昨日のビットコイン価格乱高下に、BitMEXのシステム問題が影響か

BitMEXのシステムエラーによるビットコインの一時暴騰
昨夜10時ごろ、大手仮想通貨取引所BitMEXは公式に「ウェブソケット・エラー」の発生を明かした。ペナントのレジスタンスラインを突破後の重要な局面にあったビットコイン相場の乱高下に影響した可能性も。

BitMEXのテクニカル問題

レバレッジ最大100倍で有名な大手仮想通貨取引所BitMEXは日本時間10月8日夜10頃、公式ツイッターにて、「ウェブソケット・エラー」が発生していると報告した。

以下がそのツイッターの内容となる。

前から「ウェブソケット・問題」が発生していた。すでに解決はしたが、引き続き監視する。 また、「ディスコネクト・ウェブソケット」による残高0の表示が起こる可能性があり、再接続するまでお待ちください。

複数のユーザーから、残高表示問題だけでなく、『注文非表示』、『蝋燭チャートの乱れ』や、『リアルタイムデータの接続問題』などが指摘されており、今回のエラーなどでこれらの問題が起きていたと思われる。

ユーザーFlood氏のコメントでは

BitMEXはダウンしたけど、注文は正常に行われている。おかしいだろう。

と記載されており、サイト自体にアクセスができなかったものの、板が動いていた可能性が指摘されている。

ユーザーによって起きていた問題が異なることから、複数の意見がでることは十分に考えられることだが、その影響でBitmex側は批難されることになったようだ。

なお、下記にも記載するように、その当時ビットコインにとって重要な局面にあったことが、よりユーザーの不満を募らせる結果につながったと言えるだろう。

ビットコイン価格の乱高下

下図のように、システムエラーにより、30分以内に、ビットコインは6599ドル(≒74万6千円)から、6668ドル(≒75万4千円)まで価格上昇し、反落するといった価格の乱高下が確認された。

出典:BitMEX

この当時、注目されていた一つのペナントの抵抗線を抜けており、戻りの強さも見られることから、どちらに大きく動くかが注目されていた重要な局面となっていた。

出典:BitMEX

またこの当時、bitfinexとBitmexではビットコイン価格に乖離が生じており、その原因の一つが今回のエラーであったと思われる。

このような暴騰に関して、記憶に新しいのは8月22日に行われたBitMEX事前告知されたメンテナンスだ。

その当時、事前告知のメンテナンスも、メンテ開始からわずか1分足らずで3万円幅以上急騰、ポジションをロックされたショートカバー(ロスカット)を大量に巻き込み、さらにDDoS攻撃により延長されたメンテナンスなどのイレギュラーもみられ、価格が乱高下を記録した。

CoinPostの関連記事

ビットコインが急騰、ロングポジションの増加が重要な局面を示唆|仮想通貨市況
日本の連休最終日、相場に盛り上がりははかけるが、その中で為替の急落にビットコインの値動きが連動するなど、複数の動きも確認された。また、相場転換を見る上で重要な3つの指標を掲載、考察した。
ビットコイン暴騰・暴落のマネーゲーム化に注意:Bitfinexでメンテナンス告知
海外大手取引所Bitfinexにて、(日本時間)17:30〜19:30のメンテナンス8月のBitMEXメンテ時には110億円相当のテザーが事前送金され、分速30,000円級の急騰を見せている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加