CoinPostで今最も読まれています

最有力ビットコインETFの申請企業が再度米SECにプレゼン|新たな角度から市場の成熟度を強調

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

VanEck、SolidX、Cboeが米SECに再度プレゼン
最有力視されているビットコインETFを申請中のVanEck社が米SECに対し、新たな観点から、その承認の妥当性をプレゼンにて立証したと、SECの公式文書により判明した。

VanEckがSECに新たな角度から市場の成熟度を強調

最有力視されているビットコインETFを申請中のVanEck、SolidX両社とCboe BZX取引所が、米証券取引委員会(SEC)に対し、新たな成熟したビットコイン市場との観点から、ETF承認の妥当性をプレゼンにて主張していたことが、SECの公式文書により判明した。

出典:SEC

上記三社は、米11月26日に、SECの企業財務部門、取引市場部門、経済リスク分析部門および法務顧問室へ対しプレゼンを行い、10月に行なったプレゼン=(VanEck版ビットコインETFが『証券に関する規制に則っていること』と『投資家の保護が十分であること』)とは異なり、今回は、ビットコイン市場がETFをサポートするに十分な成熟度を持っている事実を、既にETF商品取引が認可されている、原油、金、銀などのコモディティ(商品)市場と比較しながら提示する展開となっている。

VanEck側の新たな観点とは

今回のプレゼンでは、金銭を代用できる機能から価値が生み出されるという、ビットコインと金銀の共通点を挙げ、そのような特性を持つ商品市場では、先物と現物の価格に深い関連性が見られると指摘している。

そして、そのような価格統合が起きるのは、「十分に機能する資本市場の証拠」 だと説明している。

この分析に基づき、三社は、「商品先物と同様に、(ビットコインの)現物価格と先物価格は緊密に結びついている」と説明し、「資本市場がうまく機能しているという証拠」 を提示しているものだと主張した。

ビットコイン先物と現物の価格比較表

出典:SEC

さらに、ビットコインのエコシステムは、すでにETF商品が承認されている他のコモディティ市場よりも「操作の影響を受けにくい」と主張している。

例えば、あるコモデティ市場のインサイダーが、その商品供給に関する取引情報を入手していた場合、価格へ影響を与える可能性が十分考えられるが、ビットコインの場合はこのような問題には直面する可能性が極めて低いとして、次のように説明している。

出典:SEC

ビットコイン市場と、ビットコイン市場で裁定取引を行うトレーダーの存在とは連鎖しているため、効果的に、単一の取引所でビットコインの価格操作を行うにも、グローバル規模でビットコイン価格操作を行う必要がある、ということを意味している。。。.したがって、、ビットコインは他のコモデティ、特に既に承認されているETP関連資産と比較しても、価格操作による影響を受けやすいとは言えない。

裁定取引のトレーダーはアービトラージを行うために、必ず、複数の取引所に資金を分散していなければいけない。つまり、価格操作にあたって、一つの取引所かOTCプラットフォームに資金を集中させる可能性は極めて低い。

SEC長官の懸念は解消できるか

米11月27日に行われた仮想通貨カンファレンスのコンセンサス・インベストでは、SECのJay Clayton長官が登壇し、市場・価格操作に関する懸念がビットコインETFの承認を妨げる要因の1つであると発言した。

Clayton氏によって明確化された、ビットコインETF申請を承認する為に必要不可欠な要素は以下の3点。

適正な価格形成プロセス

価格操作のリスク

ETFの現物である仮想通貨の徹底したカストディ

同長官は、価格操作のリスクを最も重要な問題点であると指摘し、この問題がビットコインETF申請が実現していない要因としている。

そして、コンセンサスの開催直前に、VanEckら三社が行なった上記のプレゼンの参加メンバーにClayton長官や他のコミッショナーこそがいなかったものの、以前プレゼンしたカストディサービスと法的規制における解決案に加え、価格操作に対する懸念の解消、そしてに繋がる可能性が高まるではないかと注目を集めているだろう。

なお、米SECとVanEck、Bakktに見られる、仮想通貨市場の「問題点」に対する異なる捉え方に関しては、以下の記事でまとめている。

仮想通貨市場を左右する 規制当局とビットコインETF申請企業で異なる「問題点」の捉え方
ビットコインETFの許可条件に関する発言から、規制当局とプレイヤー側で捉えている仮想通貨市場の問題点に相違があることが明らかになった。今後の仮想通貨を左右する機関投資家関連プロダクトに注力する企業の主張を分析した。
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者6,000名突破。

CoinPostの関連記事

資産運用大手フィデリティの機関投資家向け仮想通貨取引デスクに「リップル(XRP)上場」の可能性が浮上|ビットコインに続く動き
世界最大級の金融企業Fidelityは、時価総額トップ5〜7の仮想通貨を2019年Q1に予定する「機関投資家向け仮想通貨取引デスク」に追加する事を検討している事が明らかになった。また、XRPの有価証券性にも期待感高まる動きとして注目されている。
米SECコミッショナー「近い将来ビットコインETF実現は十分に可能」仮想通貨への期待感と申請状況を徹底解説
SECコミッショナーの一人Hester Peirce氏が、「最初のビットコインETFの実現は近い将来十分に可能」だと言及した。また、これまであまり明かされていなかったHester氏の考える仮想通貨への期待感と向き合い方、また申請状況に関する動きを徹底解説している内容は必見だ。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/21 日曜日
11:31
1000万円台回復の今週のビットコイン相場分析、来週はトランプ登壇のBitcoin 2024に注目|bitbankアナリスト寄稿
bitbankアナリストが、大統領選を見据えたトランプトレードの影響で1000万円を回復した今週の暗号資産(仮想通貨)ビットコイン相場を分析。Bitcoin 2024への関心は高い
11:00
週刊仮想通貨ニュース|トランプ氏のBTCカンファレンス出席意向に高い関心
今週は、ドナルド・トランプ前大統領のビットコイン・カンファレンスへの出席意向、コインベースの仮想通貨市場分析、トランプ氏の人事計画に関するニュースが最も関心を集めた。
10:00
今週の仮想通貨市場 個別銘柄の注目材料まとめ|マウントゴックスのビットコイン送金・ワールドコイン売却制限延長など
今週はビットコインが1ヶ月弱で66,000台に復帰し、アルトコイン銘柄の多くが連れ高になった。マウントゴックスの弁済による売圧が予想以下であり、トランプ氏が当選確率を上げたことで投資家に好感されている。
07/20 土曜日
14:00
ネクソン、NFTゲーム『メイプルストーリーN』のシナジーアプリなどを発表
大手ゲーム企業ネクソンの子会社NEXPACEは「メイプルストーリー・ユニバース」エコシステムのローンチとその仕組みを発表した。
12:00
テレグラムのTON基盤ゲームPixelverse、独自の仮想通貨エアドロップ実施へ
テレグラム上で稼働するTONブロックチェーン基盤の「タップして稼ぐ(tap-to-earn)」ゲーム Pixelverseは独自の仮想通貨を発行し、ユーザーへエアドロップする予定だ。
11:00
世界でマイクロソフトITに大規模システム障害 仮想通貨への影響は?
世界各国のマイクロソフトITシステムに障害が発生した。分散型システムを取る仮想通貨に注目が集まったとする意見が上がっている。
10:00
Apple Payでミームコイン売買、ソラナ基盤「Moonshot」アプリ
Moonshotは19日にローンチされたばかりのiOS版アプリで、初めからApple Pay決済を利用することができる。
09:15
ソラナDEXレイディウム、ユニスワップの30日間手数料超え 高速チェーンへの高い需要を反映
ソラナのネットワーク基本手数料はイーサリアムの126分の一だが、処理速度が速く低コストで取引できるため、政治テーマや犬・ねこのミームコインへの高い取引需要で利用回数を大幅に増やしている状況だ。
08:10
伊国営金融機関、ポリゴン上でデジタル債券の取引に成功
仮想通貨ポリゴンのブロックチェーンを活用し、伊国営金融機関CDPがデジタル債券の取引に成功。これは、欧州中央銀行の実験の一環だという。
07:35
コインベース、仮想通貨3銘柄上場廃止 
米仮想通貨取引所大手コインベースは20日、Coinbase.com、Coinbase Exchange、Coinbase Primeにて、3銘柄の取引停止を実施した。
07:00
Mt.Goxの弁済進捗65%、ウォレット残高に1000億円相当のビットコイン 
経営破綻したマウントゴックス(Mt.Gox)のウォレットには、まだ1,000億円相当のビットコイン(90,344 BTC)が残っており、65%ほどの弁済が行われている。クジラの買い増し機会として利用される可能性が出てきた。
06:20
フィデリティ含む5つのイーサリアム現物ETF、7月23日に登場へ
米デリバティブ取引所Cboeによると、フィデリティやヴァンエックなどのイーサリアム現物上場投資信託(ETF)は7月23日に取引を開始する予定だ。
07/19 金曜日
17:23
イーサリアムの将来価格 ETF承認後の影響とテック株との比較
2024年5月に承認された暗号資産(仮想通貨)イーサリアムの現物ETFの影響と、株式市場上場後の将来価格を市場アナリストの見解を交えて解説。手数料収益に基づくテック株との比較も詳述。
16:08
JBA、暗号資産に関する税制改正要望を政府へ提出
日本ブロックチェーン協会(JBA)が2025年度の暗号資産(仮想通貨)税制改正要望を政府に提出した。申告分離課税や損失の繰越控除、暗号資産デリバティブ取引の適用、寄附税制の整備などを提案し、暗号資産の普及と市場活性化を図る。
13:15
香港当局がステーブルコイン規制法案を発表 今年中に立法会提出予定
香港の金融規制当局は、ステーブルコイン発行企業に対する規制導入についての公開協議結果を発表。今年中にステーブルコイン規制法案を香港立法会に提出する予定であると述べた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア