CoinPostで今最も読まれています

世界2位の証券取引所ナスダック、BTC先物検討と最重要ビットコインETF企業と提携|仮想通貨関連の最新動向まとめ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

世界No.2の証券取引所ナスダックがビットコイン先物を検討中
米有力誌ブルームバーグが、情報筋の情報とした上で、ナスダックは来年の第1四半期にビットコイン先物の取引開始を検討していると報道した。
最有力のビットコインETF申請企業がナスダックと提携、仮想通貨関連商品を提供予定
本日ニューヨークで開催された業界界隈の注目カンファレンス「コンセンサス」では、VanEck社のデジタル・アセット戦略部のディレクターがナスダックとパートナーシップを結び、透明性の高く、規制と関しに準じたインデックスを推進し、ビットコイン先物のような商品を提供する予定だと発表した。

Nasdaq、2019年第1四半期にビットコイン先物取引開始か

過去1年にわたる価格急落にも関わらず、ナスダック(Nasdaq)がビットコインの先物上場計画を進めていることが、米有力誌ブルームバーグ紙の報道から明らかになった。

事情に詳しい関係者2名の証言によると、ナスダックは仮想通貨に対する投資家の関心は継続すると期待しており、2019年第1四半期の上場を目途に、米商品先物取引委員会(CFTC)の懸念を払拭すべく努力を続けている。

背景として、以前ブルームバーグがナスダックのビットコイン上場について最初に報じたのは、ビットコイン価格が1.1万ドル超えを記録した2017年11月。同じく匿名の関係者から入手した情報として、同取引所が先物取引所「NFX」で早ければ2018年第2四半期にビットコインの先物取引開始を準備中だと伝えた。

ナスダック:2018年にビットコイン先物取引を開始か
ニューヨーク証券取引所に次ぐ世界で2番目に大きな証券取引所であるナスダック(6.8兆米ドル規模の証券取引所)が2018年の前期中にビットコインの先物取引を開始することを発表しました。

そいて、今回の詳細に関しては未だ不明だが、ナスダックは4月にウィンクルボス兄弟が運営する仮想通貨取引所Geminiと技術提携関係を結んだほか、アデナ・フリードマンCEO自らCNBCの取材で、「いずれ仮想通貨取引の開始を検討する時が確実に訪れる」と発言するなど、仮想通貨の将来性に賭ける意欲を示している。

通常、ナスダック規模の大手企業が確固たる勝算なしで、新たな資産クラスのインフラ構築に大がかりな準備を整えることはないと考えられる。長引く弱気市場にあえて参入するということは、米国市場における機関投資家からの需要を確信していると解釈していいだろう。

最有力のビットコインETF申請企業がナスダックと提携、仮想通貨関連商品も予定中

米時間27日、ニューヨークで開催された仮想通貨・ブロックチェーン界隈で最重視されるカンファレンス「コンセンサス」にて、現在ビットコインETFを申請中のVanEck社のデジタル・アセット戦略部のディレクターを務めるガボール・ギャバックス氏が、新たにナスダックと提携を結んだことを発表した。

出典:CoinPost撮影 NYコンセンサス

VanEckのMVISインデックスとナスダックがインデックス技術で提携し、仮想通貨市場に向けて、ビットコイン先物取引などのデジタル・アセット商品を提供する予定をしている。」と発表した。

ナスダック、Bakktの参入予定時期は共に2019年第1四半期、機関投資家の資金流入に期待感

ナスダックとBakktのビットコイン先物取引は同時期(第1四半期)に上場することになる可能性が考えられる。

12月12日にローンチ予定だったBakktのビットコイン先物取引「Bakkt Bitcoin (USD) Daily Futures Contract」は、ライセンス許可される上で、2019年1月24日まで延期されることが決定している。これは先物商品に対する予想外の需要の増加につき、取引初日に支障が起こらないようにとの配慮から顧客のオンボーディングを進めていることが延期理由のようだ。

Bakktはニューヨーク証券取引所を運営するインターコンチネンタル取引所(ICE)が運営する仮想通貨取引プラットフォームであるため、仮想通貨市場が固唾を飲んで見守っているビットコインETFの申請許可以上に一部では重要視されている。顧客のオンボーディングが延期理由だと同社のCEOが言及した。

ベンチャー株式市場では世界最大規模を誇るナスダックと世界最大の証券取引所ICEの参入により、ビットコイン先物取引市場が一気に過熱し、相場の回復に貢献するという期待感は高い。「ビットコイン閑散期」に終止符を打てるか否か、機関投資家の本格的参入となるか、今後の動きを注視したい。

ナスダック×仮想通貨 これまでの動き

世界2位の証券取引所ナスダックは、これまでにも仮想通貨に関わる複数の動きが確認されていた。

  • 仮想通貨先物
  • 仮想通貨取引所としての参入も検討
  • 仮想通貨取引所に技術提供を検討
  • 価格予想ツール開発

仮想通貨取引所としての参入も検討

仮想通貨先物に関しては、すでに上述しているため、仮想通貨取引所に関する内容から。

今回同社のプラットフォームに先物上場が行われる予定と報じられたが、2018年4月の米CNBC番組「Squawk Box」にナスダックCEOが出演した時に、仮想通貨取引所(証券取引所として関わる動きとは別)としての参入も検討していると明らかにした。

CEOであるAdena Friedman氏は、同番組内で、仮想通貨に関する自身の考えとして「仮想通貨の将来は確約されている」と言及、現在の市場において流動性が欠如している点が投資家の悩みとした上で、時期は未定としながらも、規制が整い、市場が成熟したタイミングで取引所開設も検討したいとした。

このような動きも踏まえると、今回の自社証券取引所へのビットコイン先物上場は、その一歩目として捉えられてもいる格好だ。

仮想通貨取引所に技術提供を検討

また、ナスダックは2018年11月1日、1971年以降、培ってきた証券や通貨の取引の市場監視技術が、現在トラブルの絶えない仮想通貨取引所の多くの問題を解決できる可能性があるとし、仮想通貨取引所に対し技術提供を検討しているとブルームバーグの報道によって報じられた。

すでにナスダックの市場監視技術(SMART技術)は、ウィンクルボス兄弟が運営する米Geminiや、日本のSBIが運営するSBIバーチャルカレンシーズも採用していることが明らかになっている。

このような動きからも、仮想通貨市場の健全化への動きに、大きな支えとなっているのがナスダックであることがわかる。

価格予想ツール開発

ナスダックが昨年発足した「Analytics Hub」の関係者の証言から明らかになったのが、ソーシャルメディアを活用したセンチメント分析から仮想通貨の価格を予想するツールの開発を行なっていることが明らかになっている。

報道したCoinDeskによると、主要500通貨を対象とした、ウォレット活動値や開発の活発値、また取引所のデータをSNSのデータと合わせる複合的な分析ツールになっている。

発表当時(2018年9月)、開発終了目処は2018年11月になっていたが、まだ公開はされていない。

CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれるLINE@。大好評につき、登録者5,000名突破しました。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

