【更新】大手仮想通貨取引所Coinbase:IPOは2019年に行わない|「数千もの取引ペア」の提供を目指す意向を発表

Coinbaseが数千もの仮想通貨の上場を目指す
仮想通貨取引所CoinbaseはSeries E 資金調達ラウンドを行い、3億ドル(約330億円)を調達することに成功したことが明らかになった。またその調達された資金の利用先として注目を浴びたのが、「仮想通貨ペアの迅速な追加」で、将来的に数千もの通貨ペアを上場する意向を示した。アルトコインにとって極めて重要な動きとなる。
CoinbaseのCOO:IPOは優先順位に入っておらず
ブルームバーグの取材にて、同社のCOOは2019年を含む近い将来にはIPOを行う予定は無く、まずは優先順位の高い売上改善を進行させると明言した。

新たな資金調達

仮想通貨取引所CoinbaseはSeries E 資金調達ラウンドを行い、Tiger Global Managementを筆頭に、Y Combinator Continuity、Wellington Management、Andreessen Horowitz、Polychainなどの企業から3億ドル(約330億円)を調達することに成功し、その評価額が80億ドル(約8800億円)に達したことが、米時間10月30日の公式ブログに明らかになった。

*追記:IPOは優先では無い

10月26日には、CNBCの”CryptoTrader”という番組の司会者を務めるRan NeuNer氏がCoinbaseの資金調達を示唆するビデオを投稿、また10月上旬にもRecode社は、関係者によって、CoinbaseがIPOをした場合、その評価額が80億ドル(約8800億円)に達することになると記述され、注目を集めていた。

しかし、最新の米有力紙ブルームバーグの取材内で、同社のCOOを務めるAsiff Hirji氏は、IPOに関する動きは現状ないと以下のように否定した。

2019年や、近い将来にはIPOは行わない。現段階では、進めるべきプロジェクトや業務が多くて。

いずれ、IPOはするが、現在の優先順位リストには入っていない。

財政上、我々は売上を分散し、予測のできる売上にしたいので、まずはこのような財政管理等の内部管理を成し遂げることに専念している。

数千種類の仮想通貨取扱を示唆

Coinbaseは今回調達された資金を使うことで、以下の4つの目的を掲げている。

  • 国際進出
  • 仮想通貨ペアの迅速な追加
  • 仮想通貨実用性の向上
  • 業界への企業の進出の促進

国際進出のプロセスに関しては、すでに日本への進出も明言しており、金融庁の仮想通貨交換事業者登録の取得へ乗り出している事が明らかになっている。

しかし、これらの動き中でも最も注目されているのが仮想通貨ペアの迅速な追加だ。Coinbaseの公式ブログでは、以下のように記述された。

「私たちは、現時点で弊社取引所に追加できるような仮想通貨が数百も存在していることを認識している。そして、その基礎を構築し、将来的には数千もの通貨ペアをサポートしていきたいと考えている。」

現在、取引所Coinbase Proにて取り扱われている仮想通貨がビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、0xの6通貨であることを考えると、今後同取引所が積極的に取引ペアを追加していくことが改めて示唆され、その対応通貨の数が大きな話題を呼んでいる。

コインベース上場の重要性

米コインベースは、米国の法令に準拠した取引所だ。

取引所の出来高こそ、世界から取引されるBinanceやOKExなどといった取引所の出来高には及ばないものの、米規制当局とも密接な関係を築き、法律に準拠し運営を行う、世界の中で信頼度が極めて高い仮想通貨取引所であると言える。

その信頼性から、流動性の観点と並行して、仮想通貨に最も必要な信頼性の側面での上場インパクトが同取引所への上場で見られている。

特に数千と扱うことを考えると、時価総額下位の通貨も入ってくるため、その影響は計り知れない。

その上場プロセスを実現させるのは、投資ラウンドで調達した資金の利用先として国際進出となるだろう。

というのも、Coinbaseが9月24日、新規上場ポリシーを刷新し、これまでの申請方法からオンラインの申請方式に切り替えることで、取扱通貨の種類を急速に拡大する意向を示している。

米国内では有価証券の問題などで揺れており、上場が難しい通貨も、他国の法律に準拠する形で上場を可能にさせる狙いとなる。

しかし、先ほどにも述べた上場インパクトに当たる信頼性は担保されると考えられ、同社のプロジェクト調査や審査を通貨することでの通貨の信頼性向上の恩恵は十分にあると言えるだろう。

関連事業展開

また、今月10月に同社のカストディ部門は、ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、イーサクラシック、XRP、ライトコインの6通貨のカストディにおいて、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)から公式に認可を受けた。

同月10月にCircle社が発行するアメリカドルに裏付けられた安定通貨USD Coinも取引所Coinbaseに上場することが発表されており、既述の4つの目的に沿って着実な歩みを進めている。

Coinbaseの利益

このような取り組みに加え、海外大手メディアBloomberg は、仮想通貨市場が2018年に入ってから大きく下落した中でも、Coinbaseの利益は上昇していることを主張した。

同記事によると、2016年に1700万ドル(約19億円)であった同社の売り上げは、2017年に9億ドル(約1000億円)を超え、2018年は約13億ドル(約1470億円)の売り上げを見込んでいると記述された。

その利益に関しては、2016年に1600万ドル(約18億円)の損失を計上していたにも関わらず、2017年には3.8億ドル(約430億円)まで利益を高め、2018年は4.5億ドル(約500億円)相当を見込んでいるとされた。

CoinbaseのCOOは、公式ブログにて以下のようにコメントしている。

「私たちは、Coinbaseのエコシステムが今後、その規模、影響、インパクトにおいて伸び代しかないと考えている。そして、最終的には、より寛容で世界的な金融システムの構築を先導していくだろう。」

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米Coinbase仮想通貨カストディにXRP(リップル)が新規追加|NY州金融当局の認可で適格機関に
仮想通貨取引所CoinbaseがCircle社の発行するUSDコイン(USDC)の上場を発表。またCoinbaseカストディがニューヨーク州から正式に適格カストディアンとして認定され、今後機関投資家の資産管理が可能となった。
ICO Ratingが仮想通貨取引所100社のセキュリティー格付けを公開|Coinbaseが1位、Zaifは89位に
ICO評価サイトのICO Ratingが仮想通貨取引所セキュリティ格付けレポートを発表した。仮想通貨取引所は現在200以上あると言われているが、今回は取引量が1日で100万ドル以上を記録している上位100の取引所を対象にセキュリティーに関する調査と格付けが行われた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら