ビットメインから出資を受ける「サークル社」もバスケット取引開始:コインベースに続く

Circle社、バスケット取引の取り扱い開始
仮想通貨取引プラットフォームのサークル社は、同社のモバイルアプリCircle InvestにCollectionsという新商品を追加した事を発表。これにより新たにバスケット取引商品「Platforms・Payments・Privacy」の3種類が追加された。
バスケット取引とは
複数銘柄をまとめてバスケット(かご)に入った1つの商品として扱い、売買する取引のこと。一般的には15銘柄以上かつ1億円以上の取引を指すが、仮想通貨投資では少額からの投資でも受け入れる形が最近頻繁に見られる。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

仮想通貨企業Circle社は米国時間4日、公式ブログを更新して、同社が運営している仮想通貨取引アプリCircle Investで、新たに仮想通貨の「バスケット取引」商品を提供する事を発表した。

現在、サークルのアプリでは、11の仮想通貨銘柄を取り扱っている。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ビットコインキャッシュ
  • ライトコイン
  • Zキャッシュ
  • モネロ
  • ステラ
  • イオス
  • Ox
  • Qtum

今回、サークル社の公式ブログで、Circle Investアプリ上で新たに3種類、Platforms、Payments、とPrivacyのバスケット商品を提供する事が判明した。

用途やカテゴリーに分けられていると説明されているこれらの商品の内、Paymentというバスケット商品の内訳のみが明らかにされた。

Paymentのバスケット商品には、ブロックチェーン技術を用いてペイメントの簡素化を目的とした通貨が含まれ、以下の通貨から構成される予定。

ペイメント(Payment)

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ステラ
  • ライトコイン

各カテゴリーの通貨をスマホから簡単に購入でき、それぞれの商品比率は各通貨の時価総額に応じて変動する。

また、ユーザーは各通貨に関する情報をアプリ内で取得できる仕組みとなる。仮想通貨の発展につれて、ブロックチェーンを様々な場面に適用するプロジェクトを今後も提供される。

それに応じてCircle Investでも、続々と新商品や仮想通貨に関する教育資料・コンテンツを配信していく予定とのこと。

Circle社は5月に仮想通貨投資アプリ「Circle Invest」の公開と同時に、Bitmainも仮想通貨初心者を対象とした「Buy the Market」を公開していた。この機能は、Circleに上場している全通貨に一度に投資を可能にする商品で、最少1ドルからの投資が可能となる。

また先月には、米ドルに裏付けされた安定通貨「USD Coin」を公開しており、同通貨はすでに以下の大手仮想通貨取引所で取り扱われる事が発表されている。

  • Huobi
  • OKCoin
  • KuCoin
  • Coinbase
  • なお、Circle Investの他にも、Coinbaseが今週Bundleという似たようなバスケット商品を発表した。

    他にもバスケット取引とは異なる所では、AbraがBitwiseと提携してBIT10インデックスに含まれる、時価総額上位10銘柄を含むインデックス商品の提供を開始。

    リスク分散しながら、少額投資を可能にするインデックス及びバスケット商品が、今後の主流となるのか注目を集めている。

    CoinPostの関連記事

    米リップル、Circle、Coinbase、NASDAQも参加:米国おける仮想通貨の規制整備会合が本格化
    米国の仮想通貨およびICO規制明確化のため、伝統金融業界を含む代表者80名が集結。とある連邦議会議員は、規制サイドの仮想通貨関連知識が不十分だとして「議員教育の必要性」を訴えた。
    Bitmain等から約120億円出資されたCircle社:米ドルと価格が連動する仮想通貨を発表
    大手仮想通貨取引所Poloniexの買収や、仮想通貨投資アプリ”Circle Invest”の公開で話題になったCircle社が、Bitmain等から約110億円出資された事、また米ドルとのペッグ通貨「US dollar coin(USD-C)」を発表しました。

    画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加