CoinPostで今最も読まれています

米大手取引所ジェミニ:仮想通貨ライトコイン(LTC)を上場、ビットコインキャッシュ(BCH)は延期

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ジェミニ:ライトコイン上場、ビットコインキャッシュは延期
米国大手仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)はライトコインの上場追加を発表した。またビットコインキャッシュの追加は延期され、その詳細や延期期間も言及された。また躍進するジェミニの動向を時系列でまとめている。

ジェミニ:ライトコイン(LTC)を追加

以前コインポストでも報道したように、仮想通貨取引所「Gemini(ジェミニ)」にライトコイン(LTC)が正式に追加された。

ジェミニの公式サイト によれば、ライトコインの取引およびカストディサービスをサポートすると発表している。

日本時間の2018年10月13日(土)22:30にライトコインをジェミニアカウントにライトコインを預けることが可能となる、

取引の開始は日本時間10月16日(火)22:30から。

ライトコインは、ビットコイン(BTC)、イーサ(ETH)、ジーキャッシュ(ZEC)に続き、4番目にジェミニ上で取引可能な仮想通貨となった。

それを受け下記の取引ペアとサービスの提供を予定している。

ビットコインキャッシュ(BCH):追加延期

本来、ビットコインキャッシュの追加も予定されていたが、11月の半ばごろにハードフォークの可能性があり、そのうちのいくつかにジェミニが安全にサポートをするための保護機能が欠けている可能性があることから追加の延期を決定した。

11月の終わりごろまで延期するとしている。

最近のジェミニの動向

規制に準拠:米ドルペッグ価格安定通貨の発行

先月には様々な噂が立っているテザー(USDT)の代替手段となり得る、米ドルに裏付けされたERC20トークンであるGemini dollar(GUSD)の作成を発表。

この通貨は世界で初めての規制当局の認可を得た、法定通貨裏付け仮想通貨となった。

これまで仮想通貨のようにオープンかつ分散性を持ちながら、信用性があり規制されたデジタル版米ドルは無かった。

テザーなどは法定通貨を担保に無許可でデジタル通貨発行を行なっており、懸念が残る中で規制当局に認可される通貨が発表されたことはかなり重要な動きと言えるだろう。

現在GUSDが取引可能の取引所は以下の通りとなる。

出典:coinmarketcap

欧州進出

9月24日には有力経済誌ファイナンシャル・タイムズにて、ジェミニはイギリスへの進出を検討していると報道されている。

Gemini側からの正式な発表はないが、関係者によると、Geminiはイギリスでの仮想通貨取引とカストディサービスの提供に詳しい相談役を雇用したとのことで、近いうちにイギリス規制当局へ取引所開設認可申請を行うのではないか、と言われている。

また、米大手金融モルガン・スタンレーの調査によると、イギリスの仮想通貨取引高は、世界の取引高の1%に過ぎない一方、イギリスで登録されている取引所の数に注目すると、香港やアメリカを抜いて、世界1位となっている。

ニューヨークのウォール街とともに、国際金融市場の中心地であるシティ・オブ・ロンドンを抱えるイギリスは、ヨーロッパ進出の拠点として今でも重要な地位を占めていることが見受けられる。

世界の主要金融機関が結集しているだけではなく、世界中から集まる金融やにテクノロジーに精通した人材が豊富であることも、企業としては魅力的な点だと言える。

仮想通貨に保険適用

同取引所は、今月はじめにも新たな動きを見せている。

それは大手保険会社と提携し、ジェミニが運用・保有(カストディ)する仮想通貨に対して、保険を適用するというもの。

提携、主導した保険会社は、ニューヨーク証券取引所に上場している保険企業AON社で、Business Wireにて公式発表が行われた。

ウィンクルボス兄弟経営のGemini、顧客の仮想通貨に対して保険の適応を発表
仮想通貨取引所Geminiが運用する顧客の仮想資産に対してAon社から保険を取得した事を発表。同社の担当者は、「保険会社に情報共有を続けていくことは顧客保護につながるだけではなく、仮想通貨業界全体の消費者保護に対する期待を高めることにも繋がる」と言及した。

以上のようにジェミニは大きな動きを見せており、仮想通貨業界に大きな影響を与えていると考えられる。

今後の動向にも注目したい。

CoinPostの関連記事

ウィンクルボス兄弟の米仮想通貨取引所「ジェミニ」がイギリス進出を検討
米ニューヨークの仮想通貨取引所Geminiが、国際金融市場の中心地であるイギリス進出を検討していることが判明した。英国で登録されている取引所数は、香港やアメリカを抜いて世界1位となっている。
仮想通貨Gemini dollar(GUSD)の懸念点発覚、管理者によっていつでも凍結可能な状態にある
Gemini dollar(GUSD)はGeminiが発行するUSドルペッグ通貨(ステーブルコイン)ですが、この通貨がGeminiによって管理され、いつでも凍結可能な状態にあるという調査が発表されました。これはブロックチェーンの特徴でもある分散性を欠き、中央集権的な管理にあたるのではないかと物議をかもしています。
『超早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
10:00
米国の大統領選と仮想通貨政策、グレースケールが意識調査発表
仮想通貨投資企業グレースケールは、ビットコインなどに対する米国人の意識調査の最新版を発表。半数が今後仮想通貨に投資する見込みと回答していた。
08:45
Seiブロックチェーン、v2アップグレード後エアドロップ実施へ
並列処理可能なL1ブロックチェーン「Sei」は29日暗号資産(仮想通貨)SEIのエアドロップを発表した。
07:50
マウントゴックス「弁済はまだ準備中」
マウントゴックスのウォレットから仮想通貨ビットコインが大量移動し、売り圧の警戒が高まるも、弁済はまだ準備中であると同社は説明。弁済期限が徐々に近づく中、投資家は動向を注視している。
07:20
米上場のヘルスケア企業、62億円相当のビットコインを購入 株価高騰
最近仮想通貨ビットコインを財務資産として購入する企業が増えつつある。28日にはメタプラネットが新たに2億5000万円相当のビットコインを購入することを明らかにした。
06:30
2つのブラックロックファンド、1QにビットコインETF購入
グレースケールのGBTCは未だに同業他社より運用資産が多いが、ETFへ転換してから資金が大幅に流出しており、2位のIBITとはわずか20億ドルほどの差しかない。
06:05
トランプ氏、ビットコインが35兆ドルの米政府債務の解決に役立つか関心示す
仮想通貨ビットコインマガジンのデイヴィッド・ベイリー CEOはトランプ前大統領が米国政府の債務問題を解決するためにビットコインを活用できないかと尋ねたことを明らかにした。
05/28 火曜日
15:58
米マイクロストラテジー会長「ビットコインETF承認で資産クラスとしての地位は確固たるものに」
米マイクロストラテジー社のマイケル・セイラー会長は、今年1月に米国でビットコイン現物ETFが承認されたことで、機関投資家にとってビットコイン投資の地位が確固たるものとなったとその重要性を強調した。
13:50
Ledger Stax™配送開始 世界初の湾曲E Ink®タッチスクリーン搭載ウォレット
Ledger社が革新的なセキュア・タッチスクリーンデバイス「Ledger Stax™」の配送を開始。世界初の湾曲E Ink®スクリーンで暗号資産(仮想通貨)管理が簡単に。2024年夏に新規注文再開予定。
12:45
イーロン・マスク氏のAI企業「xAI」、9,400億円を調達
イーロン・マスク氏が設立したAI企業「xAI」は約9,400億円を資金調達した。「xAI」は3月、GPT4に匹敵するAIモデル「Grok-1.5V」をリリースしている。
12:25
7万ドル弱で揉み合うビットコイン、PEPEコインは過去最高値を更新
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが7万ドル目前で推移する。イーサリアムETF承認でミームコイン相場の投機熱が高まり、PEPEコインが過去最高値を更新し時価総額TOP20入りする場面もあった。
10:25
アービトラム、Web3ゲーム開発への出資で投票実施中 賛成多数
イーサリアムL2アービトラムのコミュニティはゲーム開発に2億ARBトークンを割り当てる提案の投票を開催中だ。現時点で賛成が多数を占める。
09:35
アルゼンチン、エルサルバドルからBTCについて情報収集
仮想通貨ビットコインの法定通貨化などについて情報収集するため、アルゼンチンの規制機関がエルサルバドル当局と会合を開いた。今後の計画も明らかになっている。
08:28
世界のビットコインETF、保有額100万BTC超え
米国の仮想通貨ビットコイン現物ETFへのエクスポージャーの20%以上が、大口投資家や機関投資家によって保有されていた。大手ヘッジファンドや、投資銀行、さらにはウィスコンシン州の年金基金までも含まれる。
07:20
JPモルガン「SECはETH以降はETFを承認しない可能性」
米SECはイーサリアム以降ソラナや他の仮想通貨の現物ETFを承認しない可能性があるとJPモルガンは分析。同社の幹部がその根拠を説明している。
07:00
フレンドテックの仮想通貨「FRIEND」急落、Baseチェーン離脱を嫌気か
Friend.techの移転先に関しては、L2ブロックチェーン「Blast」やソラナなどが候補に上がっている。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア