リサーチ会社Fundstratが、機関投資家とTwitter上の個人投資家に意識調査を行った結果、機関投資家はビットコインを強く支持、すでに底値をうったとの見方も強い、強気な調査結果となった。
米巨大オンライン証券TD Ameritradeが仮想通貨業界に参入した理由は「ビットコイン投資需要」
新興仮想通貨取引所=ErisXの主要出資企業であるTD Ameritradeの重役は、出資し業界参入した理由について、「クライアントは規制された取引所に規制された商品を求める」と言及、ビットコイン投資の需要を強調した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加