米ナスダック:ニュース配信サービスに関する「ブロックチェーン特許」を取得

米ナスダックが「ブロックチェーン特許」を取得
安全に情報共有可能なニュース配信に向け、ナスダックがブロックチェーン特許を取得した。スマートコントラクトを用いることで、特定の時刻に特定の対象者へ直接情報を届けることもできる。

米ナスダックが「ブロックチェーン特許」を取得

米国証券市場システム「ナスダック」は23日、安全で確実なニュース配信に向けた「ブロックチェーン特許」を取得した。この特許は、プレスリリースや規制執行など、リリース時間が極めて大切になる情報について、ブロックチェーン技術を利用することで安全かつ確実に開示するというものだ。

2016年には、ニュース配信企業「MarketWired」を買収しており、ナスダックの自社顧客にもニュース配信サービスを提供している。

米国特許商標庁により公開された文書によると、ニュース配信サービスで利用されている既存プラットフォームでも、特定の時間に特定の情報を開示することは可能だ。

こういったプラットフォームは通常、Webベースのシステムで出来ており、近年は暗号化機能や情報へのアクセス制御、配布情報の編集・レビュー・承認等のワークフローなど様々な機能が追加されている。

問題解決手段にスマートコントラクト

一方で、既存プラットフォームは監査証跡を追いづらい、または全く証跡が残らない問題を抱えているほか、様々な機能が追加されたことでシステムが複雑化し、エラーが発生しやすいという問題も抱えている。

これらを解決するため、ナスダックが新たに取得した特許は、スマートコントラクトを使用することで、情報リリースのプロセスをシンプルかつ安全に変えるものだ。

この特許では、スマートコントラクトを用いることで、設定された時刻に選択された対象者に対し、直接情報を届けることができるようになる。情報はブロックチェーンに格納され、アクセスには複数の秘密鍵が必となる「マルチシグ」が用いられることもある。

さらに、編集、変更、承認といったワークフローもブロックチェーン上に残るため、情報公開にいたるプロセスが追えるようになるという。

ナスダックは、今年6月にも証券担保の効率化に関する概念実証(PoC)を成功させ、関連するブロックチェーン技術の特許を申請している。

仮想通貨取引所としての参入も検討

なお、ナスダックのCEO「Adena Friedman」氏は、CNBCの番組Squawk Boxにてインタビューを受け、どの程度の時間がかかるかは不明ながら、仮想通貨の将来は確約されていると主張、「市場が十分に成熟した場合、仮想通貨取引所としての参入も検討する」と言及するなど、仮想通貨業界に対する肯定的な姿勢を明確にしている。

CoinPostの関連記事

世界2位証券取引所ナスダック、『親仮想通貨派』の取引プロバイダーを買収
ナスダックの公式発表によれば、仮想通貨カストディサービス企業と提携中の取引ソリューションズプロバイダーCinnoberを買収、仮想通貨への積極的な姿勢が見受けられる。
ナスダックCEO:将来的に仮想通貨取引所としての参入を検討する
ナスダックのCEOを務めるAdena Friedman氏は、どの程度の時間がかかるかは不明ながら、仮想通貨の将来は確約されていると主張し、市場が充分に成熟したら仮想通貨取引所としての参入も検討すると語りました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加