米SECコミッショナー「近い将来ビットコインETF実現は十分に可能」仮想通貨への期待感と申請状況を徹底解説
SECコミッショナーの一人Hester Peirce氏が、「最初のビットコインETFの実現は近い将来十分に可能」だと言及した。また、これまであまり明かされていなかったHester氏の考える仮想通貨への期待感と向き合い方、また申請状況に関する動きを徹底解説している内容は必見だ。
ビットコイン先物取引提供予定のBakktが「来年1月24日」まで延期|延期理由と相場への影響
ビットコインの先物取引開始を12月12日に予定していた仮想通貨取引プラットフォームのBakktが取引開始日を2019年1月24日までに延期する事を発表した。
『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
06/21 金曜日
17:00
コナミやネクソン、企業がアバランチを採用する理由 AVAXの役割と買い方を解説
コナミやネクソンがアバランチを採用する理由を解説。暗号資産(仮想通貨)AVAXの役割や購入方法について詳しく紹介。投資家やユーザーに必見の情報を提供します。
14:00
ソラナDePINのHelium Mobile、機器メーカー向けに技術ライセンス供与を開始
分散型5G通信事業を展開するHelium Mobileは、機器メーカー向けに技術スタックのライセンスプログラムを開始すると発表した。独自ネットワークの拡大により、無線インフラ革命の加速を目指す。
13:15
円安ヘッジなどで30社以上の国内上場企業が仮想通貨を保有、日経報道
米マイクロストラテジーは2020年からインフレヘッジのためにビットコインを買い続けているが、日本企業の場合、進む円安の回避を目的とすることが多いようだ。
12:36
マイナー売り継続の中、ビットコインなど仮想通貨相場は冴えず
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコイン(BTC)が65000ドルを割り込んで2週連続続落している。半減期で資金繰りの悪化したマイナー売り継続が示唆される中、センチメントが悪化し、アルトコイン相場も売り優勢が続く。
11:35
「日本で暗号資産を再定義する必要」自民党木原誠二氏と平将明氏語る
自民党の木原誠二議員と平将明議員は、ビットコインなど仮想通貨を法的に再定義する必要性について話した。
10:20
米地裁、「XRPの個人投資家への販売が証券である可能性排除できず」
米地裁判事はリップル社に対する新たな訴訟を承認。仮想通貨XRPの個人投資家への販売が証券にあたる可能性があるとしている。
09:40
ETF申請企業Bitwise、イーサリアムの動画広告を公開
米国でイーサリアム現物ETFの宣伝競争が開始する可能性があるとの声が、BitwiseがNFT動画広告を公開したことで上がった。動画の内容も明らかになっている。
08:30
マイナー売り継続か、ビットコイン保有量が21年以降の最低水準に 
マイナーの仮想通貨ビットコインの保有量が、21年以降の最低水準にある。今月10日には、OTC取引でマイナーが1,200BTCが売却したことが確認された。
07:35
トランプ氏、ウィンクルボス兄弟から約31 BTCのビットコイン寄付金を獲得
ビットコイン古参勢であるウィンクルボス兄弟は一人ずつ15.47 BTCを寄付し、11月の大統領選でトランプ氏に投票すると宣言した。
06:40
bitFlyer、FTXジャパン買収合意 加納CEO「暗号資産預託事業をコアに」
日本の暗号資産取引所ビットフライヤー(BitFlyer)がFTXジャパンを買収し、カストディ事業を新たなコア事業として展開する方針を示した。加納CEOのコメントと共に、詳細を解説。
06:15
レイヤーゼロの仮想通貨ZRO、バイナンスやBybitに上場
トークンを取得するために、Protocol Guildという組織に寄付することを強制しており、コミュニティから大きな反発を買っている。
05:50
北米初のソラナ現物ETF、3iQがカナダでローンチへ
カナダの大手仮想通貨資産運用会社3iQ Digital Asset Managementは20日、ソラナの現物ETFの仮目論見書を規制当局に提出したと報告した。北米で上場する初のソラナ現物ETFとなることを目指している。
06/20 木曜日
21:35
米マイクロストラテジー、1200億円相当のビットコインを買い増し
今回は、65,883ドルの平均購入価格で11,931 BTCを購入。1200億円に相当する費用は、新たな転換社債の売却によって調達されたものだ。
16:46
グリー初のNFTゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』、SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始
グリーは、新作ブロックチェーンゲーム『クリプトキャッチ!釣り★スタ』を全世界配信開始。リリース記念キャンペーンも実施中。暗号資産(仮想通貨)SUIを扱う国内取引所とコラボキャンペーン開始。
16:10
コナミ、NFTソリューション『リセラ』を開放 アバランチ採用
コナミデジタルエンタテインメントはNFTソリューション「リセラ」を公開。Avalanche(アバランチ)を採用し、Web3機能を実装。企業や団体が容易にNFTを発行できる環境を提供。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア