CoinPostで今最も読まれています

イーロンマスクの「スーパーアプリX」構想 BTCやDOGEの仮想通貨決済の可能性は? 「X」包括的金融サービスへのビジョン

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「x」包括的金融サービスへのビジョン

X(旧Twitter)は今年(2024年)1月8日の自社のブログにて、XプラットフォームにPtoP決済を導入することを発表した。

そして、1月21日にはX支払い機能の専用アカウント(@Xpayments)が作成されたことが確認され、認証された組織であることを示す金色のバッジが付いている。

昨年は、現CEOのリンダ・ヤッカリーノ氏が、近くビデオ通話や送金機能を搭載する表明をXに投稿していた。

イーロン・マスク氏もX買収前の投稿で、Twitterを「スーパーアプリ(everything App)」にすることを言及。2022年10月にTwitterを44億ドルで買収したが、彼はXと改名したプラットフォームが包括的な金融サービスを提供できると投稿した。

アメリカではすでに昨年4月にeToroと提携し、$Cashtagsを用いて株式、暗号、その他の資産のリアルタイム価格を見ることができ(この機能は日本でも可能)、eToroを通じて投資することも可能になっている。

マスク氏は、X上の決済の機能について、新たなX独自の通貨を発行することについては否定している。

では、この「万能アプリ」Xの決済機能に、BTCやDOGE、または他の暗号資産実装の可能性はあるのか。

Xが12の送金ライセンスを取得

昨年「X」は、米国12州で決済ライセンスを取得している。アリゾナ州、ジョージア州、アイオワ州、カンザス州、メリーランド州、ミシガン州、ミシシッピ州、ミズーリ州、ニューハンプシャー州、ロードアイランド州、サウスダコタ州、ワイオミング州である。

このライセンスにより、より広範な決済サービスの提供が可能になり、「X」が実際に計画を進めている可能性があることを示唆した。

マスク氏のビットコイン保有状況と発言

2021年初頭、Tesla社は15億ドルをビットコインに投資し、製品の支払いにもビットコインを受け入れ始めた。 これに続いてSpaceXもビットコインをバランスシートに加えた。

関連:テスラ、仮想通貨ビットコインへの決済対応開始

その後、マスク氏自身がビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ドージコイン(DOGE)所有を表明しており、彼はビットコインのファンで暗号通貨界の味方のように見えた。

しかし2022年、一転してTesla社は保有ビットコインの75%を売却し、製品の支払いにビットコインの使用を停止した。 この決定の背景には、ビットコインネットワークのエネルギー使用に対する懸念があったということだった。

一連のマスク氏の言動は、仮想通貨市場にも大きな影響を及ぼしている。

その後しばらく、マスク氏はビットコインについてあまり語らなかったが、1月11日のキャシー・ウッドが主催したXのスペース「ARK 21Shares Bitcoin ETF (ARKB) Approved | Cathie Wood Discusses」に参加し発言している。

その中でマスク氏は、2022年にテスラ(Tesla)社が抱いていたビットコインネットワークのエネルギー使用に関する懸念も、状況が改善されたことを指摘した。 実際にTesla社は、2023年Q3のバランスシートからも、現在1億8400万ドルのビットコイン保有していることがわかる。

同Xスペースでマスク氏は、万能アプリXの決済インフラで、ビットコインが使われるかどうかキャシー・ウッド氏に尋ねられたところ、「X上でビットコインを使用することにオープンだが、それについてはほとんど考えていない。」と答えている。

そして「私は今でも大量のドージコインを所有しており、SpacaeXは大量のビットコインを所有している。」と明言した。

ドージコインへのコミット

マスク氏は、しばしばX(Twitter)でドージコインについてコメントをしては、物議を醸してきた経緯もある。 買収後に、Twitterのロゴをドージコインのトレードマーク、柴犬の「かぼす」ちゃんのアイコンに変えた時には、Dogeの価値を30%押し上げた。これに伴う集団訴訟は、いまだ係争中である。

以下はここ最近の、昨年末から今年の初めにかけてマスク氏や関連会社のドージコインについて示した動向のハイライトである。

Direct to cellのローンチにて、DOGEのミーム

1月8日、SpaceXは最近打ち上げたモバイル ネットワーク衛星により、 2台の電話間のテキストメッセージング「ダイレクト・トゥ・セル(Direct To Cell)」を可能にした。

その記念すべき最初のメッセージには、「much wow」というフレーズと柴犬の絵文字が含まれており、これらはドージコインに対するミームとして知られている。

「ダイレクト・トゥ・セル」の成功は、地球低軌道上の衛星を利用した世界的なモバイルネットワークを提供するという同社の取り組みにおける最新のマイルストーンとなる。

サイバートラックをDOGE決済で可能に?

昨年12月1日、ドージコミュニティメンバーの一人が、 Tesla社Webサイトでサイバートラック支払いページのソースコードに「DOGE」が50 回以上出現していることを X に投稿した。

これにより、Tesla社がサイバートラックに対するドージコインの支払いの準備を進めているのではないかという憶測が広がった。 ただし、Tesla社もマスク氏もこの支払い方法を正式には認めていない。

Tesla社は、すでに顧客がドージコインで商品を購入できるようにしているが、自動車の購入にそれを有効にすることは、ミームコインにとって大きな変化を示すことになる。 Tesla社は以前、自動車のビットコイン支払いを許可していたが、後に環境への懸念を理由にこのオプションを廃止している。

ハリウッドのTeslaスパーチャージャーでDOGE決済導入

昨年末、Tesla社のスーパーチャージャー・ステーションが、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッドで順調に進められていることが現地のいくつかのメディアで報道された。

スーパーチャージャー・ステーションは、Tesla社の電気自動車を充電できる急速充電器が設置された場所のことであり、ハリウッドのステーションにはレストランやドライブインシアターも併設される。

マスク氏は、以前Xの投稿で「ハリウッドのスーパーチャージャーでは、もちろんDOGE決済もできる。」と表明している。

この複合施設は、年内に完成予定とのこと。

Doge to the Moon

今年1月中を目指して、ドージコインで資金を集めた月探査ミッション「DOGE-1」が、SpaceXロケットの打ち上げで実施される予定。 DOGE-1ミッションは、40kgのキューブサット(小型の人工衛星)を月に送ることを目的としている。

この衛星は、SpaceX社のファルコン9ロケットを用いて打ち上げられ、月面に関するデータを収集し、地球に送信する。 一連のプロジェクトは、ジオメトリック・エナジー・コーポレーション(GEC)社によって運営されており、昨年に米国の電気通信情報局(NTIA)から重要な規制認可を得ている。

関連:米Astrobotic、ドージコイン(DOGE)をロケットで月へ飛ばす計画

X.com「everything app」への野望

以前よりマスク氏には、包括的な金融サービスや決済を含む「スーパーアプリ」構築の野望があった。 Twitterを買収する理由についてのツイートに応えて、マスク氏は次のように投稿。

「Twitterは元々のX.comのビジョンを実現するための触媒なんだ。」

マスク氏は1999年にX.comという決済会社を立ち上げ、後にPayPalとなるコンフィニティ社と合併する。 そして同会社の社名がPayPalに変更になる前、彼はその会社より追い出されてしまうが、2017年にX.comのドメインをPayPalから買い戻している。

2022年には、Xホールディングを設立し、Tesla社、Spacex、そしてTwitterから買収したXは全てこの傘下に入った。

2021年の仮想通貨の暴騰は、Paypalの仮想通貨決済導入のニュースが大きなきっかけになったことは記憶に新しい。

今年はビットコインの半減期を控え、仮想通貨が争点になると言われる米大統領選挙も行われる。

XのPtoP決済導入は、2021年のデジャヴュとなるのか。 2024年のマスク氏やXの動向については、今後も目を光らせておきたい。

関連:ドージコイン(DOGE)|投資情報・リアルタイム価格チャート

『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
05/26 日曜日
14:55
ビットコイン上のミームコイン「DOG」とは?Runesプロトコルの背景や買い方
RunesのミームコインDOGの買い方を紹介。Runesは、Ordinalsの創設者Casey氏が立ち上げたトークン発行プロトコル。暗号資産(仮想通貨)ビットコインのネットワークを使用。Ordinals保有者向けにエアドロップされたRunestoneに関係するDOGトークンはコミュニティ形成でリード。
11:30
31日にPCE価格指数発表を控え、BTC相場の上値は限定的か|bitbankアナリスト寄稿
イーサリアムETF承認を受けて変動した今週の暗号資産(仮想通貨)市場ついてbitbankのアナリスト長谷川氏が相場分析し、ビットコインチャートを図解。今週の暗号資産(仮想通貨)相場考察と翌週の展望を探る。
11:00
週刊仮想通貨ニュース|米SECのETH現物ETF承認に高い関心
今週は、米SECによる仮想通貨イーサリアムの現物ETF上場承認、スタンダードチャータード銀行によるイーサリアムの価格予想、STEPNの続編アプリSTEPN GOの発表に関するニュースが最も関心を集めた。
05/25 土曜日
18:00
ステーキング 主要取引所の仮想通貨別・年率報酬を徹底比較
暗号資産(仮想通貨)で受動収益(インカムゲイン)を得る、ステーキングの基礎知識から高利率銘柄、国内取引所3社のサービス比較まで徹底解説。ソラナ、イーサリアムなど注目銘柄の想定年率、レンディングとの違いも説明します。
15:00
参加型地域貢献ゲーム「ピクトレ」 Snap to Earn「SNPIT」とコラボ
参加型社会貢献ゲーム「ピクトレ」が、Snap to Earn「SNPIT」写真共有SNS「ピクティア」とコラボ。2024年6月1日から赤城山エリアで特典キャンペーンと実証試験を実施する。
14:00
秋元康氏プロデュース「IDOL3.0 PROJECT」が施策を発表、NIDT高騰
オーバースが秋元康氏プロデュースのアイドルプロジェクト「IDOL3.0 PROJECT」のWeb3.0施策を発表。暗号資産(仮想通貨)Nippon Idol Token(NIDT)が高騰した。
13:00
ビットコイン採掘会社マラソン、ケニア共和国エネルギー・石油省と協定を締結
米上場ビットコインマイニング企業マラソンは、ケニア共和国エネルギー・石油省との提携を発表した。再生可能エネルギープロジェクトに取り組む。
11:10
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」 25年第1四半期を目標に
イーサリアムの次期アップグレード「Pectra」に関する最新情報。開発者は2025年第1四半期末のローンチを目指して動いている。EOFやPeerDAS、EIP-7702などの新機能が含まれる見込み。イーサリアムは暗号資産(仮想通貨)ETHで駆動するブロックチェーン。
09:55
米コインベース、「超党派法案はSECの主張する管轄権を否定」と指摘
米仮想通貨取引所コインベースは米SECとの裁判で仮抗告を求める最終書面を地裁に提出。FIT21法案が下院を通過したことも議論の補強材料としている。
08:15
JPモルガン、イーサリアム現物ETFの取引開始は大統領選よりも前と予想
仮想通貨の若い投資家や起業家の票数を獲得するために方針転換したバイデン政権がSECにETFを承認するよう仕向けたといった憶測が散見されている。
07:40
ドージコインのモチーフ「かぼす」、天国へ
仮想通貨の代表的なミームコインであるドージコインのモチーフになった柴犬「かぼす」が、息を引き取ったことが飼い主から報告された。イーロン・マスク氏らが哀悼の意を表している。
07:15
アルトコイン銘柄のETFが2025年に実現の可能性、SCBアナリスト分析
CFTCとSECの管轄と権限を明確に分ける仮想通貨業界の重要な法案「FIT21」が22日に米下院で可決されたことも業界にとって追い風となっており、仮に今後法律となった場合、より多くのアルトコイン銘柄のETFがローンチされやすくなると期待されている。
06:10
コインベース、PoWとPoS併用の仮想通貨銘柄「Core」上場予定
コインベースは最近、ソラナ基盤のデリバティブ取引所DriftのDRIFTトークンの新規上場も行った。また、オフショア版コインベースインターナショナルでは、昨日BONKやFLOKIの永久先物取引も開始する予定を明かした。
05/24 金曜日
17:59
コインチェック IEO「BRIL」が注目される3つの理由
暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックのIEO第3弾として注目されるブリリアンクリプトトークン(BRIL)。投資家が期待する3つの理由について、過去の国内IEOとの比較や親会社コロプラの強み、需給面やロードマップなどから分析。
17:49
深刻化する仮想通貨の盗難被害を専門家が分析、リスクと対策を解説|KEKKAI共同企画
仮想通貨投資家のGrypto氏がマルウェア被害でデジタルウォレットの資金を抜かれ大きな損失を被った事例が発生しました。さらなるハッキング被害を抑止するため、Web3セキュリティアプリ開発KEKKAIとCoinPostの共同企画で、ハッキングの手法や対策について解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア