マイクロソフトExcel拡張機能開発でビットコイン決済が可能に|仮想通貨ユースケースの拡大へ

仮想通貨ビットコイン高速決済『ライトニング・ネットワーク』を可能とするExcelの拡張機能ソフトが開発された
ビットコインの決済速度問題を解決しようとする『ライトニング・ネットワーク』をより簡易に実装するマイクロソフト・エクセルの機能拡張ソフトを開発されたと判明した。
ライトニング・ネットワークとは
日常的な細々とした支払い/決済(マイクロペイメント)を、ビットコインを使ってより手軽に行えることを目的とした、ビットコインのセカンドレイヤーで機能するオープンソースプロトコル。2015年に研究者のタデウス・ドライジャ氏とジョセフ・プーン氏が発案し、ホワイトペーパーで公表した。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

Excelの拡張機能でBTCライトニングネットワークが可能となるか

独立ビットコインアドバイザー兼ソフトウェアエンジニアであるPierre Rochard氏は、先日、ツイッターにて、仮想通貨ビットコインの低コストかつ高速な決済システムとして注目されている『ライトニング・ネットワーク』(以下LN)を可能にするマイクロソフト・エクセルの機能拡張ソフト(プラグイン)を開発したと明かした。

LND(ライトニング・ネットワーク・Daemon)のノード・ソフトウェアはこらからエクセルの拡張機能の内部で動作する。

『neutrino』というこの拡張機能は、ユーザーがエクセルを使うだけで、LNによる入出金が可能となる。

ソフトウェアを使ったLNとは

Rochard氏によれば、『neutrino』とは、LNプロトコル上のソフトウェアソリューションとなるが、莫大なデータ量をパソコンにインストールしなくてはならない(所謂)フル・ノードなどの実装は必要無いという。

現在では、すでにいくつかのLN実装ソフトウェアが作られており、Rochard氏の『neutrino』は、LND(ライトニング・ネットワーク・Daemon)というβ0.5バージョンとなるそうだ。

一般ユーザー向けではない

一方で、Rochard氏はこの拡張機能ソフトを「万人受けではない」と説明した。

彼によると、いわゆる「パワーユーザー」というエクセル使用の熟練者向けに作った機能だという。

また、「9割以上の金融/会計ビジネスは、エクセルを使っている上で、決済にも活用している」とも言及した。

つまり、この新機能はビジネス向けのビットコイン決済の普及を向上させるための一つの「武器」となりえるかもしれない。

また、同氏は、このLND商品を10月末に公開すると明かしている。

LNシステムの実装が進む中で、すでに知られているソフトウェアに実用性の見込めそうな機能拡張を行う開発は、現状ネットトラフィックが高く、決済速度が遅いとされるビットコインの実用性向上と普及には、とても有意義な進歩と考えられ、ユースケースの拡大は、今後の仮想通貨において重要なプロセスの一つとなるだろう。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

CoinGateがライトニングネットワークを使ったビットコイン高速決済を4,000の事業者に拡大
リトアニアの仮想通貨決済サービスCoinGateが、ライトニングネットワークを使った高速な決済の提供を開始。同社は控えめにコメントをしたが、マイクロペイメントの普及に向けた大きな一歩となると思われる。
半年間で25倍の成長率に:ビットコインのライトニングネットワークが順調に拡大
ビットコインライトニングネットワークの専門検索、分析サイトである「1ML」にて、ネットワークキャパシティが100BTCを上回り、ノード数、チャネルともに前月比で大幅上昇。順調に拡大中であることが明らかになった。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します