仮想通貨採掘大手Bitmainが自社製品に『チートマイニング:AsicBoost』実装を公式発表

Bitmainがファームウェア・アップデートを
マイニング最大手企業Bitmain社がS9対応の新たなアップデート、overtAsicBoostを発表した。これにより、各Antminer機種の将来的な効率が上昇し、強力で長期的なビットコインネットワーク構築のための枠組みを提供することができるという。
AsicBoost非対応のSlushPool
そんな中、Bitmainにとっても重要なビットコインのマイニングプールを運営するSlush Poolは、AsicBoostに未対応で、処置が完了するまでアップデートをしないようにユーザーにTwitterで呼びかけた。SlushPoolのこの状況に対し、Bitmain社が罰則を課すかは現状不明。

BitmainがAsicBoostを発表

マイニングマシン提供の最大手、Bitmainから新しいファームウェア・アップデートが発表された。

これはovert AsicBoostと呼ばれる機能をAntminer S9の機種でアクティブにするためのものだ。

また、同じ週のうちに以下のBM1387ベースのAntminer機種に対しても同様のファームウェアを発表する予定だ。

  • R4
  • S9i
  • S9j
  • T9
  • T9+

これにより、各Antminer機種の将来的な効率が上昇し、強力で長期的なビットコインネットワーク構築のための枠組みを提供することが可能になる。

当初、BitmainはAsicBoostを実装することの合法性に確信が持てなかったため、この機能を実装しない方針で決定していた。

いち企業として、特許法を犯したり、のちに厄介なことになりそうな行為はしないと決めていたのだ。

代わりにBitmain社は研究に集中、仮想通貨業界で最も効率の高いマイニングチップの開発に取り組んできた。

Bitmain社は、AsicBoostの採用を避けている間に、他社の製品にはAsicBoostが組み込まれて実際にマイニングが行われていることを確認していたが、今回AsicBoostと少し異なるovert AsicBoostを採用することとなった。

著作権に関しては、Bitmainは第三者機関の権利を尊重していると述べており、様々な領域の法的な視点に基づき、AsicBoostの利用が著作権関連で問題を抱えることはないと確信していると言及した。

今回のアップデートではAsicBoostを利用するか否かをユーザー自身で選択が可能となった。

また、Bitmainのテストネット上で試行されたテストによれば、AsicBoostを利用したマシンはマイニング効率が向上されたという。

Bitmainの公式発表では以下の通り述べられている。

Bitmainのもっとも重要な基本理念の一つは、ユーザーに業界で最高のマイニング技術を提供することだ。内部での入念な議論を重ねた後、今回我々はAsicBoostを、以下の二つの項目達成のために導入することを決定した。

将来的な効率化

仮想通貨マイニング技術は日々急速に進化していると同時に、マシンの減価償却費も上昇している。AsicBoostを利用することでマシンのマイニング効率を上げ、さらに今後のBitmainが提供するマイニング機器でも同様に効率化を図る事が可能となる。

強力なネットワーク

AsicBoostはマイニングにおけるコストも軽減し、ネットワーク全体のハッシュレートも上昇させる。これによりビットコイン・ネットワークをこれまで以上に強力なものにできる。

AsicBoost非対応のSlushPool

こうした中、ビットコインマイングプールを運営するSlush PoolがAntminer S9でこのBitmainの新たなファームウェアへのアップデートをしないよう、ツイッターで声明を出しており注目を集めている。

マイナーの皆様、

BitmainのS9機種のファームウェアを対象としたアップデートを行わないでください。BIP310基準に適合していない為、Slushpoolとも互換性が無くなってしまいます。

現在独自の修正アップデートを作成しております。

現在AsicBoostにアップデートするとマイニング機器がSlush Poolで利用できなくなるとのことで、同社はなるべく早い改善を試みると公式Twitterで述べており、Bitmainの新しいファームウェアはBIP310基準と互換性がない為、Slush Poolが対応を完了するまでの間、マイニングが不可能となってしまう。

その為、マイナーはbtc.comやAntPoolといったBitmain所有の他の対応マイニングプールに移る必要が生じる。

SlushPoolはBitmainのマイニングではデフォルト設定されている重要なマイニングプールだが、SlushPoolが利用不可能となる事態を受けて、BitmainがSlush Poolに対して罰則を与えるのかは現状不明だ。

Bitmainの広報担当は、今回のファームウェアに関する同社の公式発表以上のものなどについては触れなかった。

CoinPostの関連記事

中国仮想通貨マイニング業者撤退の実態を中国大手メディアが報道
仮想通貨の長期的かつ大規模な価格下落を受け、中国ではマイニング事業から撤退するマイナーも続出していることが中国大手仮想通貨メディアの報道で明らかに。複数のマイナーも利益が後退する上に、古いマシンが売れない実態があると語る。
BitmainがIPOを正式申請、財務詳細が公開|ビットコインキャッシュの高騰に影響か
世界最大の仮想通貨マイニング企業であるBitmainが香港証券取引所でIPOの申請を行なったことが明らかになった。その申請書の中で、Bitmainの財務詳細が公開され、着実な成長を遂げていることが示唆された。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用