仮想通貨全面安の中「ビットコインSV」が逆行高、ビットコインABC(BCH)を上回り時価総額5位まで浮上

仮想通貨ビットコインSVがビットコインABCを上回り、時価総額5位に
BSVは仮想通貨市場の全面安をよそに前日比≒19%の上昇を見せたことで、BCH(ビットコインABC)を上回り、時価総額5位まで浮上した。

BSVが時価総額5位獲得

ビットコインをはじめ、仮想通貨市場の暴落を招いた一因とされていたビットコインキャッシュのハードフォーク(及びハッシュ戦争)からおよそ3週間が経過。

ここにきて、劣勢と捉えられていたBSV(BitcoinSV)が注目されはじめた。本日の仮想通貨市場は、最重要ETF延期などの影響により全面安相場になっているが、BSV前日比19%高の上昇を見せたことで、ついにBCH(ビットコインABC)を上回り、時価総額5位まで浮上した。

BitcoinSVとは

BSVとは、マイニングプールCoingeek社とサイエンティストのCraig Wright氏が主力となるビットコインキャッシュ(BCH)から分裂した通貨で、フォーク前のBCHやABCと異なり、ブロック総容量が128MBとなるのが最大の特徴。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

出典:coinmarketcap

出典:coinmarketcap

一方BCH(BitcoinABC)は、前日比16%安の下落を記録し、現在時価総額7位に後退、ハードフォークから長期的な下落に悩まされている。

バイナンスなどを除き、日本の取引所をはじめとする多くの取引所がBitcoinABCに「BCH」のティッカーシンボルを与えており、世界的には粗方BCH=BitcoinABCという形で落ちつている。ある意味で付与通貨とされているBitcoinSVが時価総額で(一時)優位に立ったことで、今後どのような影響が出るかは、業界における大きな注目点となりそうだ。

なお現在仮想通貨で利用されている時価総額の計算方法を元に計算すると、BitcoinABC(BCH)とBitcoinSVは分裂通貨という観点から、多少誤差はあるものの市場供給量は同水準である。このことからも、単純に通貨価格の優位性がそのまま時価総額の優位性に直結する。

BSVの上昇に直接のファンダとしては、BSVの主要マイニングプール企業Coingeekが、カナダの上場マイニング企業Squire Miningによる買収を受け、資金面が充実すると予想されていることが挙げられる。

カナダの大手マイニング企業Squire Mining社、渦中の中CoinGeekを約51億円で買収
カナダ証券取引所に上場するマイニング企業のSquire MiningはCoinGeekの買収に応じた。買収には6030万カナダドル(約51.5億円)の資金が投じられ、同社が保有するマイニング機器や人員もSquire社に引き継がれる予定だ。

ビットコインキャッシュのハードフォークに関する詳細はこちら。

ビットコインキャッシュのハードフォークで通貨分裂を確認|今後の仮想通貨価格と展開は?
ビットコインキャッシュのハードフォーク実行がされた。BitcoinSV側がBitcoinABCのブロックを無効としたことも含め、明確に2つの通貨に分裂したことが確認された。
▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

英Finderが12月版仮想通貨価格予想を発表|対象はビットコインやリップルなど11通貨
英比較サイトがフィンテック専門家9名による、主要仮想通貨の最新価格予想を発表した。直近の下落の影響か、予想価格の多くは大幅に修正、しかし現価格からは強気予想傾向は継続している。
ビットコイン安値水準継続も、19年以降を見据え続々と大手取引所が機関投資家向け口座提供を発表|仮想通貨市況
ビットコイン相場は、レンジ内で折り返す動きを継続するも、ラインの集束点が近く、注目が集まる。現在下落相場にある仮想通貨マーケットだが、来年以降に予定する巨大金融機関の動きを背景に、大手取引所Binanceなどが機関投資家向け口座サービスを発表した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加