CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン半減期が起きる時期は市場の低迷期と重なる=レポート

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

半減期のタイミング

米暗号資産(仮想通貨)取引所コインベースは5日、週次市場レポートでビットコインの半減期は、仮想通貨市場が低迷する時期と重なるという観点から注意を促した。

現在4月20日か21日に予定されているBTCの半減期は、価格上昇のきっかけとなる可能性があるが、仮想通貨市場やその他のリスク資産にとって通常、低迷する時期であるという問題に対処しなくてはならないだろう。

デジタル資産調査会社Brave New Coinのデータによると、2011年以降、ビットコインの月間平均運用益は10月から翌5月にかけての8ヶ月間は、約19.3%だったのに対し、6月から9月の4ヶ月間は通常2.7%だったという。

また、3月末から4月初頭にかけて、市場が全体的に価格を押し上げる「次の物語」を見つけようと模索する中、仮想通貨の取引高が引き続き鈍化しているとレポートは指摘した。

関連:ビットコイン週足は下髭陰線、半減期に向けた保ち合いの行く末は

半減期とは

ビットコインなど仮想通貨のマイニング報酬(=新規発行量)が半分に減るタイミングを指す。仮想通貨にはインフレを防ぐために「発行上限」が定められているものが多く、一定周期で訪れる半減期の度に、新規発行量が半分に減る仕組みになっている。供給量が減ることで希少価値が大幅に上昇し、価格が高騰しやすくなるため、仮想通貨特有の注目イベントでもある。

▶️仮想通貨用語集

デジタルゴールドとしてのビットコイン

米連邦準備理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長が3月29日と4月3日に、利下げに対する慎重なアプローチの継続を示唆するコメントを発したことを受け、仮想通貨やリスク資産は下落した。

一方、金(ゴールド)は、中央銀行による購入増加と地政学的リスクの高まり、またリフレが懸念される中、最高値を更新した。

レポートは金の価格上昇が、FRBの利下げとインフレ率の上昇の両方に関連していることに注目。市場がFRBの金利変更よりもインフレに注目し、ある種のインフレ上昇が予想以上に問題視される可能性に対しての懸念を示唆していると見ている。

そのため、ビットコインが「デジタルゴールド」の一形態として受け入れらつつあることにより、現在の市場体制において、新たな投資家層からの需要が生じる可能性があると、レポートは分析した。

そして、価格発見時においてボラティリティが持続するとしても、これまでのサイクルと比較すると、押し目買いがより積極的に行われる可能性が高いと予測。さらに米国におけるビットコイン現物ETF開始により、ビットコインの資金アクセスが拡大したことも、ボラティリティの低下に寄与する可能性があると付け加えた。

市場構造の変化

レポートによると、ETFの影響と機関投資家からの需要増加は、ビットコイン先物の建玉に現れているという。

CME(シカゴマーカンタイル取引所)のビットコイン先物建玉は99億米ドルで、単一の集中取引所(CEX)の建玉を上回り、ビットコイン先物市場全体(無期限と固定の両方を含む)の3分の1以上を占めている。

レポートは、2020年の半減期のサイクルと今回のサイクルを比較すると、市場構造が根本的に変化しているが、それはビットコイン現物ETFによって解放された資本がもたらしたものだと指摘した。

以上のような資本の流入や、需要と供給のバランスを考慮し、コインベースは、第2四半期の仮想通貨市場は「概ね発展的」な見通しとなると予測している。

関連:2Qは仮想通貨市場にとって強気となる可能性=コインベースレポート

関連:ビットコインの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、最適な取引所選び

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/17 月曜日
16:32
ビットトレード、アプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始
ビットトレード株式会社は6月19日からアプトス(APT)とトンコイン(TON)の取扱いを開始する。取引所、アプリでの利用が可能に。2つの暗号資産(仮想通貨)の性質について解説。
15:23
米大統領陣営、ビットコイン・ブロックチェーン戦略会議に出席予定
バイデン政権の高官が7月初旬、暗号資産政策に議論する円卓会議に出席予定。2024年大統領選に向けてトランプ前大統領との対決が注目される。
14:58
コインチェックIEO「ブリリアンクリプト(BRIL)」が上場 寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に
コインチェックIEO第三弾で史上最高の申し込み総額を記録したコロプラ小会社発行の暗号資産(仮想通貨)「ブリリアンクリプト(BRIL)」が本日上場した。寄り直後の最高値は公募価格4.6倍の99.6円に達し、その後乱高下しながら高い関心を維持した。
13:25
ドイツテレコム、T-Mobileを通じてビットコイン採掘を開始へ
ドイツテレコムがT-Mobileを通じて暗号資産(仮想通貨)ビットコイン採掘を開始する。ノード運用に続き、新たなWeb3技術への投資として注目を集めている。
13:13
バイナンス、ZKsync(ZK)新規取り扱い開始へ
暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスが新規銘柄ZKsync(ZK)の取り扱いを開始する。ZKsyncは主要投資家から720億円を調達した注目のプロジェクト、17日にトークンエアドロップを行う。
11:52
ブルームバーグETFアナリスト「イーサリアム現物ETFは最短で7月2日に承認される可能性」
ブルームバーグのETFアナリストは、イーサリアム現物ETFの承認日について最速で7月初旬になる可能性があると意見した。
11:49
ビットコイン週足陰線、初期OGホルダーの売却傾向も
暗号資産(仮想通貨)市場はマクロ経済の逆風を背景に軟調に推移。Willy Woo氏は、ビットコイン現物ETFが機関投資家に買われる中、ビットコインOG(Original Gangsta)と呼ばれる初期ホルダーの売却行動を指摘した
10:38
松本潤、新会社「MJC」設立 「仮想通貨の企画」に期待と懸念
旧ジャニーズのメンバーで嵐の松本潤がSTARTO ENTERTAINMENTを退所し、新会社「MJC」を設立。創造性と絆を重視し、仮想通貨(暗号資産)プロジェクトを含む多岐にわたるビジョンを掲げて注目を集めている。
06/16 日曜日
11:00
週刊ニュース|バイデン大統領の仮想通貨寄付を巡る動向に高い関心
今週は、バイデン大統領の選挙活動での仮想通貨寄付受付開始の可能性、イーサリアム現物ETF審査に関する米SEC委員長の発言、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析に関するニュースが最も関心を集めた。
06/15 土曜日
13:00
「CBDCの実証実験を行う先進国が増加」国際決済銀行レポート
国際決済銀行は中央銀行デジタル通貨についての調査結果を発表。特に先進国でCBDCの実証実験を行う国が増加していると指摘した。
11:30
エルサルバドル、ビットコイン投資家のための銀行設立を検討
この銀行は、ビットコイン投資家のためのもので、従来の銀行と比べて制限も少なくなる。承認されればビットコイン投資家が金融サービスを利用できるようになる。
10:10
バイナンス前CEOのCZ氏、BNB流通量の64%を所有=フォーブス
仮想通貨取引所バイナンスのCZ前CEOの資産総額がBNBトークンの価格上昇と共に増加。9.6兆円に達したと見積もられている。
08:50
ビットコインレイヤー2「Stacks」、9時間ほどブロック生成停止
仮想通貨ビットコインに属するレイヤー2ネットワーク「Stacks」は14日、ブロック生成が約9時間停止し、混乱に見舞われた。
08:30
金融庁、海外仮想通貨取引所LBankに警告
金融庁は6月14日、海外仮想通貨取引所「LBank Exchange」に対して、事務ガイドラインに基づき、無登録で仮想通貨取引を提供しているとして警告した。
07:55
BTC価格は25年末までに20万ドルへ=バーンスタイン
仮想通貨ビットコインの価格は25年末までに20万ドルまで上昇する可能性があると、バーンスタインのアナリストが予想を引き上げた。予想の根拠を説明している。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア