Zaifのフィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡が完了|テックビューロは仮想通貨交換業の登録廃止へ

仮想通貨取引所Zaifの事業承継が完了
11月22日を持って、9月に仮想通貨流出事件が発覚した仮想通貨取引所Zaifは株式会社フィスコ仮想通貨取引所へ事業譲渡されることが株式会社テックビューロから本日15時30頃発表された。 なお株式会社テックビューロは仮想通貨交換業の登録を廃止した上で、解散の手続を行う予定。

仮想通貨取引所Zaifの事業譲渡完了

9月中旬に約70億円相当の仮想通貨流出事件を受け、株式会社フィスコ仮想通貨取引所との事業譲渡契約が報道されていた運営元の株式会社テックビューロが正式に事業譲渡が完了したことを発表した

今後、仮想通貨取引所Zaifの運営元は株式会社フィスコ仮想通貨取引所となる

これにより、現状では株式会社フィスコ仮想通貨取引所はフィスコ仮想通貨取引所に加え、仮想通貨取引所Zaifの2つの取引所を運営していることとなる。

また運営会社の変更に伴い、利用規約・重要事項説明書が改定されており、ユーザーの方はログイン時に同意画面が表示され、確認が必要となる。

なお現在停止中のサービス再開の具体的な日時についての言及は今回触れておらず、改めて発表がされるとのこと。

現在停止されているサービスの一覧は以下の通り。

  • BTC,BCH,MONAの入出金
  • ZAIF,XCP,BCY,SJCX,FSCC,PEPECASH,CICC,NCXCの出金
  • MONAの取引および売買
  • コイン積立(新規登録、引き落とし、買い付け)
  • アフィリエイト(新規登録、本人確認またはコイン積立加入が条件となる報酬の発生)
  • Zaif Payment
  • マネパカード連携(出金&チャージ)

テックビューロ社の今後

また事業譲渡が完了した株式会社テックビューロは、「弊社は仮想通貨交換業の登録を廃止した上で、解散の手続を行う予定」とのこと。

また22日12時36分頃、「ネットワーク構成変更の影響で」ETHとXEMの出金が遅延しているとの発表が行われた。

フィスコ取引所の口座開設方法

国内大手取引所「Zaif」の利用者やサービス内容を承継し、本格始動したあと、事業拡大していくであろう「フィスコ取引所」。独自のサービス展開も期待されており、今の内に口座開設しておくことをオススメします。

この機会に是非どうぞ!

▶️フィスコ取引所の口座開設はこちら CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者5,000名突破しました。乱高下する仮想通貨市場における、効率の良い情報収集にぜひご活用下さい!

参考記事:株式会社フィスコ仮想通貨取引所への事業譲渡完了のお知らせ

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨取引所Zaif、補償に関する「承諾書」は11月21日まで:フィスコ承継サービス内容や注意点まとめ
仮想通貨取引所Zaifを運営するテックビューロ社は、不正流出に対する補償手続きを11月21日までに行う必要があるとアナウンスした。フィスコに承継されるサービス内容や承諾・非承諾時の注意点をまとめた。
仮想通貨取引所「Zaif」フィスコへの事業譲渡が正式決定:テックビューロは仮想通貨交換業の登録廃止へ
Zaifの仮想通貨流出事件に関して、顧客資産に関する支援要請の件で株式会社フィスコによる金融支援が確定。延期していたことで市場に懸念が燻っていたがこれを払拭した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら