ブロックチェーンの波が商品市場に来ている:元JPモルガン幹部が発言

元JPモルガンの商品部門のトップであるBlythe Masters氏が、商品市場にブロックチェーンが来始めていると発言した。

同氏は、既存のサプライチェーンは複雑で非効率的であるとし、特に金属工業、鉱業においてそのデメリットが顕著であるとしている。

ブロックチェーンを用いることで、将来的にあらゆる商品の流通を追跡できるようになり、重要な書類なども安全かつ気密性を保って交換することができるようになると同氏は説明した。

そして、重要なデータ漏洩やセキュリティの脆弱性、大きなコスト、腐敗や非倫理的な取り組みなどのリスクを抱える先述の金属、鉱業においてはブロックチェーンのメリットはいうまでもなく大きいものになるという。

こうした分野では、スイスですでに原油を追跡するプロジェクトなどが検証段階に至っている。

参考記事:Watch out Wall Street, Blockchain is Coming: Fmr. JPMorgan Exec. Blythe Masters

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米金融大手JPモルガンの元要職:仮想通貨市場は今後遥かに大きくなる
米金融大手JPモルガンのトレーディングデスクを牽引していたMasters氏は、「金融市場のエコシステムにおいて、仮想通貨がどの部分を担うのかが重要であり、現在よりも遥かに大きな規模になり得る。」と考え、期待を込めました。
ブロックチェーンを活用した分散型IDとは?マイクロソフト:ホワイトペーパーを公開
マイクロソフトがDID(Decentralized Identities: 分散型ID)を可能にするプラットフォームについてのホワイトペーパーを公開した。同社が提供する「ウォレット型アプリ」によってユーザーがデジタルアイデンティティを独自に発行管理することができるようになるという。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加