ピクセルカンパニーズ株式会社、エストニアの仮想通貨取引所CoinCoin OÜを子会社化へ

東京に拠点を置くピクセルカンパニーズ株式会社は、同社の連結子会社である海伯力(香港)有限公司を通じ、エストニア共和国における仮想通貨交換業に関するライセンスを保有するCoinCoin OÜの全ての出資持分を取得することについて決議し、持分譲渡契約を締結した事を発表した。

同社グループの中心的事業として、フィンテック・IoTデバイスの開発・製品化、マイニング事業やブロックチェーン技術を用いたシステムの開発受託事業を行っている。

CoinCoin社は、既にエストニア国内で仮想通貨交換業を行うためのライセンス及び電子的に資産を預かることができるライセンスを取得しており、事業開始に向けた準備を行っている。

2019年12月中を目途に事業展開や投資計画等の方針等を決定し、今後の事業開始を進める予定となっているという。

参考記事:仮想通貨関連事業の事業領域拡大に向けた取組み

▶️本日の速報をチェック

CoinPostのおすすめ記事

ビットコインなどの仮想通貨が資本市場で「生き残る確率は55%」|ブルームバーグ主催討論会
米大手メディアBloomberg主催の討論会にて、ビットコインや仮想通貨が現在の金融市場と資本市場においてどのような受け入れ、道を辿っていくかという注目の議論が行われた。
カナダの小規模仮想通貨取引所が全資産を流失、補償不可と閉鎖を告知|その真相は?
カナダのアルバータ州発の小規模ビットコイン取引所『MapleChange』は全資産を流出したものの、弁償ができず、業務を停止すると発表をおこなった。一連の動きから実際は出口詐欺ではないかという疑惑が指摘されている。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら