CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨ビットコイン基軸のERC20トークン『WBTC』が来年1月に登場

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ERC20トークンWBTCの登場
WBTC (Wrapped Bitcoin) が、完全にビットコインに裏付けられたERC20トークンとして、2019年1月にイーサリアム上に登場することがプレスリリースより明らかになった。BTCの流動性と全ての分散型アプリケーションを強化するイーサリアム上のエコシステムを繋ぐ橋と注目される。

WBTCとは

WBTC (Wrapped Bitcoin) が、完全にビットコインの裏付けのあるERC20トークンとして、2019年1月にイーサリアム上に登場することがプレスリリースより明らかになった。

このイニシアチブは、ビットコインの流動性と全ての分散型アプリケーションを強化するイーサリアム上のエコシステムを繋ぐ橋となるだろう。

WBTCにより、イーサリアムネットワーク上において、ビットコインや新たなアプリケーションの活用が可能になる。

WBTCは、 BitGo, Kyber, そして Republic Protocol による長年の協力のたまものといえる。 MakerDAO,Dharma, Airswap, Gnosis, IDEX, Radar Relay, Compound, DDEX, Hydro Protocol, Set Protocolそして Prycto などの主要な分散型取引所や金融プロジェクトはWBTCの採用をサポートするだけでなく、ローンチメンバーとして参加する予定だ。

Kyber Networkの共同創立者でありCEOのLoi Luuは、

このイニシアチブは、ビットコインの流動性と拡大するイーサリアムのスマートコントラクト開発者を繋げることになるでしょう。

分散型取引所や金融プロトコルなどのイーサリアム上のアプリケーションは全て、シームレスにビットコインを利用することができ、今まで不可能であったビットコインとのトレードペアを作ることも可能になります。

同じく、取引所やローン、トークン決済などの多くの分散的なユースケースを持つことにより、ビットコインの利用法は拡大することでしょう。

と語る。

透明性とオープンネス暗号通貨セキュリティのマーケットリーダーであるBitGoは、ローンチ時のカストディアンとして参加する。

このイニシアチブの最重要機能は、透明性にある。全てのWBTCの発行は、完全オンチェーンでの裏付けと検証のもと行われる。

高いレベルの透明性を維持するため、プロジェクトのダッシュボードは、WBTC全額の未決済分に対応する量の全てのビットコインがカストディアンにより保管されていることを証明するproof-of-reserveにより動く。

WBTCの鋳造は、マーチャントから承認を得たカストディアンのみ可能であり、またWBTC保有者がビットコインに償還した場合、WBTCは焼却(バーン)されることになる。

これらの全てのアクションは双方のブロックチェーンで検証可能だが、これは暗号通貨にのみ可能なことだ。

どんなプロジェクトも、制限なく自身のプラットフォームにWBTCを導入することができるし、ユーザーはWBTCをサポートする交換サービスや取引所で簡単に購入できる。

ローンチから、これらはコミュニティにより運営され、ガバナンスは暗号通貨業界で有力なプロジェクトにより構成された自律分散型組織(DAO)を通して行われる。

DAOメンバーはカストディアンのウォレット残高とスマートコントラクトが整合していることを確認するため、WBTCを公的に監視することとなり、彼らはあらゆる組織の提案を、投票の上決定する。

新たな発行者やカストディアン、DAOメンバーを追加また排除する際は、DAO による透明性ある投票プロセス上で行われる。

ローンチ情報

初期の発行者やDAOによるこのイニシアチブは、2019年の1月に開始される予定である。

ローンチに先立ち、詳細の仕様は全ての暗号通貨コミュニティに知られるGithub/Gitter上で公開され、トークンやガバナンスモデルの向上のため議論と提案が行われる。

ローンチ時には、KyberとRepublic Protocolは自身のビットコインの在庫からWBTCトークンを予め発行し、ユーザーに初期の流動性を提供、アトミックスワップが行えるように準備する。

Republic ProtocolのCEOであるTaiyang Zhangは、

WBTCイニシアチブにアトミックスワップの技術を加えることで、ユーザーがBTC/WBTCを安全に預け、引き出すことができます。それによりWBTCが広く採用されることになるでしょう

と語る。

WBTCはBitGOのエンタープライズ・ウォレットや、Kyberを使うあらゆる交換所、ペイメント、dappsでサポートされ、BitGoは初期の規制されたカストディアンとなる。

このイニシアチブがビットコインに焦点を当てている一方、同じ手法で他の主要コインをイーサリアムで活用することが可能だ。

BitGOのCTOであるBenedict Chanは、

最も広範に採用されている暗号通貨をイーサリアム上でトークン化することに大変喜んでいます。

これは素晴らしく柔軟性があり、ブロックチェーンを強化する試みであり、より高い相互運用性とユーティリティをエコシステム全てに与えるでしょう

と、述べた。

このイニシアチブに関わる詳細情報に関しては、ぜひ wbtcのホームページ を御覧ください。

パートナーからの引用

「WBTCは透明性、セキュリティがあり、低リスクのビットコイントークンであり、イーサリアム上で構築された分散型金融システムが恩恵を受けることができます。双方のブロックチェーンとユーザーは、WBTCにより大きな便益がもたらされるでしょう」

– Robert Leshner, Compound CEO

「私たちは今、イーサリアム上にデプロイされる金融デリバティブの波を目の当たりにしています。最初はステーブルコインであり、そして今はビットコインです。

WBTCの導入は開発者が資産をインターオペラブル・プロトコルで扱うことを可能にし、トレーダーはアンダーライングをトレードすることなく、エクスポージャーを受け取ることができます。これはトークナイゼーションのトレンドの一つであり、今後も他のアセットクラスに継続して広がっていくはずです」

– Michael Oved, Airswap CEO

「WBTCをイーサリアムに持ち込むことで、暗号通貨全体の60%以上のマーケットをイーサリアムに開放することになります。この実験は、イーサリアムに他のパブリックチェーン資産を持ち込むための前例となります。」

– Bowen Wang, DDEX Co-Founder

「イーサリアム上の一構成としてWBTCを導入することに非常に興奮しています。WBTCの導入は暗号通貨のカバレッジを大幅に成長させることになります。」

– Felix Fang, Set Protocol CEO

「BTCのエクスポージャーが加わることは、イーサリアムの分散型金融業界を大きく前進させることになるでしょう。WBTCをDharmaに導入し、顧客に提供できることを非常に嬉しく思います。」

– Brendan Foster, Dharma Protocol Head of Growth Ops

「改善しているとはいえ、流動性は分散型アプリケーション、プロトコル、および取引所のエコシステムにとって最大の課題の1つです。我々はWBTCが成長しているイーサリアムベースの分散型エコシステムにビットコインの流動性をもたらすことを嬉しく思っています。」

– Leor Tasman, Prycto CEO

BitGoはブロックチェーン資産のセキュリティ、コンプライアンスや管理ソリューション暗号通貨サービスを提供している、暗号通貨業界のリーダーです。

BitGoは、全世界のBitcoin取引の15%を処理する世界最大のオンチェーン・ビットコン・プロセッサーであり、すべての暗号化通貨で月額150億ドルを処理しています。

同社はウォレットに20億ドル以上の資産を保有しており、世界最大の暗号化通貨取引所を含む50カ国以上に及ぶ顧客基盤を持っています。

2018年には、デジタル資産を格納する目的で最初に認められたカストディアンであるBitGo TrustCompanyを立ち上げました。 BitGoはカリフォルニア州パロアルトに本社を置き、スーフォールズ、ロンドン、シンガポール、東京にオフィスを構えています。

Kyber Network

Kyberのオンチェーン流動性プロトコルは分散型トークン交換をあらゆるアプリケーションで統合可能にし、エコシステム内のあらゆるプレイヤー間の価値交換をシームレスにできます。

開発者はこのプロトコルを使い、瞬時のトークン交換とERC20決済、そして金融DAppsなど革新的な決済フローやアプリケーションを構築できます。これにより、あらゆるトークンがどこでも活用可能な世界の実現を目指します。

About Republic Protocol

Republic Protocolは分散型ダークプール交換プロトコルであり、大量のデジタル資産の交換をサポートします。

これは価格やボリューム、オーダーを公表すること無くオーダーマッチさせるための、複数プレイヤー間のセキュアな計算を行う分散型ネットワークです。RepublicProtocolによるダークプール交換は、ダークプールのルールが決して破られないよう保証しつつ、最小限のスリッページと市場への影響で多額のトレードをサポートできます。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
01/31 火曜日
15:59
英プレミアリーグ、Sorareと複数年パートナーシップ締結
大手ブロックチェーンゲーム会社Sorareは、英サッカー団体「プレミアリーグ」と複数年のライセンス契約を締結したことを発表した。Sorareはプレミアリーグとの正式な契約金を非公開としている。」
14:32
TOEICやトヨタ、DX化で加速するブロックチェーン導入事例
日本でTOEICテストを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会は、TOEIC® Program公開テストのスコアに、ブロックチェーン技術を活用したデジタル公式認定証を導入することを発表した。
13:09
米サークル社、USDC準備金の監査済「担保資産」の保有を強調
米ドル連動型ステーブルコインUSDCを発行する米サークル社は、2022年12月の準備金レポートを公開。流通しているUSDCを約1.4億ドル上回る準備金を保有していることがわかった。
12:00
Sudoswap、ガバナンストークンを配布
NFTの自動マーケットメーカープロトコル「Sudoswap」は、ガバナンストークンSUDOのエアドロップを実施。プロジェクトの分散化のために、トークンベースのガバナンス機構をスタートした。
11:56
FOMC前に株や仮想通貨反落、ナイジェリアでBTCプレミアム急騰の背景は
FOMCを控え米株指数や仮想通貨相場は全面安に、高騰していたアルト下落が顕著にみられた。一方、アフリカ大陸のナイジェリアではビットコイン・プレミアムが一時60%発生した。
11:50
アラメダ、Voyagerに500億円超の返還求める
破産した仮想通貨投資企業アラメダリサーチは、米国の破産裁判所に訴状を提出。Voyager Digitalに対して、ローン返済分として支払った約580億円の返還を求めている。
10:50
国内初上場、bitbankがOasys(OAS)の取り扱いを発表
国内発のゲーム特化型ブロックチェーンのOasysは、ネイティブOasys(OAS)について、暗号資産(仮想通貨)取引所bitbankへの新規上場が決定したことを発表した。
10:30
LayerZero、脆弱性に関する指摘に反論
LayerZero LabsのCEOは、同社プロトコルのスマートコントラクトに脆弱性があるとの指摘に反論。仮想通貨の盗難につながる可能性もあるが、これは仕様であると説明している。
10:05
東欧モンテネグロ、リップル社とデジタル通貨の実証実験へ
モンテネグロのアバゾビッチ首相は、リップル社と協力してデジタル通貨またはステーブルコインを構築する実証実験プロジェクトを開始したと発表した。
08:30
マスターカード、ブラジルでバイナンスのプリペイドカード発行へ
仮想通貨取引所大手バイナンスは金融大手マスターカードと提携し、ブラジルでプリペイドカードを発行開始。
07:45
ツイッター、仮想通貨の決済機能導入か
ツイッターは、決済機能の導入に向けてソフトウェアを開発をしていることがわかった。Elon Musk氏は、仮想通貨機能を追加できるようにしたいと考えているという。
07:20
米株市場・仮想通貨全面安|31日金融短観
本日のニューヨークダウは7日ぶりに反落し、ナスダックや金先物なども全面安。ドル相場はFOMC政策金利や米雇用統計などの重要発表を前に買い戻された。
01/30 月曜日
17:15
YGG Japan、プライベートラウンドで4億円相当を資金調達
株式会社ForNは、YGG Japanがプライベートラウンドでスクウェア・エニックスやセガなど18社から4億円相当の資金調達を完了したことを発表。環境整備し「職業ゲーマー」の輩出を目指すとした。
15:47
岸田総理、メタバースなどデジタル技術用いた地方活性化に意欲 予算委員会の答弁で
自民党の神田潤一議員が衆院予算委員会で政府の「Web3政策」について質問し、地方創生に関するデジタル化推進提案を行った。これに対し岸田総理は、メタバースなど最先端デジタル技術を取り込んだ地方活性化に前向きな姿勢を示した。
12:43
米バイデン政権、仮想通貨のリスク軽減に関するロードマップを発表
米ホワイトハウスは仮想通貨のリスクを軽減するためのロードマップを発表。米議会に対し規制整備のための努力を強化するよう要請する一方で、仮想通貨と既存の金融システムの融合については「重大な誤り」と警告した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア