CoinPostで今最も読まれています

ビットコイン再度急落で底値見えず|仮想通貨市場続落の背景を探る

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨ビットコイン急落で4千ドル割り
ビットコイン価格は11月25日早朝、12%以上の急落を記録し、昨年9月以来米ドル建で4000ドルを大きく割った他、仮想通貨市場全体も全面安となり、約1時間半で1兆3千億円以上の時価総額が縮小した。要因と考えられるビットコインキャッシュのハッシュ戦争を考察。

仮想通貨ビットコイン急落で4千ドル割れ

ビットコインの価格は11月25日朝6時過ぎから、米ドル建で4000ドル(≒45万1900円)を割る、前日比12%以上の急落を記録。ビットコインキャッシュの騒動から下落相場が続いている中で2番目に大きな下げ幅になった。

4000ドルを割ったのは、2017年9月以来初で、ビットコインの過去最高価格から80%安まで落ち込んでいる。

この急落を受け、仮想通貨市場全体も全面安相場となったことで、アルトコインも含めた仮想通貨市場時価総額が1353億USDから一時1233億USDまで下落、約120億USD(≒1兆3千億円)を失った形だ。

現物価格60万円前後の直近最安値を割り込んだことで急落したビットコイン価格は、重要な節目として意識されていた5,000ドル(56.3万円)ラインまでもを割り込む大暴落後も続落が続いているが、未だ明確に下げ相場の終わりを告げる大きな反発が見られておらず、戻り売りに押されやすい、下目線優勢の動きを払拭できていない。

重要ラインは?

依然CoinPostでも「相場の反発ポイントを探る」の記事で掲載したビットコイン続落の中での重要サポートラインは以下の通りだが、フィボナッチと複合して重要と見られていた重要なライン4170ドルを割った事で、もう一段下の価格まで押し下げられる動きを見せている。

  • 4813ドル付近(約54万円)
  • 重要ライン:4170ドル付近(約47万円)
  • 3562ドル付近(約40万円)
  • 3011ドル付近(約34万円)

下落要因は?

現在下落の要因として挙げられているのは、米BusinessInsiderが報じたビットコインキャッシュのハッシュ戦争に関するものだ。

ビットコインキャッシュの通貨分裂に伴いABCとSV派で行われているハッシュ戦争は、利益を度外視にしてBCH関連のチェーン(ABCとSV)にハッシュが集められている状況を作り上げており、マイニングの目的が、投資(機械代や電力費)を上回るリターン(マイニング報酬)ではなく、ハッシュをより高く維持できるかと言う部分に注力している状況を意味する。

現在ではABCとSVの通貨を入金し取引の再開または予定を発表する取引所も出てきているが、このハッシュ戦争で得られるマイニング報酬自体も雀の涙と言っても過言ではないほど、資金(巨額の電力代金)をハッシュ戦争に投じている状況が続いており、その資金源として各マイニング企業が保有している仮想通貨(BTCなど)が大量に売られているのではいかという懸念が生じている格好だ。

実際にどれだけ資金が投じられているのか?どれほど赤字でハッシュ戦争が続いているのか?Bitmexリサーチの分析を引用する。

BitMEX Researchがハッシュ戦争のコストを計算

仮想通貨商品取引所BitMEXの調査部門であるBitMEX Researchが、ビットコインキャッシュの「ハッシュ戦争」にかかる費用の試算を公表している。

ハッシュ戦争の最新情報

両陣営の総額

ABCリース費用:696万ドル(約7億8千万円)

ABC損失総額:446万ドル(約5億円)

SVリース費用:487万ドル(約5億5千万円)

SV損失総額:438万ドル(約4億9千万円)

このように日本時間16日に分岐が起きたハードフォークから1週間、すでに総額23億円以上の費用がかかっていることが明らかになった。

費用試算の範囲

費用の試算を行う上で、BitMEXリサーチは、以下の点を前提としている。

  • 電力コストのみ考慮
  • ハッシュパワーは、レンタルと仮定(実際のコストはさらに高い可能性あり)
  • コスト計算は控えめに試算
  • S9マイニングを使用

また、もう一点仮定としているのは、マイニングされている新通貨(BABCまたはBSV)が、マイニングされた現在の市場価格で売れるということだ。

もし仮に、双方のマイナー等が一度に新通貨を大量売却すれば、通貨の価格は暴落し、実際の収益(利益)は試算を下回る可能性が十分ある。

さらに電力費は安い場所で掘っていることを仮定し、ハッシュパワーなども条件が優遇と想定している為、実際にはコストがさらに掛かる可能性も高い。

予想される最大投資額

前述した通り、22日時点での「ハッシュ戦争」にABC側とSV側のマイナー等から投じられている資金の総額は、23億円以上を上回っているとされる。

また下記に、日別のBitMEX社の試算をまとめた。

16(金)*ハードフォーク直後

以前コインポストで紹介したBitMEXのフォークモニタリングサイトでは、ハードフォーク後にABC側とSV側のそれぞれのマイニングコストを試算する新機能が追加された。

出典:BitMEX

11月17日(土)

電力費だけで1.4億円以上の総損失。ハッシュパワーはおそらくレンタルなので、実際はさらに高い可能性あり。

11月18日(日)

無意味な戦いが終わるのは、時間の問題だ。

11月19日(月)、11月20日(火)

CoinGeek社CEOのCalvin Ayre氏とnChainのクレイグ・ライト氏は、この状況をいつまでも維持するわけにはいかない。

11月21日(水)、11月22日(木)

マイニングの電気代が安いとしても、SVのマイナーは、-441%で、220万ドル(約2億4800万円)の損失を出している。

海外大手メディアも取り上げ始めている観点からも、ハッシュ戦争によるビットコイン相場上での売り圧力は、投資家にも意識され始めているといえる。

実際に今回の下落相場の要因になったビットコインキャッシュ騒動の終結を告げる一つの節目としても、ハッシュ戦争の明確な終了報道が、仮想通貨の売り相場一服のサインとなり得るかもしれない。

ビットコイン相場に関する最新情報はこちら。

ビットコイン重要ラインでの「逆三尊」形成後の急反発は初、仮想通貨市場の暴落劇を見る専門家の意見
大幅な下落が続く仮想通貨市場だが、ビットコインは今年最安値の39万台を記録後に反発し、45万円台まで回復した。反発時に逆三尊が明確に出たのは初で、11月の暴落劇の中で注目のポイントとなる。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるLINE@。大好評につき、登録者5,000名突破しました。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨ビットコインキャッシュ最新状況|なぜ分裂通貨BCHSVが50%価格上昇したのか
23日、SV陣営の有力な支持者であるCalvin Ayre氏がCoingeekのHPに見解を示した。表明内で、ビットコインSVが「オリジナルビットコイン」であり、「オリジナル・ビットコインキャッシュ」ではないとAyre氏は主張し、BCHの名称を引き継ぐことには執着はないと述べた。
米司法省などの動きに関連し、テザーからXRP(リップル)への資金流入が活性化|仮想通貨市況
XRP Chartsのデータでは、世界最大級の仮想通貨取引所BinanceやOKEx、Huobiなどで、ビットコイン(BTC)よりも、テザー(USDT)からの流入が多いことが確認できる。現在報じられている、米司法省と米商品先物取引委員会の動きにも注目が集まる。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア