韓国アプリ大手のカカオとステーブルコインプロジェクト「Terra」が提携

韓国モバイルアプリ最大手カカオとステーブルコインプロジェクトのテラが提携
カカオは今年初め、ブロックチェーン関連子会社のGround Xを立ち上げ、自社開発のブロックチェーン開発プラットフォーム「Klaytn」に9社のパートナーを発表するなど、LINEとは対照的な戦略をとっている。

韓国のモバイルアプリ最大手カカオ、Ground X、テラの3社が提携を発表

韓国のモバイルアプリ最大手カカオ(Kakao Corp)参加のブロックチェーン関連子会社であるGround Xとステーブルコインプロジェクトのテラ(Terra)提携を発表した

韓国のカカオは、既にブロックチェーンのプラットフォームを作るべくプロジェクトを積極的に展開しており、価格変動が少ない仮想通貨であるステーブルコインと提携することにより、相乗効果を狙っていくものと見られる<。

カカオとは

カカオはモバイルアプリであるカカオトークを傘下に持ち、韓国国内市場では最大のシェアを持つ。

今年初めに独自のブロックチェーン技術を開発すべく、完全子会社のGround X社の立ち上げを発表していた。

CoinPost関連記事

韓国最大のメッセージアプリ:カカオトークが独自仮想通貨発行のICOを検討中
カカオ社はICOを通じて独自仮想通貨「カカオコイン」の発売を検討中です。3月20日に行われる記者会見で、計画の概要を説明するため、具体的なロードマップを発表する予定です。国内ICO禁止を発表した韓国の金融規制当局の動向が注目されています。

Ground X社は、同社独自のブロックチェーンを用いたプラットフォームであるクレイトン(Klaytn)を10月にリリースした。

クレイトンは、分散型アプリケーションであるdApps(Decentralized Applications)を開発することのできるプラットフォームであり、10月以降、自社製のdApps開発を目指す複数の韓国企業との提携を発表してきている。

テラとは

一方テラは、韓国発のステーブルコイン関連プロジェクトだ。

ステーブルコインとは、ドルをはじめとした法定通貨、または金などのコモディティと同じような値動きがなされるように担保される仮想通貨であり、仮想通貨の大きな懸念点である価格変動(ボラティリティ)が、著しく小さいという利点がある。

テラの特徴は、テラ(Terra=「地球」の意味)と対になる準備金であるルナ(Luna=「月」の意味)の存在により、価格変動を抑えるという点にある。

ルナが法定通貨に準拠した準備金であり、値動きが抑えられることから、ルナと対になるテラも値動きが抑えられ、価格変動(ボラティリティ)の懸念がなくなるという仕組みだ。

Lunaは、法定通貨に紐づけられており、結果としてLunaもTerraも価格変動が抑えられる。

テラの仕組みの詳細については、以下の動画を参照。

カカオとテラ、それぞれの戦略

カカオは、自社開発のブロックチェーン開発プラットフォームであるKlaytnを、業界標準にすべく自社以外の参加者を積極的に集めており、クレイトンのプラットフォームが公開された10月には、9社のパートナーを公開している

クレイトンのプラットフォームに参加を表明した最初の9社は、以下の通りだ。

出典:Klayth

カカオの戦略は、同じく韓国発のモバイルアプリの大手であるLINEとは対照的な部分もある。

LINEも今年、独自のブロックチェーンプラットフォームの開発を発表している。

しかし、カカオ・クレイトンが他社を積極的に招き入れようとしているのに対して、LINEは自社系のサービスを中心にプラットフォーム上のエコシステムを築こうとしている模様だ。

また、カカオが最大のサービスであるカカオトークとクレイトンを当面は独立的なサービスとして開始したのに対し、LINEはブロックチェーン関連のサービスをLINEから利用できるようにするなど、既存のサービスとの距離感も対照的だ。

カカオは、当面パブリックチェーンの標準を目指すべく、様々な外部の参加者を招き入れて新たなプラットフォームを構築していくものと見られる。

特に特徴的なのが「リバースICO」と呼ばれる手法で、すでにサービスを持つ企業が、サービスをブロックチェーンに乗せるために仮想通貨を発行するというものだ。

韓国にある複数のITスタートアップがブロックチェーン化を狙うため、このリバースICOを通じて、クレイトンのプラットフォーム上に参加している

テラの動きも興味深い。

ステーブルコイン自体は、テラ以外にも様々なプロジェクトが動いており、それに期待する声も多い。

例えば、GMOの熊谷社長は、コインポストとのインタビューにおいて、ステーブルコインは仮想通貨がインターネット決済で使用できる「切り札」になるとの見解を示している。

そもそもテラは、韓国の大手ショッピングサイトであるTMONのCEOであるDaniel Shin氏が立ち上げたスタートアップだ。

そのため、テラはTMONを通じて決済用の仮想通貨としての地位を築こうとするものとみられる。すでに投資家から巨額の資金調達を行っているのみならず、E-コマースの巨大経済圏を射程に収められるのは非常に有望であるとみられる。

CoinPost関連記事

価格変動しない仮想通貨にバイナンスやフォビが出資|保有者への手数料還元も
Binance(バイナンス)を含む世界最大の仮想通貨取引所4社も投資を行う、新しいeコマース(オンライン商業取引)ベースの新たなステーブルコイン「Terra」が発表されました。

こうした背景に加えて、テラとルナを対にすることで「ステーブルコインがステーブルコインを安定させる」という仕組みを提示したことによる将来性に注目が集まっている。

カカオとテラ、それぞれが独自のプラットフォームや経済圏を築こうと目指す中で、発表された今回の提携には今後とも注目したほうがよさそうだ。

CoinPostの関連記事

LINEの親会社などに投資する、韓国最大VCがブロックチェーンスタートアップへ投資
LINEの親会社ネイバーなどに投資する、韓国最大のベンチャーキャピタル「Korea Investment Partners」が、同社初となるブロックチェーンスタートアップへの投資を行なった。
韓国最大手サムソン電子、仮想通貨マイニング企業SquireとASICチップ製造で提携を発表
サムソン電子とGaonchipsがカナダの仮想通貨採掘企業SquireとASICチップ製造で提携した。SquireのASICチップは今後、設計をGaonchipsが、製造をサムソン電子が受け持つことになる。仮想通貨採掘用ASICでは長くBitmainと台湾TSMCの牙城が続いてきた。今回の提携により切り崩しがなるか注目される。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら