CoinPostで今最も読まれています

ロシア知事、マイニングファーム発足のためマイナーをサンクトペテルブルク(レニングラード)に招待

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

ロシア政府は仮想通貨マイニング事業に積極的に関与
レニングラード旧原子力発電所を使用してマイニングファームを発足し、政府所有のファーム設立を検討中。
マイニングには広大なスペースと安い電力が必要である
ロシアの核資産を管理しているロサトム社と提携し、旧発電所で質の高いサービスを提供できる。
マイナーを支援するプロジェクトを発表
マイニング事業を広めるために電力の補助金を出すなどの支援をする。

ロシアのサンクトペテルブルク、レニングラード地域で、ビットコインを含む仮想通貨マイニングの工業団地を発足させようとする動きが始まっています。地域の知事が、レニングラード旧原子力発電所を使用して、産業規模のマイニングファームを作るために、サンクトペテルブルク付近のソスノヴィ・ボールにマイナー達を招待しました。

レニングラード移転を促すため、マイナーを招待

地方紙によると、ロシアのレニングラード地方知事であるAlexander Drozdenko(以下ドロズデンコ氏)は、マイニングファームを地域に発足させるため、仮想通貨のマイナー達を招待しました。

先週行われた、地域の中小企業(SMEs)のための、”機会エネルギー”と呼ばれる第三次フォーラムで、ドロズデンコ氏第一レニングラード原子力発電所(LNPP)は、仮想通貨マイニングファームとして活用できるのではないかと提案しました。このイベントには、600人の起業家や連邦政府の代表達が参加しました。

レニングラード地域は、北西をフィンランド、西をエストニアとサンクトペテルブルクに囲まれた場所に位置しています。ソスノヴィ・ボールでの最初の原子力発電所である第一レニングラード原子力発電所は1974年に操業されました。

現在は、その隣で第二レニングラード原子力発電所(LNPP-2)の稼働準備が始まっています。

「ご存知の通り、ソスノヴィ・ボールでの第二レニングラード原子力発電所の建設は終了し、第一レニングラード原子力発電所には大きなスペースができました。」

ドロズデンコ氏は説明し、この敷地は仮想通貨マイナー達にとって有益な場所になるかもしれないと付け足しました。

47News では、

「レニングラード原子力発電所の新しい発電装置の建設の際、製造施設は解放され、早くて2018年にも新しい入居者を迎え入れることができるでしょう。」

と言われています。

安価なエネルギーと特典

ドロズデンコ氏は、「ビットコインのマイニングには処理用の広い敷地と、安価な電力が必要です。」と語っています。

彼の事務所では、既にロサトムステイト・アトミックエネルギー株式会社(Rosatom State Atomic Energy Corporation、以下ロサトム社)のディレクターであるAlexey Likhachev(以下リクハチェフ氏)と議論が進んでおり、リクハチェフ氏を始めとする、他の社員も「第一レニングラード原子力発電所の解放された施設は安価な電力を供給できる工業団地になり得るでしょう」と同意しています。

本社をモスクワに置くロサトム社はロシアの複雑な核事情を規制する機関であり、ロシア内の民間、軍用を含めた全ての核資産の運営を一任されています。

さらに、地域の中小企業(SMEs)のサポートを以ってすれば、レニングラード地域はロシア内での仮想通貨マイニングファーム開設のパイオニアになり得ると知事は語りました。

レニングラード地域政府の発行物では、「新しい先端技術地域では、住居者はさらなる優遇や恩恵を受けられるでしょう」と記述されています。

仮想通貨マイナー達を惹きつけるためのその他の試み

今月初め、インターネット発展協会(Institute for Internet Development , IRI)及びロシアブロックチェーン、仮想通貨連合(the Russian Association of Blockchain and Cryptocurrency, RABIK)は仮想通貨マイナー達に対して、電力の補助金を出すプロジェクトをnews.Bitcoin.comで発表しました。

しかし、このプロジェクトの対象地域はまだ定まっておらず、ロシアの他地域でも仮想通貨マイナー達を惹きつけようとする動きが出てきています。

Googleの報告書によると、今年前半の仮想通貨マイニング関連の検索では、カリーニングラード地域での上昇率が最も高かったとされています。

さらに、第一副首相であるIgor Shuvalov氏によると、政府は政府所有の仮想通貨マイニングセンターの設立の検討を行なっていると言います。

Russian Governor Invites Cryptocurrency Miners to Set Up Mining Farms in Leningrad

9.11.2017 Kevin Helms

参考記事はこちらから

CoinPost考察

ロシアは国をあげて仮想通貨の受け入れに積極的な姿勢を見せています。

また最近ではプーチン大統領とイーサリアムの創業者であるビタリック氏が会談し、仮想通貨の関心の高さが伺えます。

今回の記事では政府がマイニング事業を大きくするために動き出し、政府所有のマイニングセンターの設立を検討中であることがわかりました。

もともとロシアは天然資源が豊富な国として有名です。マイニングも富を得るものであり、仮想通貨市場の拡大とともに今後の成長率は大きいでしょう。

しかし、先日、中国の仮想通貨の対応に対してロシア中央銀行も同じような厳しい見解であると発表し、肯定的なのか否定的なのかどちらでしょうか。これからロシアが仮想通貨に対しどちらの姿勢を取って行くのか注目です。

CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/18 木曜日
15:15
米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
14:00
ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
12:00
SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
11:30
グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
10:45
TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
10:00
「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
08:00
カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
07:10
「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
06:40
ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
06:20
コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
05:55
トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
07/17 水曜日
23:17
Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
15:04
バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
14:27
RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
12:23
ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア