CoinPostで今最も読まれています

エチオピアの仮想通貨事情、禁止から規制へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

政府が方針転換

暗号資産(仮想通貨)カルダノ(ADA)のアフリカにおける投資・商業部門「Emurgo Africa」は、新たなレポートでエチオピアの仮想通貨を取り巻く状況について報告した。

エチオピアは、この2年間で暗号資産(仮想通貨)の全面禁止から、仮想通貨とブロックチェーン技術のメリットを慎重に検討する方向へと転換してきた。現在同国では ビットコイン(BTC)マイニングが活発化し、モバイル送金サービスも成長を続けている。

エチオピア国立銀行(NBE)は2022年6月、仮想通貨取引を違法とする声明を発表。国内で取引した場合は法的措置を講じると警告した。

しかし、その2ヶ月後の2022年8月、エチオピア政府は大きな方針転換を図る。情報ネットワークセキュリティ庁(INSA)は、すべての仮想通貨事業者に対し同庁への登録を義務付ける指令を出し、規制を通してリスクをコントロールした仮想通貨の使用を許可する方向へ舵を切った。

エチオピアでは仮想通貨の使用を許可する法律はまだ定められていないが、政府は国際送金やデジタルIDの利用など、ブロックチェーン技術の利点を十分に認識してしている。INSAとその他の政府関連団体は現在、仮想通貨セクターの運営、経済的影響、環境への影響について包括的な監督を行うことを目的としたガイドラインを策定中だという。

アフリカで2番目に多い1億2,300万人の人口を抱えるエチオピアでは、個人投資家の積極的な活動の幅が拡大しており、仮想通貨ユーザーは180万人を超えている。

安価な電力とマイニング事業

レポートによると、エチオピアには約5,200MWの発電設備があり、水力発電が全体の約90%を占めているという。さらに新たなダムの建設が最終段階を迎えており、5,150MWの容量が見込まれている。

首都アディスアベバは、安価な電力と運営コストの低さから、ビットコインのマイニングに適した地として、世界中の個人マイナーから注目を集めている。特に2021年に仮想通貨取引とビットコインマイニングを禁止した中国からのマイナーの流入が急増した。

エチオピアでは2022年以降、ビットコインマイニングを許可している。同国はこの10年間、中国との関係を強化してしてきたが、マイニング事業も例外ではないようだ。

エチオピアのエネルギー庁は21のマイニング企業と電力契約を結んでいるが、そのうちの19社は中国企業だったとブルームバーグが報じた。ダムの建設にも多くの中国企業が参加した。

今年2月、エチオピア政府の投資部門であるEthiopian Investment Holdings(EIH)は、香港に拠点を置くWest Data GroupのCenter Serviceと、2億5000万ドル(約393億円)の契約を結び、ビットコインのマイニング事業を開始する運びとなった。

モバイル送金サービスの拡大

エチオピア政府は、金融包摂問題解決のためにも、イノベーションと技術進歩の促進に力を入れている。中でもモバイル送金は、これまで銀行口座を持たなかった層の受け皿として注目されている。

同国のフィンテック環境と規制の枠組みが整備されたことにより、モバイル送金サービス「M-PESA」が、エチオピア市場に進出した。M-PESAはケニア最大の通信事業者SafaricomとVodafonの提携で誕生した企業で、ケニアはもとよりタンザニアでも成功を収めた。

M-PESAはエチオピア中銀からライセンスを取得し、エチオピア市場での利用を拡大しつつある。現在、同社のネットワークは人口の33%をカバーし、310万人のアクティブユーザー、2万6,000の現金引き出し地点、4万3,000の加盟店を抱えているという。

エチオピアの通信企業Ethio Telecomは、3,400万人のユーザーを抱え、独自のモバイル送金サービスを運営する競合会社だが、仮想通貨の採用という点ではM-PESAが先んじている。M-PESAは、大手仮想通貨取引所バイナンス及びPaxfulで仮想通貨とステーブルコインの売買が可能だ。

M-PESAのプラットフォームに慣れ親しむことで、エチオピアの人々が仮想通貨の売買に簡単に対応できるようになるとレポートは主張した。

デジタルID

エチオピアでは、教育における不正、例えば卒業証書や成績証明書などの偽造が蔓延しており、雇用主や学術機関、そして学生自身にとっても大きな問題となっている。

政府はこの問題に対処するため、2021年にInput Output Global (IOG)と 提携し、カルダノ・ブロックチェーンを基盤とする学生向けのデジタルIDプログラムを、約3,000校に導入した。

政府はIOGとともに、分散型デジタルIDソリューションを用いて、国内の学生と教師の資格情報に関する全国データベースの作成を目標に掲げている。

ブロックチェーン技術により、改ざんや偽造のリスクを排除し、学歴の真正性を確保することで、個人の学歴確認のために信頼できる手段を提供する。また、承認された関係者のみがアクセスできるため、学生のデータのプライバシーと機密保持が高められる。

このような取り組みを評価した世界銀行は昨年12月、エチオピア国民9,000万人を対象としたデジタルID促進のため、3億5,000 万ドル(約551億円)の融資パッケージを承認した。

関連:ビットコインの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、最適な取引所選び

関連イーサリアムの買い方|初心者が知るべき投資メリット、リスク、おすすめ取引所選び

関連ソラナ(SOL)おすすめ取引所、手数料・ステーキング・出庫機能を徹底比較

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/15 月曜日
17:28
「トランプ陣営の仮想通貨支持は選挙戦略に過ぎない」アーサー・ヘイズ氏は懐疑的な見方示す
仮想通貨取引所BitMEXの創業者で前CEOのアーサー・ヘイズ氏は、仮想通貨コミュニティに対し、強力に仮想通貨支持を打ち出すトランプ陣営の戦略を盲信しないように注意を喚起した。
12:47
仮想通貨企業へのVCの投資意欲、4~6月も改善傾向=ギャラクシーデジタル
ギャラクシーデジタルは2024年第2四半期における仮想通貨企業への投資市場を分析。Web3やビットコインL2が活発だと報告した。
12:46
トランプ前大統領、予定通りビットコイン・カンファレンスに出席意向
ドナルド・トランプ前大統領の暗殺未遂事件が全米を揺るがしたが、「ビットコイン2024」はトランプ氏のイベント登壇予定に変更はないことを報告した。
09:00
deBridgeのエアドロップ機会 ポイ活で仮想通貨DBRを獲得する方法
「deBridge」の特徴や使い方を詳しく解説。仮想通貨DBRトークンのエアドロップ情報も紹介。ポイント活動でのエアドロップが期待されています。
07/14 日曜日
15:00
AI・DePIN銘柄RNDRとIOの買い方 DEX使用
2024年の生成AIモデルやエヌビディアの躍進により、Render Networkとio.netが注目される。暗号資産(仮想通貨)RNDRとIOの特徴、将来性、買い方について解説。
11:30
ビットコイン値固め、ドイツのBTC売り圧解消なら相場にプラス|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、マウントゴックス(Mt.Gox)懸念などで900万円割れまで暴落した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。来週以降は、アク抜けからの復調までもう少しの辛抱か
11:00
週刊仮想通貨ニュース|Bitwise幹部によるBTC価格予想に高い関心
今週は、Bitwise幹部によるビットコイン価格予想、JPモルガンのアナリストによるビットコイン相場分析、米共和党による仮想通貨支持発表に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|ビットコイン売り圧・BONK焼却・バイナンスの上場廃止など
今週は米6月CPIが相場へ影響を及ぼしたほか、ドイツ政府のビットコイン売りでの異変や、ソラナに関連する重要なアップデートなど複数の仮想通貨銘柄情報も注目されている。
07/13 土曜日
14:00
直木賞作品『宝島』映画へ小口投資可能、Securitize Japanがセキュリティトークンを発行へ
Securitize Japan株式会社は、直木賞受賞作『宝島』の実写映画に関するセキュリティトークンを発行すると発表した。
13:00
MakerDAOのRWAトークン化コンテスト ブラックロックなどが応募を計画
MakerDAOのDeFiプロトコルSparkは、現実資産(RWA)トークン化コンテストを発表。ブラックロック、スーパーステート、オンドなどが応募を計画している。
12:00
米デリバティブ大手CME、仮想通貨XRPとICPの指数を提供へ
米大手デリバティブ取引所CMEは11日、仮想通貨XRPとICPのリアルタイム指数および参考基準レートを新たに提供する予定を発表した。両銘柄の価格はニュースを受け値上がりしてい流。
10:30
米SEC、ビットコインL2・仮想通貨「Stacks」への調査を終了 法的措置行わず
米SECはビットコインのL2プロジェクトStacks(STX)への調査を終了。証券性をめぐり法的措置を行う予定はないことを意味する。
09:55
ソラナ基盤のDePIN「グラス」、クローズドベータ版の最終段階へ
ソラナ基盤のDePINプロジェクト「グラス」は13日、クローズドベータ版の最終エポックを日曜日に始まると発表した。より大規模なネットワーク構築へ向けて普及を進めている模様だ。
08:00
コインベース、今後の仮想通貨相場を分析
24年3Qの仮想通貨市場は価格変動が大きくなる可能性があると分析したレポートをコインベースが公開。その根拠を説明している。
07:20
米ジェネシスもビットコイン売りか、弁済のため1200億円相当を取引所へ入金
破綻した仮想通貨融資企業ジェネシス・トレーディングにリンクするウォレットから、コインベースに12,600 ビットコインを送金していたことが判明した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